家づくりのウラ・オモテ

2016年05月 の一覧

2016-05-29

毎年この季節になると、メーカーさん単独や、商社さんの展示会・商談会などが

あちこちで開催されます。



一般のユーザーさん(施主さん)も入場可能なイベントと

あくまで、招待状を持った 業界関係者のみ入場できる

イベントがあります。



初夏らしい先週、二日連続で展示会(商談会)に

顔を出してきました。





先ずは、コンベックス岡山で開催された 「NEW BOX 2016」

という パナソニック株式会社さん主催の 単独内覧会です。









流石に取引先・販売量の多さもあって

来場者も多い印象です。



コンベックス岡山の 2か所の2階建てⓅは満車でした。





パナさんなら当然の 照明器具や ソーラー発電関連、

エコキュート等のライフライン系。

外壁やインテリア建材・住宅設備機器関連など 幅広く

紹介されています。





他社メーカーよりも デザイン性にも重きを置いている印象がある為

コーディネーターさんやプランナーさんと思われる

女性の来場者が多かったようにも思います。











照明器具に関しては ほぼLEDなので

様々なコントロール方式や 組み合わせによる

提案の広がりをアピールされていました。



ただ、コスミック・ガーデンでは 様々な理由により

全てをLED照明で お奨めしたいとは考えていないので

少し違った見かたになってしまいます。





そんな中、藤井社長喰い付いたのがコレ。

高性能な換気扇です。







複雑な換気システムではなく、高気密高断熱住宅で

特に 「C値(気密性能)」が高くなればなるほど

表面化してくる問題に対処できるかも。

という製品です。







担当の説明員の方も 詳しく熱心でした。

当社の建物の平均的な 「UA値」や「C値」を

伝えると 少々驚いていました。



この日は あまり時間が取れなかったため ここまでで帰りました。













次の日。



毎年恒例の 「マルティックス山陽」さんの商談会と言うことで

午後から3時間ほど 会場の「ママカリフォーラム」にお邪魔しました。







今回は、71社のブースが並びます。

おなじみの会社さんから、お初の会社さんも有って

何かしら 面白いモノが無いかと探索します。







全てをご紹介できませんが、その中から「クリナップ」さん。





クリンレディで初採用の 「流レールシンク」 が好評で

採用製品を拡大中です。



ドレッサー(洗面化粧台)にも応用されています。

シェーバーの髭カスや髪の毛の排出には

効果が高いのでは。







普段 当社では「エコキュート」や「IHクッキングヒーター」で

お世話になっている「ハウステック」=(日立) さんのブースから。



システムバス・「フェリテプラス」。

暖かい樹脂製の床とその材にフッ素配合特殊素材で

汚れにくく 摩耗しにくいコト。

浴槽へ入る際の「またぐ」高さが低く

洗い場と浴槽の底面の高さが同じ

将来的なケアにも対応しているというコンセプトです。







また、シャワーや水栓のスイッチやハンドルが

一般的なバスより少し高めに設定されているので

操作が楽と言う特徴もあります。







高品位ホーローのタカラスタンダードさんと 切磋琢磨しながら

激しいバトルを繰り広げている印象の 「TOTO」さんからは

コスミック・ガーデンの家でも採用されるお宅の多い

「サザナ」です。





新型のシステムキッチンや、ドレッサーも近日中に

ショールームに入替展示されると言うことで

楽しみにしておきます。



TOTOさんは、ライバルメーカーのタンクレス便器の不具合による

振替注文の殺到により、普段より納期に時間がかかっているようです。



問題を起こしたメーカーは勿論大変ですが

TOTOさんの様に 問題が無くても

影響を受けてしまうんですね。。。。





他にも顔見知りの担当者さんや、責任者の方々に話を伺ったり

たまにしか会えない 県外の業者さん達と

情報交換しながら 出来るだけたくさんのブースを

見学していきました。



その中で、気になったのは2アイテム(2ブース=会社としては5社?かな)

その一つがコレ。

京都からの出店でしたが、高級感と高質感、珍しさは群を抜いており

施主さん宅でどう使うか妄想が膨らむ製品です。



まだ、その会社さんと詳しい説明や打ち合わせを

済ませていないので、ご紹介はこの辺りまでで、ご勘弁を。







スタンプラリーと、テントでの飲食(牛丼・ラーメン・カレー・焼きそばなど)に

全力で向かうスタッフもいますが、社長と私、岡本は

それぞれの得意分野で担当者さんと

込み入った話をするのが楽しいのです。







様々な企業さんから、セミナーやこのような内覧会などの

お誘いを頂くのですが、全てのイベントに顔出ししようとすると

通常業務が 停滞してしまいますので

かなり 絞り込んで参加させて頂いてます。



まあ、参加したけど 「ハズレかなぁー。」 というものもありますが・・・。



まだまだ、このようなイベントがこの先

予定されていますので いろいろ調整できれば

探索・報告をこのブログでご報告させて頂きますね。

posted by 妹尾 | コメントなし | 設備や建材 | 2016/05/29 - 12:06 |
2016-05-26

先日OB施主さん宅で見かけたコレ。

「ガーデンバリア」 と言う 「ネコよけ」グッズの一種です。



建て替えのお客様でしたが、解体する古い建物の

頃から 近所を縄張りにする猫数匹が徘徊し、

床下で子猫を産んだりして どんどん増えて行ってました。





引渡し直後でも、真砂土のエリアには 糞と

掻き上げた土が山になるなどの状態でした。



ところが この商品を置いたところ

一定の範囲には 猫が侵入しなくなったそうです。





ある一定の周波数の音を 上部の黒い部分から

常時発生させており、これを猫が嫌うようです。





お客様が言うには、効果抜群です。とのこと。



ただし、人によってはこの周波数の音が聞こえてしまう

方が居る様で、夜うるさいとか気になるという

意見(苦情?)もあるようですが、犬と違って

自由過ぎる 猫にお困りの方は 一考されても良いかも知れませんね。









もう一つ、私が常に車のトランクに常備しているモノの

一つで ある意味万能洗剤かも と思える 「オレンジクリーナー」。

 

内装工事の「インテリア山崎」さんは、結構昔から使っていて

薦めてくれました。





写真の製品は ドラッグストアの 「ザグザグ」 さんで購入したモノですが

類似品は、ホームセンターや 一般的なスーパーでも

並んでいます。



輸入品も含めて 様々なメーカーが 「オレンジクリーナー」として

販売されています。



メーカーや商品によっては、洗浄能力の強弱は有りますが

「強力」 「レンジ周りに」 など強固な油汚れ対応を得意としている

オレンジクリーナーの場合は、水で適当に希釈した方が

使い勝手がいい場合が有ります。





〇〇クリーナー や マ〇〇クリ〇 などの製品を

素手で使うとキツくて 肌が荒れたりする方にも

比較的安心してお勧めすることが出来ます。





普段家の中で 手が触れたりして 皮脂汚れだったり

クロス(壁紙)のジョイント部分の 薄茶色になる汚れ

(貼るときの糊の関係やそこにキッチンからの油を含んだ煙類、

煙草のヤニなどなど)には、特に効果がはっきりします。



あまり強力な 洗浄成分や界面活性剤などを

含んでいない事が多く、これ1本でかなり広範囲に

使えます。



壁紙やフロアは勿論、キッチンや木製建具などにも

使えます。



ただ、お風呂掃除のように 泡切れが重要視される箇所には

やはり バス〇ジッ〇〇ンなどの方が 使い勝手は良い筈です。



家電製品や車の車内拭き、サッシや玄関ドアとその取手など

いろいろ使ってみてください。



また、詰め替えのパックやボトル類も

多く販売されているので、いろいろ試しながら使っています。



いつか、「パーフェクト!」 と思る商品と出会えればイイナ。と

思っています。

posted by 妹尾 | コメントなし | アフター関連 | 2016/05/26 - 11:48 |
2016-05-25

 

 

「南海トラフに歪みが蓄積」 と言う見出しで

数日前から ニュースなどで 警戒感を表わしています。

 

南海トラフ大地震

 

 

先月の熊本地震でも 阪神淡路大震災より大きな

力が発生したとの報告があります。

 

今後心配される 「南海トラフ大地震」 「東海地震」 が発生した場合

人的にも 建物的にも非常に甚大な被害が予想されています。

 

直接の地震被害は勿論、津波の被害も予想される

太平洋側の本州と四国。

 

想像を絶する 地震力が発生した場合

中国地方の岡山・広島・山口の各県

タダでは済まないというデータもあります。

 

昭和21年に 死者が出る大きな地震を経験した

岡山県南部。

 

それでも 私を含めほとんどの方は

その被害状況を知りません。

 

「地震は来ない」 という岡山広島エリアの 迷信にも似た

思い込みと 現実味の無い対策。

 

さてさて、どんな恐ろしい状態になるのでしょうか。

 

 

 

築45年を迎えようとする我が家は まったく太刀打ちできず

簡単に震度5弱程度でも怪しいかも知れません。

 

昭和56年以前に建てられた建物で

しかも、きちんとした 「耐震補強」 が成されていないものについては

色んな意味で それなりの覚悟が必要です。

 

 

熊本でも、耐震等級1(建築基準法はクリアできている一般的な

木造住宅)の建物は ほぼ壊滅のようです。(何度も大きな力が加わった為)

 

中には耐震等級2をクリアした建物でも

ホールダウンアンカーを採用した時の木材の

「断面欠損」が原因で 土台から引きちぎられて

倒壊した物件も 多く報告されています。

 

これからマイホームを建てようとしている皆様には

設備のグレードアップやソーラー発電システムに

コストを掛ける分を 地震に強くするコト。構造強度アップや免振・制震システム

被災・避難時に 使えるモノやその対策費に

振り分けておいて欲しいモノです。

 

 

 

あと、テレビなどで コメンテーターと呼ばれる人達が

「次に震度8や10等が来たら・・・・。」

と言う発言をすることがありますが、

これを聞くたびに ガックリ来ます。

 

震度に「7」 までです。 「8」 以上は存在しません。

 

今の基準では 震度は5から 「弱」 「強」が付随し

7が最強です。

7には 「弱」 「強」 も付きません。

 

震度7は 天井無しです。

 

なので、将来

「あの時の地震は 今で言う震度12クラスだったんだよな。」

と言うことはあるかも知れませんが。。。。

 

 

物知り顔で コメントしている 「文化人枠」の方々には

もう少しだけ 勉強してもらいたいと思います。

 

テレビをはじめ メディアの関係者の含めです。

 

 

現実的には建物で対策が打てないという方々には

せめて 避難時の用意や 非常食 飲料水の備蓄

家族内での連絡の取り方や、避難先の確認などなど

話し合って置いて欲しいと思いいます。

 

 

参考までに 災害時の準備の参考までに。 ←こちらをクリック。

 

 

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 雑談 | 2016/05/25 - 14:50 |
2016-05-13

 

 

明日から、2日間 倉敷市児島下之町にて

予約制ですが完成見学会を開催します。

 

まだ、若干の空きが有りますが

両日とも 午前中は満員となっております。

 

 


 

何かと 大人の事情もあって

幹線道路から延々と 「のぼり」 や 「立て看板」 で

誘導していくという方法は 現在では実施しておりません。

 

入り組んだ住宅街などでは

途中道に迷ってご連絡いただく場合もあり、ご迷惑をお掛けします。

 

 

 


 

 

当社の見学会にお越し頂くお客様には

色んな会社の見学会に顔を出したり、

しっかり勉強している方が多いのも事実です。

 

 

そんな方々と話していると

他社の見学会場で入手した情報や

その会社の営業マンや、社長さんが話した内容を

教えてくれることも多々あります。

 

全てが一言一句間違ってなかったり

聞き間違いが無いわけでもなく、

ご自身の感情が入って 少々違ったニュアンスに変化して

こちらに伝わる事も有ろうかと思いますが。。。。

 

その中で 驚く事も結構あります。

 

例えば、高気密高断熱住宅を永くやっている割に

そんな認識だったのか。。。あの会社。

 

あやふやなトークで、素人さんを煙に巻いてるけど

やってる事、言ってることが中途半端な感じで

しかも その会社のトップ、もしくは重責な方々が発する

言葉の数々。

 

 

ちょっと詳しく勉強されてる お客さんなら

すぐに 「ウソ言ってる。」 「誤魔化したな。」 と

バレてしまうようなレベルで 見学会場や 展示場内で

トークしていると言った具合です。

 

 

ショックなのは、フランチャイズであれ何であれ

しっかりした 高気密高断熱住宅を 販売 施工している会社にもかかわらず

自社採用のエレメント以外は かなり知識・認識が低く

間違った説明を 来場者にしてしまっているようです。

 

 

逆に、コスト(坪単価)は無視したとして

ピンポイント的に(高気密高断熱性能または構造強度など)

良いモノをしっかりした施工で、提供しているんだな。あの会社。

 

という事もあります。

 

 

いずれにせよ、コスミック・ガーデンの見学会で私達が

話したことも 他に伝わるでしょうから しっかりした裏付けのある事実と

広範囲に渡る 大量の知識を付けていかなければなりません。

 

次回見学会でも、また様々な情報や

他社さんの動向などが 聞ければ良いな。と楽しみにしています。

 

 

 

 


 

見学会の準備に追われる、スタッフと大工さんです。

 

ご予約頂いている 参加予定の皆様

明日から2日間 よろしくお願いします。

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | お客様に関するコト | 2016/05/13 - 19:23 |
2016-05-10

OB施主さんから 教えて頂いたコレ。


ピアノ用防振ゴム

 

アップライト用やグランドピアノ用など

様々な種類があるようです。


 

ピアノ専門の引っ越し業者さんの間でも

お薦め、販売されているようです。

 

ただ、上記のような業者さんに頼むと

結構なお値段らしいのですが、さすがにネット時代。

 

通販ならお安いようです。

 

それでも、一応は自己責任として 製造元や販売元などは

確認しておいてくださいね。

見た目はそっくりの バッタモンも出回ってるかもしれません。



 

防振と防音の機能を持ちますが、フロアと当たる面には

特殊なフェルトが付いていて、比較的軽く素人で移動出来たりするそうです。

 

また、フローリングとゴム製品が長期間圧着して

見苦しい状態になることも防ぐようです。

 

後は ピアノ自体が 製品の厚み分だけ

上がるので、ペダルなどの高さが変わります。

 

演奏者さんに合わせるための 敷物やマット類も

存在するようです。

 

私の家にも、昔アップライトピアノが長年有りましたが

ずーっとただの飾り棚(物置?)になっていました。

 

妹がコスミックで新築した時に

引き取ってもらいましたが、現在も似たような状況のようです。

 

その時は畳の上で、足下にはベニヤのような板で

荷重を分散させていました。

 

今回 OB施主さんから教えて頂いたのを

きっかけに 少し調べてみましたが 関連の製品がかなり多く

出回っているのを知りました。

 

知らない方面のアイテムも日々進化しているんだと

改めて感じました。

 

これからも ちょっとした情報を頂ければ

このブログをご覧いただいている方に

ご紹介したいと思いますので 宜しくお願い致します。

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | お客様に関するコト | 2016/05/10 - 14:40 |
2016-05-09

世間では、2日休みを取ると

「10連休!」 という 今年のゴールデンウィーク。

皆さんはいかがお過ごしでしたか。

コスミック・ガーデンでは、表向き1日から8日まで

お休みさせて頂いていますが、

現場の担当者や、私達営業の者は

途中仕事に出たり、合間に顔を出したり

地鎮祭などのイベントに参加したりと

いつものGWと変わらない感じでした。

毎年の連休には いつものように自由な時間を作って

クルマいじりです。

普段できない 車内の隅々までの掃除や

エンジンルーム内の掃除や 消耗品チェックなどなど。。。。











消音を兼ねたカバーを外して・・・。








ちょっとだけ、奥の方までゴソゴソ。

今回はいつもの作業に プラスして 今流行り(?)の

ドライブレコーダーを取り付けてみました。

パイオニアの「カロッツェリア」です。

ドラレコ市場には、遅れての参入の為

価格の割には高機能で、画角範囲以外には

非常に満足な コストパフォーマンスを発揮しています。





ついでに配線キットも購入したので

スッキリ、簡単な作業で 取り付けることが出来ます。

電源は 運転席足元の ヒューズボックスから取ります。

ユピテルのレーダー探知機の電源も取っているので

ちょっとゴチャついていますが。





配線キットの プラグを インパネ側面に

押し込んで カバーをはめて

何事もなかったように。。。











後は規定の範囲内に収まるように(ワイパーふき取り範囲内・車検ステッカーに

かからないように・上部20%より下方に。などなど)

取り付け位置を決めて、ガラス面をしっかり 「脱脂」 して

ペタッとな。







運転中の視界には入らずに、クルマの中心に近い位置にセット。

交通事故など もしもの際や

自身が関係ないけど、記録しておきたい場合に

活躍してくれます。

ただ、相手方だけでなく こちらの動きや

車内の音声も記録されるので、証拠とする場合

要注意です。

こちらに 「非」 がある場合も、事実として記録されてしまいます。















ドラレコが 証拠としての活躍することが

無いのが理想ですが 万一の時には 役に立ってくれることでしょう。

後は、洗車・水垢取のポリッシュ・ワックスがけ。







色が明るい色であれば、電動ポリッシャーで

チャチャッと終わらせるのですが すべて手作業でやります。

汗だくの へとへとで 五十肩の様に

腕が上がらなくなります。

しかも、連休明けには 非情にも 「雨」。

泣けてきますが、 それでも私にとっては いいストレス発散でした。










連休前には リアデフ(リアデファレンシャルオイル) の交換も

済ませました。





エンジンオイルは 4000km~5000kmごと

(約1か月半間隔程度) で実施しています。















後は、やはり タイヤ・ホイールセットと

ショックアブソーバーなどの足回りの消耗品交換が

次の目標です。



仕事で使って 疲労するのが早いか

弄るのが早いか。





クルマばかりにうつつを抜かしてる場合では

無いのですが。。。

posted by 妹尾 | コメントなし | クルマに関するコト | 2016/05/09 - 15:48 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp