家づくりのウラ・オモテ

2016年06月 の一覧

2016-06-24

 

一昨日の 大雨には驚きました。

私の住む倉敷市にも 「避難勧告」 が発令されていました。

 

倉敷市の児島には、雨が止んだ後もしばらくの間

発令されたままでした。

 

お隣の福山市でも 小さな支流の一部が

決壊したことにより 広範囲にわたって 水没してしまったようで、

被害に遭われた皆様にはお見舞い申し上げます。

 

 

毎年の事ですが、梅雨のこの時期

天気予報と常ににらめっこです。

 

昔と違い、かなりの精度で予報が当たりますが

それでも 苦労することが多いのがこの季節です。

 

 

例えば、上棟に向けての建て方工事で

大型のクレーン車の手配や、部材搬入のトラックの手配。

職方の手配など 明日は雨の予報だから

「中止!」 としたところが 「快晴」

当日になって 手配しなおそうとしても

そんなに急には揃いません。

 

1日ずらしたことで、目論見と雨天が交錯し

予定はズタズタ。。。。

それでも上棟際の日は決まっている。。。。

 

そんな 時は現場監理の総責任者である

監督は 夜もまともに眠れない心境になります。

 

ほかにも、基礎工事、屋根工事、塗装工事、エクステリア工事など

天候にもろに左右される工程が 見通しが立たないという事が

有ります。

 

ハウスメーカーさんなど 短い工期で

完成・引渡しありきの場合は

 

元々 キツキツの工程ですが 何とかしてねじ込んで

終わらせてしまいます。

 

ある意味凄いです。。。。

 

コスミックガーデンでは その辺りで無理はしないので

ゆっくり目の工期を頂いています。

 

 

現在工事中の 施主の皆様 何卒その辺のご理解を

頂きながら 確実な仕事で 進めたいと思っています。

 

 

そんな中。

明日から2日間の倉敷市北畝での

完成見学会の 準備をしてきました。

 

 


 

久しぶりの 予約なしのフリー見学です。

とは言え、駐車場のスペース等の関係で

時間帯によっては 非常に混雑することが予想されます。

 

 

現場から徒歩2分程度の 駐車場には スタッフも待機し

誘導させていただきます。

場合によっては 「満車」 状態で

少々お時間をずらして 再度ご来場頂かなければならない事も

考えられますが、何卒ご理解ください。

 

 

 

明日の現場は 広島の「ユダ木工」のドアも採用されており、

調整の為、わざわざ広島の廿日市から

駆けつけてくれました。

 


 

 

玄関廻りの養生も 若手西野が

頑張ってくれました。

 


 

 

何分 普通の閑静な住宅地内の見学会ですので

近隣で渋滞をさせたり、ご近所の皆様方に

ご迷惑を掛けるわけにはいきません。

 

ご来場頂ける 皆さま方には、楽しく見学して帰って頂けるように

気を付けていきますので、よろしくお願い致します。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 会社行事 | 2016/06/24 - 19:26 |
2016-06-19

 

ちょくちょく 設置依頼の来る 外用の物置

サイズや用途も含め、本当にバリエーションが豊富です。

 

小屋裏に 大きな容積の収納スペースを

設けていることの多い コスミック・ガーデンの家ですが

アウトドア関連や、ガーデニング関係など

家の中にはちょっと・・・・。 と言ったものが収まります。

 


 

物置は 基礎工事はせず、基本的にはブロックの上に置いて仮置き的な扱いなので

固定資産税の対象になったり、登記をしなければならないということも

有りません。

 

それでも、やはり地震の揺れで簡単に倒れてもらっては困るという

ことで、写真のような緊結方法が用意されています。

 

 


 

殆どの メーカーで設定されています。

新品注文される場合だけでなく、後付でも対応可能です。

(土間コンの上に設置されるような、アンカーボルトが打ち込める場合に限りますが。)

 

 


 

最近の物置は、後半自体の防錆塗装の質も向上している

様ですし、要望によっては 断熱化やちょっとした特注仕様も可能らしいのです。

 

 

建て替え時やご実家に有ったモノを移設させたいという

要望も有ったりすると、たまにお手伝いすることもあります。

 

実は、同じサイズでもメーカーによって重さ(製品重量)に

結構な差があるようです。

 

鋼板の厚さによるものなのかはさておき、

重いのは「イナバ物置」

 

大手では 「ヨドコウ」 も続きます。

 

余談ですが、「100人乗っても大丈夫!」の

イナバ物置ですが、CMやパンフレットで

多くの人が 乗っていますが、中心部に

イナバ物置の経営幹部さんたち。

 

その周りには、昨年度の売り上げに応じて

順番に座る、販売店(特約店?)さんだそうです。

 

これは結構昔からで、毎年登場する方々は

少しづつ(?)入れ替わっています。

 

 

 

まあ、どうでもいいことですが、

物置業界も 進化しています。というお話しでした。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 設備や建材 | 2016/06/19 - 12:11 |
2016-06-16

 

ベテランの女優さん。

白川由美さんが 79歳でお亡くなりになりました。

 

今現在、報道での死因は 「心不全」 とのこと。

 

心肺停止状態で発見された場所は 「浴室」

 

持病も無く 現在通院などもされてなく

勿論 心臓疾患も無かったとの事。

 

・・・・となれば、「ヒートショック」による 心臓に対する急激な負担増が

原因と考えるのが普通かと。

 

 

しかし、もしそうだとしても まさかの6月。

真冬なら 分かりますが、 寝苦しくなるくらいのこの時期。

しかも、二谷英明夫人で、ちゃんとしたセレブの方ですから、

すきま風だらけの 古い木造住宅で生活されていたとは思えません。

 

一定の温熱環境は担保されていると思う、マンションとかではないでしょうか。

 

年齢的なものも 大変影響されますが

こんな季節でも 「ヒートショック」が起こるとは

私の方こそショックです。

 

そういえば 私の自宅近所のお婆さんも

ヒートショックで 救急車で運ばれ そのまま帰ってこられなかったという

こともありましたが それは確か 春だったような。。。。

 

若い方は勿論 40代 50代の方では

まだまだ実感がわかないと思いますが、60代以降の方は

自分の事として 恐怖と戦わなければならなくなります。

 

どんな会社で、どんなデザインの建物を建てるにしても

最低限、温熱環境が安心できる状態。

すなわち、「高気密高断熱」

全ての基本となる 「高い耐震性」

必須です。

 

 

高齢化社会が進み

団塊の世代が これに当てはまっていくことで

分母が多くなり ここ数年で 「ヒートショック」が

原因と思われる 死亡者数が 増加しています。

 

健康に長生きしたいと考える

普通の思考の皆様には 今回の事を 教訓として

家創りに反映して下さいね。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 雑談 | 2016/06/16 - 16:20 |
2016-06-07

 

最近、ニュースなどでも取り上げられている

シックハウス学校の件。

 

タイトルは 「毒学校」 と言う何ともはや・・・・な感じですが。

やはり、何でもありの 「中国」での出来事ですが。

 

 

先ずは上記の記事をご覧いただいたとして。

 

 

 

 

日本でも今から 15年前くらい前には

「シックハウス症候群」 「化学物質過敏症」 などで

騒がれました。

 

様々な法規制等が設置され、業界としても対策を

講じて来たわけではありますが

今は ほとんど話題にならない感じです。

 

当事者の方々や、発症してしまった方は

本当に 過酷な生活を強いられます

 

共に生活する ご家族の負担も相当なものです。

 

それでも その原因が住宅であることを

実証するのは 難しく 被害者の方自らが

データや証拠集めをしなければ、訴えても勝ち目はないようです。

 

先の熊本地震や、近年の水害。

ハウスメーカーが先導するかのような

ゼロエネルギーハウス による 省エネ性能などなど。。。

 

そのような 今どきのポイントには業界も

売る為に反応するのですが

シックハウス症候群や化学物質過敏症などには

なにか 過ぎ去った昔の事、今は全てクリアしてるでしょ。的な

感覚が業界にあります。

 

 

普段の仕事の中で、多くのお客様と

話しをする中で、やはりpm2.5や花粉症、

気管支のトラブルなど、当事者でなければ

その辛さは分からない 疾患の事例などを

多くお伺いしています。

 

高気密高断熱性能も担保し、耐震性能も高い

いい家になったとしても、健康だった人がそうでなくなる

マイホームと言うのはいただけません。

 

これから家を建てようと考えている方には

もう少し 「匂い」 や 「空気」 にも

感心を持ちながら 「感じて」 欲しいと思います。

 

 

先日 OB施主の方から

メールを頂きました。

「家に招いた知人のお子さんが

小児喘息を患っており、咳を頻繁にしていましたが

コスミック家に入って 30分くらい遊んでいると

咳を全くしなくなった。」

と言う旨の内容でした。

 

報告頂いた私は勿論、スタッフも喜びました。

 

精巧で高価な空気清浄機や

特殊でメンテや維持にコストがかかりそうな

換気システムを使わなくても そういった空間が実現できていることにも

喜びを感じます。

 

ホームセンターの建材売り場のような匂い(ホルムアルデヒドやクロルピリホスなど

接着剤や防腐剤などに多く含まれる化学物質です)

を今一度 いろんなところで嗅ぎ分けてみて下さい。

 

だんだんと 分かってきますよ。

 

 

 

 

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 未分類 | 2016/06/07 - 18:50 |
2016-06-02

 

 

さわやかな 春から初夏にかけてのこの季節も

もうそろそろ終わりが見えてきました。

 

コスミック・ガーデンの OB施主さんたちも

エアコンで「冷房」のスイッチをONされる方が

出始める頃です。

 

昨年の初秋以降、「冷房」を入れられて無い方は

少し早めに 「試運転」 をお勧めします。

 

埃が蓄積したり、たまに排水管が「土」や「虫」で

詰まってしまい、熱交換時に発生する「結露水」が排水されず

室内に向かって、吹き出してくるという 惨事に見舞われる事例が発生します。

 

不具合が起きても 今のうちなら業者さんたちも素早く対応してくれるはずです。

今年の夏は 「ラニーニャ現象」 により

例年にない 猛暑と言われています。

 

そうなったときに、冷房ONで トラブっても

エアコン設置や 修理などで 職人さんの手が回らず

困ったことになる可能性もあります。

 

 

設置後、数年経過したエアコンなら

先手を打って、クリーニングしてしまうのもお勧めです。

 


 

専門業者の手によって、このくらいキレイになります。

 


 


 

市販のスプレー式のクリーナー

吹き付ける方式は、最新式のエアコンの場合

トラブルの原因となることもあるようです。

 

また 吹き付けた薬剤が エアコン本体内で

完全に乾燥できていない場合、最悪ゲル化してしまう事も

聞いています。

ご注意を。。。。

 

 

 

 

 

 

さて 梅雨前にもう一仕事。

 

雨樋の点検です。

毎年 GW明け辺りから依頼の連絡が増えるのですが

鳥が小枝や土を運んで 雨樋のエルボ接続部に詰まってしまう

事例が多発します。

 

 


 

たまに、ビニールシートなどの切れ端を

小枝に巻き付けて、「巣」 を強化しようとしたのか

雨樋から出てくることがあります。

 

 


 

 

作業した時には、 「ボール」 や 「バドミントンの羽根」

等が出てくることもあります。

 


 

 

山や大きな木が近いお宅では もちろん落ち葉が原因になりますが

落ち葉を樋に入れないようにする対策品もありますが

鳥の仕業と 絡むと もっとややこしい結果になる場合もあるので

誰でもにお薦めしにくいのです。

 

 

いずれにしても 雨が降った時に、たまには上を見上げて

雨樋をチェックしてみて下さい。

 

違和感がある箇所を見つけてしまうかも知れません。

 

有償にはなりますが、素人作業は危険も伴いますので

私達にご連絡ください。

 

 

 

梅雨になる前に 夏の準備の一つとして

気にかけてやってくださいね。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | アフター関連 | 2016/06/02 - 18:19 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp