家づくりのウラ・オモテ

2016年10月 の一覧

2016-10-31

 

工事が完了して 鍵をお渡しする 「引渡し」。

 

各種書類の準備は勿論ですが、差し上げるファイルや

花束とともに 用意するもの

着工前から完成までの写真のデータです。

 

基本的には 営業担当が撮影したものに

現場監督や 設計の担当者が その都度

撮影したモノが足されます。

 

数百枚は有ると思います。

それを DVDに焼いてお渡しします。

 

 

 


 

多い方では、2枚に渡ります。

 

土地から探された方は、候補には挙がったものの見送った土地もありますし、

造成前の田んぼや畑の写真になることもあります。

 

建て替えの方には、思い出いっぱいの

懐かしい旧宅が出てきます。

 

 

 

様々な 出来事を経て

地鎮祭~地盤改良~基礎~建て方~上棟際

内外の工事

 

そして引渡し。

 

引渡しの ご家族の記念写真は

DVDには間に合いませんが、可能な限り

後日お渡しする様にしています。

 

 

着工から引渡しまで 結構時間を頂いているので

赤ちゃんや 就学前のお子さんだと

工事期間で 成長がすごくよくわかるのです。

 

 

なかなか、PCに取り込んで

見返してもらう 時間が取れるか分かりませんが

私達 工事関係者だからこそ 撮影できる写真や

隠すこと無く開示できる 現場の状況を

記録として いつかご覧いただけたらな。。。。 とPCの前で

ダビング(今どきの単語では無いような気が)しています。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | お客様に関するコト | 2016/10/31 - 18:41 |
2016-10-28

 

明日からの二日間。

岡山市北区伊福町にて 完成見学会が開催されるので

その準備に行って来ました。

 

最近は 皆それぞれに目いっぱいのスケジュールで動いているため

準備開始時に 関係スタッフ全員が揃う事も難しくなってきました。

 

午前・午後 その合間など

空いた時間に 各自の任務(?)を こなすために現場入りします。

 

今回の I 様邸。

 

シンプルな 淡いカラーリングのインテリアのなかに

ところどころ ポイントで さし色が入っているという印象です。

 

フローリング材も 樹種も違えば 色も正反対の感じで

張り分けています。

 

 


 

洋室の一部。

 


 

 

個人住宅の中とは思えない感じの

洗面台です。

 


 

 

欲しくても中々 採用に踏み切ることが出来ないアイテムの一つが

コレ。

「ミーレ」 の食洗機。

 

100年以上の歴史を持つ ドイツの高級家電メーカーです。

 

 

 


 

他にも見どころが沢山あります。

 

 

ここで紹介したものは 見ればわかるもの。

 

来て頂いた方だけが分かる 性能や質感 空気感もあります。

 

予約制ですので、フラッと寄って頂く訳にはいきませんが

予約済みの皆様には 楽しみにして頂きたいと思います。

 

 

 

またホームページ内のどこかで

ご報告しますね。

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 未分類 | 2016/10/28 - 15:42 |
2016-10-24

 

解体工事と言っても 昔と違い今どきは いきなり

重機が来て、「バリバリ」壊すわけではありません。

 

近隣への飛散対策をしっかりやってもらいます。

 

・・・・ そうそう 解体時よくある忘れ物で

電気・ガス・電話線の停止&撤去処理があります。

 

基本的には その家の住人(出来れば世帯主や契約者)

電気なら中国電力(第二電力の場合はそちらへ。)、

都市ガスなら 岡山ガスや水島ガスなど。

 

プロパンなら、供給している会社へ電話連絡を入れておけば

各社 工事着手までには 速やかに処理してくれます。

 

遅くても 解体着手の10日前には

連絡しておくのがベターです。

 


 

 

問題は電話で、電柱から来ている線は殆ど NTTで、回線使用は

KDDI 等他社が管理。 そうなると両社に要連絡です。

 

また インターネット回線の場合 光テーブルの場合

そのプロバイダーに連絡するところがかわります。

 

私達のような建築業者が 代わりに連絡しても やはり本人確認が必要との事で

二度手間になるだけなので、最初から世帯主が

やった方が簡単です。

 

水道に関しては、解体時に水撒きするので

そのままで基本OKです。

 

後日、仮設水道に切り替えれば大丈夫。という事が多いのです。

 

 

ガラスが割れて飛散しないように

サッシは最初に外しておきます。

 

瓦も全て降ろしてしまいます。

 

古いセメント瓦や 波板スレートの場合

「アスベスト問題」 が浮上してくることもありますが

そうなったら大変です。

 

恐ろしくて 書けません。。。。

 

 


 

 

 

 

平成3年築の増築部分の天井石膏ボードを

破壊したところです。

 

 

うっすい、「マグ」 の 「グラスウール」なので

気休め程度の断熱性能です。

 

「気密」 なんて言葉も 無い施工ですが 当時はこんなもんです。

 


 

 

居室の下は ガレージですが

鉄骨で骨組みを組んでいます。

 

天井の不燃材の上に直接 グラスウールが敷かれていますが

ちょっと詳しい方なら、この施工に断熱性能向上の意味は

無い事が分かると思います。

 


 

当時は 断熱材は入ってればいいんでしょ! 的な認識しかなく

施主である私もそうでしたが、設計施工した 地元老舗工務店(現在は

ZEHや長期優良住宅のエキスパートのようなイメージ) も

そんなレベルの認識でした。

 

 

・・・・そりゃ 底冷えもするし 足の指先が痛い位冷たくなるわなあー って

感じです。

 

もうそろそろ 建物の形が無くなるような

工程に入るかと思いますが、無事に進んでいくことを見守ることしか

出来ません。

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2016/10/24 - 15:54 |
2016-10-23

 

10月21日 14時7分 鳥取県中部で

大きな地震がありました。

 

鳥取県は勿論、近隣の県でも

被害があり、岡山県内でも 年配の方2名が 怪我をされたようです。

 

移動中だった私は 幸い(?)のも車の中だったので

スマホが 大音量で聴いたことの無いようなアラームが

鳴ってビックリした位でした。

 

工事中の現場をはじめ、OB施主さんからも

被害の報告は一切 届いていないので一安心しているところです。

 

それでも、鳥取県中部の震源地を中心に

広範囲で被害が出ており 被災された方々

余震に警戒して、現在も避難生活で不自由をされている方々には

お見舞い申し上げます。m(__)m

 

 

普段 地震は来ない岡山県。 と油断しまくりの

岡山県民もさすがに今回は 自身の身をもって

その恐怖を感じられたと思います。

 

南海トラフ地震は 明日きてもおかしくない

時期に有ると 研究機関や専門家は 報告しています。

 

私達の立場から言えることは、

必要かつ重要な建物の要素の

中心に 「耐震性能」 が有ると言うことです。

 

勿論 耐久性能・高気密高断熱性能なども

重要ですが 震度6強で倒壊してしまっては

元も子もありません。

 

デザインや 間取りを拘り過ぎたために

耐震性能が落ちたり、無駄な補強が必要になったり

(これも コストアップになるのでスルーする場合が多々あり)

本末転倒な 状況を見てきました。

 

たまたま 巨大地震や津波によって

60数年以上岡山県に 大きな被害が出なかっただけです。

 

これから 家を建てる方は もちろん

古い住宅にお住まいの方も

耐震リフォームなど 強度アップを考えたり

諸事情で難しい方は、被災した時に

命を守れるだけの準備と知識を身に付けておいて下さい。

 

今回の揺れが大きく、「怖かった。。。」 という

感想をたくさん聞いたので 良い機会と捉え地震に対する

意識が変わればいいなと思います。

posted by 妹尾 | コメントなし | 雑談 | 2016/10/23 - 11:44 |
2016-10-17

 

解体工事用の足場を組み始めた我が家。

残っているモノは全て 撤去ということなので

家具も、設備品も 無くなります。

 

ガラス戸やふすまなどの建具が全て外され

畳も上げられています。

 

この間まで 生活していた住宅ですが

この状態になると なぜか一気に 「古家」 のかび臭いような

土臭いような匂いがしてくるのが 不思議です。

 

・・・まるで、田舎の古い納屋に入った時のような。。。

 


 

 


 

子供のころから有った、「ナショナル」製 キッチン。

天板が1枚で、コンロや水栓が組込まれた 「システムキッチン」 ではなく

シンク台 ・ レンジ台 ・ 調理台 などとバラバラになる 仕様です。

 

木製扉にメラミン貼りですので、非常に汚れていますが

壊れたりは無かったものです。

 

 

ただ、給湯システムや、カラン(蛇口)は 数回交換しており

消耗品の一種なんだなと感じます。

 


 

 

2階のミニキッチンは、今から約17年前に 設置されたもので

わけあって、「大和ハウス」 のアパート用といった モノでした。

 


 

もともと キッチンなど設置するつもりが無かった所へ

取り付けたので 給水・給湯・排水管も

少々無理がありました。

 

これでも、何度か修理や カラン交換もしてあります。

 

最後のころは、シンクの排水接続部分から

カニの様に 泡がぶくぶく湧く始末。

 

結局 手を付けることなく今の状況を迎えました。

 

 

普段、私がお客様に 手入が楽で

素材として長持ちして、値段よりも耐久性や

交換のしやすさ(=維持管理コストを抑える)に

重点を置いたお話しをすることが多いのは

こういった 自身の経験によるものです。

 

安く建てたり、リフォームしても

その後 何かと修繕・補修にコストがかかり続けると

金銭的には勿論、精神衛生上も良くありませんし、

多少 不具合を放置したりすることで

関係する範囲が広がるというデメリットも生んでしまいます。

 

「何でもいいや。。。」 といってると

こんな目に合いますよ。

 

せっかくの財産が 負債にならないように。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2016/10/17 - 17:37 |
2016-10-16

 

久しぶりに 半日以上現場で作業です。

職人不足もありますが、特に専門的な技術が不要ながら

非常に手間を取る作業が発生したため、

比較的 身軽に動けるスタッフが 足場の上を行ったり来たり。

 

新型陶生外壁をはめ込むための アルミレールの固定ビスの入れ替えと

それに伴う テーパー施工を3名 (20代・40代・50代) で

頑張ります。

私以外は 朝からずっと作業してくれていました。

 

 

 

人海戦術で進めるのが 早いのはよくわかっているのですが

皆のスケジュールを調整するのも結構大変なんです。

 


 

普段使わない筋肉を使っているようで

体中のあちこちにきています。

 

 

さわやかで過ごしやすい気候なのに

みんな 汗だくです。

 

奥で 細かい作業をやっているのは

普段は 肉体労働とは縁遠い IT系の岡本ですが

電動工具に興味を持ったらしく テキパキとイキイキと作業に集中です。

 

 


 

皿ビスなので 頭部分があまり飛び出さないように

一旦ビスを抜いて➡鉄鋼用ドリルで穴にテーパー付け➡再度ビスの留め付け

と言う作業を 役割分担して進めていきます。

 

 

この間も 外壁の取付を 頑張る職人さんは

微調整を繰り返しながら 職人の厳しい目で割り付けてくれています。

 

 

 

みんな 体に堪えていた 作業でしたが

この日は 夜8時までコンベックス岡山で

「dada」さんという 建材・工具の商社さんのイベント・商談会が

あり、顔を出してきました。

 

 

たいていのイベントが 16時か17時に終わるのに対し

仕事終わりの 現場の職人さんたちに来てもらおうと

20時過ぎまで 開場して頑張っていました。

 

 


 

会場の中で、カップラーメンをスコップですくう という

イベントがあり、ハードな作業をこなしたばかりの

岡本がたくさんすくって大漁でした。

 

 

彼は陶生外壁を加工する際に

都合のよいサイズの 電動工具や カッター(のこぎり)の

「刃」 をメーカーの担当者に聞いて回ったり

本当に仕事熱心です。

 

社内でも一番守備範囲を広く持たされていると思います。

それらを いやな顔をせず 楽しそうにこなしているところには

尊敬の念すら覚えます。

 

あまり褒めすぎてもなんですが、屋内も屋外も

ソフトもハードも 何でもやって コスミック・ガーデンのスタッフなので

無理しない程度で がっばってほしいと思います。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 現場にて | 2016/10/16 - 13:35 |
2016-10-11

 

建て替え工事に伴い、仮住まいに引っ越します。

 

一旦、この地を離れますし、工事の安全祈願を

氏神様である 地元の神社さんにご挨拶です。

 

来週末は 秋祭りですが、参加できそうにありません。

 

向こうに見えるのは、我が母校の小学校です。

 


 

あまり大きな神社さんではありませんが

土俵もあります。

 


 

地鎮祭は 安仁神社さんでお願いしましたが、

施主さんによっては、氏神様の神社さんに個別に

お願いする場合もあります。

 

建物完成後、またこの地に戻ってきたら

改めて 挨拶に伺う予定です。

 

 

 

氏神様に挨拶したら 同時に ご近所さんにご挨拶です。

 

普段は 監督や施主さんと一緒に回りますが

今回は、顔がよくわかる私自身が 近隣を回ります。

 

挨拶状と 会社名入り タオルを持って

向こう三軒両隣 だけでなく

少々広めに回ります。

 

 


 

ハウスメーカーや 他の工務店などより 工期が長く

解体作業も有って、ご近所さんにかかる迷惑も 多いので

特に重要です。

 

皆さん 快く 「お互い様ですよ」 的に

対応して下さいました。

 

お客さん宅の近隣挨拶でも

土地から買って 他から入る施主さんでも

一緒に回ってもらうと、ご近所さんも違います。

 

私達 業者だけだと、怪しい訪問販売ではない。と言うところから

インターホン越しに説明しなければならない事もあります。

 

勿論、建て替えや 親御さんの土地に建てる場合など

ご近所さんに顔が知れている 施主さんだと

非常に好感触な 対応となります。

 

出来るだけ、施主さんと回るようにしていますので

これからの 施主さんにはご協力をお願いしておきますね。。。

 

 

 

とりあえず、氏神様と ご近所さんに ご挨拶を済ませることが

出来たのでほっと一安心。

 

この後、本格的に解体撤去の作業に 移ります。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2016/10/11 - 16:35 |
2016-10-08

 

先月に 4回目と5回目の 連続事故の巻き添えによる

自動車突入のあった OB施主さん宅。

 

事故当日の夕方、再度現場に立ち寄って

大きめの瓦礫撤去と 「さわらないで」 の注意書き&規制線的なロープ処理を

行いました。

 


 

2つの事故なので、私の方で2社の損害保険会社と交渉を進め

無事 金額的な補てんと工事開始の了解を取り付けました。

 

・・・が、先月の雨・雨・雨・・・・。

 

うんざりする位の天候不順で、工程がぐちゃぐちゃで、エクステリア業者さんも

すぐに現場には入れません。

 

被害者の施主さんも

「けが人が出ていないので 問題ありませんが

崩れたままの門塀が晒されたままの期間が長くなるのが辛いです。」

との事。

 

ごもっともです。

 

着手さえしてしまえば 数日間の仕事なのですが・・・。

 

 

そうこう言いながらも なんとか着工

無事に修復完了です。

 


 

完了後の写真を 添付して書類を損保会社に送付。

各担当者さんと確認しあいました。

 

 


 

 

「示談」に向かって 処理手続きが終わると

工事代金が 振り込まれる仕組みです。

 

これは 自動車同士の事故で 修理工場(=工務店)で

修理を進めて 保険で処理するのと同じ流れです。

 


 

5回目で、さすがに関係者はうんざりです。

 

いままで、施主さんご家族や、事故当時者に

大きな 人身的な被害が出なかったのが不思議なくらいです。

 

 

通学路と言うこともあり、違うタイプの信号機の設置や

注意喚起を 地元警察署にはお願いするばかりです。

 

また、渋滞の抜け道として 急がれているドライバーには

十分すぎるほどの 慎重さと安全確認をして頂きたいものです。

 

 

 

今回 手続きを進めて下さった

加害者側の損害保険会社 「J」 と 「M」 社さん。

 

迅速な判断を頂き有り難うございました。

posted by 妹尾 | コメントなし | お客様に関するコト | 2016/10/08 - 17:06 |
2016-10-07

 

平成18年に現在の位置に新築された

タカラスタンダード 岡山ショールーム。

 

それから10年。

初の大規模リニューアルを行った 「リニューアルオープンフェア」

10月 7日・8日・9日の3日間開催されています。

 


 

たくさんの業者さんやお客様が居たので

全体的な写真撮影は ちょっと控えさせてもらいましたが

お祝いのお花も多く飾られていました。

 

 

非常に明るく 広く 感じるショールームに

生まれ変わりました。

 


 

キッチンなどは点数は 少なくなったのに

ほぼすべての仕様が見学でき、

あちこち移動しなくても 細かな仕様決めが出来るレイアウトになった

キッチンコーナーです。

 

 


 

 

システムバスの展示エリアも 場所こそ変わっていませんが

スッキリ、明るく 今風な感じに変身です。

 


 

バスのサイズ実感するための仕組みも

従来の壁が動くタイプではなく

足元のライティングで表現しています。

 

 

今回 私が興味を持っていた製品の一つ。

「リラクシア」 ですが、従来のFRP浴槽を残しながらも

上級仕様として 「アクリル人工大理石浴槽」 が追加されました。

 

パール(マイカ)が入った ちょっとキラキラしたテクスチャーです。

 

 

TOTOさんの 「サザナ」も コスミック・ガーデン標準仕様は

人工大理石浴槽が 付いているので

ガチンコのライバルとなります。

 


 

柔らかいアールを描いた 浴槽デザインは

素材の感触と相まって 高級感があります。

 

まあ、鋳物ホーロー 浴槽の 「プレデンシア・プレミアム」 には

敵いませんが・・・・。

 

 

壁面に引っ付いてる シルバーの板状のものは

「bluetooth」 で音楽プレーヤーから音を飛ばして聴ける

受信型プレーヤーです。

 

勿論防水で、ホーロー壁面に音が反射するので

いい感じにBGMが聴こえるそうです。

 


 

 

もう一つ 期待していた製品が

ホーロー製ハイバックボウルの付いた

洗面化粧台 「オンディーヌ」です。

 


 

長期でも変色せず、耐汚染性能が高いホーローボウルで

しかも壁面水栓が可能な 「ハイバック仕様」 に期待です。

 

ウリとしては 上記に加え 奥行きが浅い スリムタイプで

設置場所を選ばない。と言うのがメーカー側の言い分です。

 

標準的な奥行きの製品と並んでも

引っ込んでいるのが分かります。

 


 

実物を見た感想は、 素材は良いのですが

ボウル自体が小さくなって 浅く 手元にモノを置くスペースが

無くなっているので 実用面では使い辛い印象です。

 

廊下の一角や 狭い洗面室に置くには良いのですが

洗顔・ハミガキ以外の使用には ちょっと辛い感じで

2階のサブとしてなら「アリ」かなと。。。。

 

 

まあ、好みや 使い方はお客様によって千差万別。

コレがベストと感じる方も沢山いらっしゃることだと思います。

 

 

ショールームの床面積と エントランスの位置など変わっていないのに

これほど印象が変わるとは。 といった今回のリニューアルオープン。

 

今回のフェアはあと2日ですが ここで行けない方も、是非 足を運んでくださいね。

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 設備や建材 | 2016/10/07 - 17:47 |
2016-10-04

 

比較的新しめの エアコン 2台を (1台=ダイキン製 2.8kw)

(1台=日立製 2.2kw) とりあえず 撤去・保管します。

 

 


 

2台とも 屋根上架台に室外機の設置方法です。

 

他にも3台エアコン(クーラー含む)が 残存していますが

数年 電源すら入れてないので そのまま処分します。

 

 


 

 

取り外した 1台は 木舞を組んだ土壁(わたかべ仕上げの上にビニールクロス張り)に

アンカーを打って プレート留めでした。

 

強靭な 固定力はほとんど期待できない留め方です。

ちょっとした地震で、エアコンが吹っ飛んでいたかもしれませんが

いままで 何事もなく良かったです。

 


 

配管用の穴をのぞけば分かりますが

断熱材など存在しません。

 

冬寒く 夏暑いのはトーゼンです。。。。

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2016/10/04 - 15:44 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp