家づくりのウラ・オモテ

2018年02月 の一覧

2018-02-15

 

 

いよいよ 入居です。

 

普段からお世話になっている 「中原三法堂」さんが

あらかじめ クリーニングして下さっていた

仏壇を納めて下さいました。

 

 

約10年ぶりに 色んな小物がキレイになって

仏壇本体も甦りました。

 

 

本来は住人の荷物よりも先に仏壇(ご先祖さん)が

入居するのが望ましいというアドバイスに従いました。

 


 

 

引き続き 提携業者さんである 「アート引っ越しセンター」さんが

仮住まいから 一気に家財道具の移動です。

 

コーナーや階段、フローリングなど

「養生」が徹底的です。

 


 

 

今迄も施主さん宅の 引っ越しに顔を出していたので

見慣れていますが やはりリーダーの指示と

テキパキした動き、自分では無理と思った

重量物でもすんなり持ち上げる技&体力に感心します。

 

 


 

お約束の 新品のソックスに履き替えての作業です。

また個別に近隣のお宅に挨拶をして回られるので

安心です。

 

 

 

とりあえず 荷物の搬入が終わったタイミングで

家電屋さんが テレビの設置にやって来ました。

 

従来のテレビは隣のリビングに私が設置&セッティング。

 

今回ダイニングがメインになるので、少々大きめのサイズで頑張りました。

 


 

 

 

後日ですが、「ハルミファインクラフト」さんが

お願いしていた テーブルのチェア×4脚 の納品に

やって来ました。

 


 

 

高耐久性のある フェルトをチェアの足に打ち込み固定。

 

メンテナンスの仕方などを教わりながら

眺めまわします。

 

 


 

藤井社長宅と同じデザインの 「ハルミファインクラフト」さんらしい

チェアです。

 

 

 

 

とりあえず 細かな片付けはおいおいにしてゆっくりしたいです。

 

とにかく へとへとです。

 

自分のガラクタやおもちゃ、雑誌など以外は

丸投げ状態でお任せです。

 

 

下手に触っても 片付けてるやら 散らかしてるやら

分からなくなるので・・・・。

 

 

最新の高気密高断熱住宅の 高性能ぶりと

住み心地等を ボチボチながらこのブログで

ご報告していきます。

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2018/02/15 - 20:05 |
2018-02-06

 

 

ちょっと久々の 我が家ネタです。

大盛況で幕を閉じた 完成見学会でしたが

その前にガレージの土間コン打ちをしました。

 


 

ご近所さんに迷惑をかけながらの ミキサー車からの

コンクリート打設です。

 

 

基礎工事とは違い、ポンプ車など無く ネコグルマを使っての

小運搬です。

 


 

キレイに左官して、割溝に白石玉を並べてくれています。

 


 

それなのに 養生期間中に 車を入れてしまった

職人さんが居ました。

 

白くなっていたから 大丈夫かと。。。

空荷の軽四だから大丈夫。 と言い訳が。

 

確かにへこんだりはしていないのですが

乾燥が進むと 細かいクラックが入る可能性もあると言うことで

厳重注意となりました。

 

(・・・・今のところ なにも症状は出ておりませんので一安心。)

 

 

見学会の時には 構造用合板の上に 「ベニヤ」を張った状態でしたが

その後 お約束のクッションフロア( お安い! )を張ってもらいました。

 

本物では手が出ないので 「なんちゃって ヘリンボーン」ということで

おふざけ半分でこの型番を選択。

 

 

 


 

普段 社長宅や施主さん宅で本物の オーク材ヘリンボーン張りを

見慣れているため、離れても 写真で見ても そのチープ感は圧倒的です。

 

まあ、段ボールや私の雑誌、おもちゃ類が殆ど占拠するので

気にしませんが。

 

荷物をひこずり出す(岡山弁?)時など

ひっかかり難く、少々の擦り傷が出来ても気にならない上

フロアタイルや合板フローリングよりも

柔らかいので 「膝」が痛くありません。

 

 

 

トリプルガラスの大開口スライディングの上には 瓦庇(かわらびさし)が付きますが

雨樋を付けても 縦樋の収まりが難しいことが多く

殆ど放置です。

 

縦樋の代わりに チェーンなどで下す場合もありますが

個人的に神社仏閣のイメージがあるので樋を付けない方向で考えていました。

 

 

ところが 庇の下に潜り込むように

カーポートの屋根が来るので

そこに庇の水を流してやればいい。という発想でこうなりました。

 


 

雨樋と付けるのは 板金業者さんですが

カーポートの屋根の振れと 距離を考えて(離れすぎると水が落ちてカーポートに

当たった音が大きくならないように)この位置で水抜き穴を設置してくれました。

 

サスガにそこまでは考えてなかったので

職人さん達に感謝です。

 

 

 

 

さて、その後 倉敷市役所固定資産税課の方が2人お見えになり

家屋調査です。

 

約30分くらいでした。

 

ひとりが 図面をもって屋内を見て回ります。

もう一人が 税金の仕組みや ローン控除のお話しなどを

してくます。

 

私がこういう仕事をしている関係で

その辺りは ほぼ割愛して頂き

見学会の時のように 家の説明を熱く語ってしまいました。

 

水回り設備の数や形状、キチンの長さ(グレードは関係ない)

オール電化か、ソーラーパネルがあるのか。

などなど 評価ポイントは ある程度決まりがあります。

 

職員さんによって 評価額が変わらないようにする為

キチンとした「基準」が有ります。

 

 

職員さんの反応としては

見たことのない 外壁「陶性外壁 ツイーゲルⅡ」が

何だこれ? って感じでした。

 

タイルでもなく、レンガでもなく

モルタルや コンクリートでもなく。。。。

 

マニュアルにないモノなので、少々考えていました。

 

全国で普及している素材でもなく

どこかのメーカーから購入しているのでもなく

自社開発・製造なので 知らなくて当然です。

 

まあ、評価は御任せするとして

クロスの柄やスイッチ、コンセントプレートの

クロス巻に驚かれながら 帰られました。

 

 

在来木造や鉄骨住宅、RC(コンクリート)住宅と比べても

「枠組み壁工法(ツーバイフォー&シックス)」は

算定単価が低く設定されているので

それ程固定資産税が高くならないのも

売るつもりがないなら 嬉しいメリットです。

 

 

 

次回はやっとやっとの 引っ越し・入居となります。

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2018/02/06 - 19:48 |
2018-02-03

 

寒い日が続きますね。。。

 

現場の職方さんたちの中にも

恐怖のインフルエンザが流行の兆しを見せています。

 

限られた現場の空間に 一緒に作業をしているので

発症する前の潜伏期間に

やられるようです。

 

施主さんや 商談中のお客様も

同様で、打合せや 予約されていた見学会の

直前のキャンセルなど この時期多くなります。

 

特に小さなお子さんのいるお宅では

ある程度 仕方ないかなと思います。

 

我が家も昔そうでした。

 

 

 

登園、登校、出勤停止という事もあるので

通常の生活に大きな影響を及ぼします。

予防接種も含めて 対策をしていても

防ぎきれない部分もありますよね。

 

内科や小児科の医師が気をつけている点として

うがい、手洗いは当然として

乾燥した口内と体内にしないように

頻繁に「緑茶」を口にするという事をされているそうです。

やはり、「カテキン」の殺菌効果のせいでしょうか。

 

 

同様に 日に何度も「歯磨き」をすることも

実践されている方が多いというお話です。

 

出来る範囲で、費用もそれほど掛からず真似できる

対策としてやってみて下さい。

 

 

医療関係に勤務する 長女も毎年この時期になると

パニック状態な院内で、「忙しすぎるー!」と

ぼやいています。

 

まだまだ 寒さと乾燥が続きますので

気をつけてくださいませ。

posted by 妹尾 | コメントなし | 雑談 | 2018/02/03 - 19:20 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp