家づくりのウラ・オモテ

2018年09月 の一覧

2018-09-11

先週ですが、クリナップ岡山ショールームで

システムキッチンの新商品  「ステディア」を見てきました。

 

約10年前に 発売された 「クリンレディ(最終モデル)」の

後継モデルとして 発表されました。

 

クリンレディから引き継ぐ「ステンレスキャビネット」は

そのままに、デザインや色遣いを今風にした感じです。

 

「SSシリーズ」のような SUS304(18-8)では

ありませんが、素材の安定供給とコストダウンも視野に入れた

ステンレスです。

 

メイン展示の個体は

アクリル人造大理石トップ&シンク共で、扉は従来通り

クラス1〜5まであり、中間の3。

 

木目調シート張りのモノです。


 

蛇口もお馴染み「グースネック」デザインのものですが

「マットホワイト」という艶消しの塗装品です。

 

クロムメッキの方が馴染が有るのでしょうが

トップ全般が「ホワイト」でまとめるための提案です。

・・・・そういえば、排水溝の蓋も艶消しのホワイトです。

 

 

あと、扉のデザインによって

選べる取手の種類が異なりますので、注意が必要です。

下の写真のような 「ネコアシアンティーク」が選べるようになったのも

クリナップさんとしては新しい試みかなと。

 


 

 

 

☟このステディアは、一般的なI型キッチンで

壁付け、一般対面用の製品です。


フラット対面I型とちがい

奥に水の返し(立ち上がり)が付きます。

 

その代り(?) 手前には返しの為の凸が

無いので 調理中に気を付ける必要はありそうです。

 

因みに、人造大理石トップにステンレスシンクをセットしたのが

上の写真の個体です。

 

我が家も使ってみての感想ですが

「流レ―ルシンク」と「美・コート」のコンビは

使い勝手、手入れのし易さで高得点を出せます。

 

 

 

下の写真は 「SSシリーズ」の後継モデル

「セントロ」です。

 

この展示モデルは

従来のSSのイメージを色濃く残した

印象ですが、ステンレストップを

シャープに見せるため 手前の返しが無く

細~い樋が引き出しとトップの間に潜んでいます。

 


 

従来品と新型キッチンたち

今回のフルモデルチェンジはかなり

都会的なデザインに重点を置いたものです。

 

使い勝手や、掃除のし易さなど一般的な

主婦目線で見た時の評価は分かれると感じます。

 

検討を考える方は

実物をしっかり見て 触って ショールームスタッフに沢山聞いて

最終的な判断をしてください。

 

誤解を避けるために 追記しますが

世間一般では 好評を博しており

受注も順調の様です。

posted by 妹尾 | コメントなし | 設備や建材 | 2018/09/11 - 16:04 |
2018-09-07

 

今年は次々に 自然の力を見せつけられて

今迄 当たり前の生活や経済活動が

いかに有難い事だったのかを思い知らされる

災害が続いています。

 

先日の近畿地方を襲った台風21号の被害で

数社の大手ハウスメーカーにOEM生産で

内部建具やフロア材など を供給する

建材メーカーの工場が浸水し

影響が拡大しているという状況。

 

 

北海道の震度7というすさまじい揺れで

広範囲に渡って被害が出ていますが

インフラ被害や空港などの影響が

構造用合板や、おなじみYKKapの樹脂トリプルガラス

「APW430」の生産と出荷にも

影響が出そうと言うことで

私達も 遠いところの出来事では済まないかも

知れないと感じています。

 

西日本豪雨災害では

やっと 個人宅や店舗の復旧工事が始まり出したところです。

 

とにかく 大工はじめ 職人が不足という

ことで 工期が未定や見えないという

同業者の話しを良く聞きます。

 

 

長らく避難生活や、被災地を離れ

一刻も早く 元の家で生活再建を果たしたいという

被災者の方々の気持ちが解るので

非常に歯がゆい気持ちが強くなります。

 

とは言え、コスミック・ガーデンはあくまで

新築の注文住宅を専門として 手一杯の状況なので

これ以上は受け止められないのですが

なにかと思い通りに進まない現状に悔しい思いです。

 

 

大阪・京都・北海道で

被災された皆様に

心よりお見舞い申し上げます。

 

 

 

 

・・・さて こんな状況の中

消費税10%にアップは実現できるのでしょうか。

してもいいのでしょうか。

 

住宅展示場では 消費税に間に合うようにと

かなり 煽り始めているようです。

 

 

税率アップに伴う負担は結晶安くは無いですが

煽られて 焦らされて よく検討しないまま

失敗に終わるマイホーム造りなら

2%アップしても 納得いく家づくりをした方が

結果 精神的にも経済的にも

安くついたと考えることが出来るようになるかも知れません。

 

なにかと 騒がしい日本国内ですが

一度立ち止まって

ゆっくり考えてみることをお勧めしておきます。

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 雑談 | 2018/09/07 - 18:46 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp