家づくりのウラ・オモテ

2018年11月 の一覧

2018-11-26

倉敷市真備町の被災住宅改修工事も

ボチボチ乍ら進んでいます。

川辺のツーバイフォー住宅は

床合板施工→フローリング張り完了→養生と

なっています。





キッチンはタカラのグランディアW2400を予定しています。



商品は順調に生産出来ているようですが

組立の職人さんの割り振りが難しい様で

納入が先になります。







被災者の方が 入浴されていた「サントピア」も

今月末で 一般の浴場に戻ります。

それまでに何とかと

「LIXIL」のシステムバス「アライズ」を

納めました。



以前は三菱電気温水器だったので

今回は 三菱エコキュート に変更。





料理は出来ませんが 何とかお風呂だけは自宅で

入れるようにしておきました。



設備屋さん、水道業者さんのがんばりの

お蔭です。









もう1件の真備町辻田の在来軸組み外断熱工法のお宅も

やっと職人さんの手配がついて

工事にかかりました。









先ずは、基礎断熱として

スタイロホームを

基礎立ち上がりと床板部分に施工します。









洗面、浴室用に 先行配管をしておきます。







こちらも 川辺のお宅と同じく床下の乾燥目的で

住宅用シリカゲル「フジホームゲル」を

用意しています。





各設備メーカーさんも 「モノ」は有るけど

「人」が居ない。

職人さん不足の深刻さが

浮き彫りになっています。



そうかといって 素性の分からない

腕や気持ちの良し悪しも分からない

人に任せるわけにもいきません。



被災したお客さんに聞いたのですが、

被災者の皆さんのケータイなどに個別に

「工事を請け負いますよ。」

「面倒な書類や手続きもまとめて面倒見ますよ。」

と電話が有るそうです。





番号をどこで調べたのか?

どこのだれかがはっきりしないので

相手にしなかったそうですが

相談する業者や 面倒見てくれる工務店・ハウスメーカーなどが

無い方々はつい乗ってしまうかもしれません。



全てが 怪しい業者とは言いませんが

弱みに付け込んで来る輩も多いので

充分気を付けて下さい。



大手ハウスメーカーさん各社でも

今は数百件単位で被災住宅の改修案件を

抱えているので 当分価格高騰、資材不足、

人員不足が迫ってくると思います。



焦る気持ちは分かりますが

今一度冷静になって 今後の改修や建て替え工事を

考えてみて下さい。

posted by 妹尾 | コメントなし | アフター関連 | 2018/11/26 - 18:06 |
2018-11-24

 

初めて 鳥取県安来市にある 「足立美術館」に足を運んでみました。

 

倉敷ICから約2時間半少々で到着します。


 

平日にお邪魔しましたが 大型観光バスも沢山来ており

乗用車もかなりの台数です。


 

昨年度 64万人の来場者数を数えるだけあって

館内から見える庭園の素晴らしいコト。

 

よく磨かれた 大きなガラス越しの撮影スポットも有りますが

できるだけ 自然光の中で撮影する様にしました。

 

ちなみに、展示品は撮影禁止です。



 

遠くに見える 山々も 背景の一つと捉え

購入、管理されているのは有名な話です。

 

鮮やかな色に染まった 楓の葉を中心に

深まる秋を満喫できます。






 

 

いぶしの和瓦を地面に埋めて

土留め替わりにしたり、軒先の雨のしずくを受け止めたり。

全国の神社仏閣で同じような使い方を見ることが出来ます。

 

 

館内のレストランでは 長蛇の列が出来ていました。

この庭園を眺めながらの食事は格別かと思います。


「借景」として、奥行きのある景色を

屋内に取り込んでいます。



 

「横山大観」を題材にした展示と、「北大路魯山人」と「河井寛次郎」の

作品は 見ごたえがありました。

 

「器」と言うモノに 見識の無い私が見ても

その素晴らしさは 感じ取れます。

 

 

 

せっかく 山陰地方に来たので

出雲大社さんにも参拝しに行きます。

 

年に一度の「神在月」なので

余計に行きたくなりました。

 

昔は よくこの時期に参拝しに行っていたのですが

10年以上ぶりの久々の神在月の参拝です。


 

こちらは本殿ではないのですが、大しめ縄には

現在お金が突き刺さらないように 細かなメッシュを掛けています。

 

以前から気になっていたのですが、やたらとしめ縄に小銭を

投げて刺さったらご利益とか、

鳥居の上に小銭が乗っかると後利益とか。

そう言った参拝方法の神社もいくつかありますが

本来は やってはいけない行為だったのです。

 

よく分かっていない日本人がやるので

外国人観光客がマネをする悪循環も

有ったのではないでしょうか。

 

今は スッキリしていて綺麗です。



大社に到着したのが 遅かったので

ゆっくり参拝は出来ませんでしたが

陽が落ちていい雰囲気です。

 

 

数年前に 表参道前がリニューアルして

飲食店、お土産物屋さんがキレイになって

います。

 

「縁結び」の神様と言う事もあり

女性客の割合が多いのも 特徴の一つかと思います。


 

 

美しい景色と、価値ある作品を鑑賞して

八百万の神々に参拝出来て

スッキリ清々しい気分で帰路につきました。

 

また 仕事がんばろう。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | プライベート | 2018/11/24 - 17:46 |
2018-11-12

 

 

先日、真庭市にある「株式会社 佐田建美」さんに

お邪魔してきました。

 

私はちょうど10年ぶりの訪問となります。

 


 

中国自動車道 北房ジャンクション⇔落合インターチェンジ間走行中に

目立つ社屋です。

 

 

木工製品や家具の設計・製作販売が主力ではありますが

この「組子(くみこ)細工」のすばらしさは

他ではお目に掛かれません。

 

この様な 大作も有れば、住宅の中で

ワンポイントとして使えるサイズのものまで

様ざまです。

 


 

近くによって見ると 職人の技が映えます。

 


 

これから建築される施主さんで

組子細工を採用希望がありますので

改めて佐田建美の佐田社長と話をしに伺った次第です。

 


 

 

 

藤井社長宅にも 佐田建美さんの組子が

ありますので、その細かさや丁寧な仕事ぶりは

知っているつもりです。

 

組子以外にも 造作の家具やアイデア商品を沢山紹介して下さる

佐田社長です。

 

下の写真は 組み合わせ、移動、固定と自由自在な

間仕切り兼収納です。

 

壁面全てを収納にすることもできます。

環境が変わると 移動も簡単に施主さん側で行えます。

 


 

 

LED照明を組み込んだ

木製のテーブル&キッチンです。

 

普段は高めの椅子を使い

テーブルとして。

 


 

必要な時には 引き出す形で

IHクッキングヒーター+シンクが

出てきます。

 

細い木の横格子のように見えますが

光っている部分はアクリルで

木部とツライチで凹凸は有りません。

あくまでフラットな面構成です。

 


 

もう一つ。

ドレッサー(洗面化粧台)のカウンター高さが自在に

上下する作品です。

 


 

 

ちょっと分かりにくいかも知れませんが

リモコンを使って 電動でカウンターが上下します。

 

 

ミラーのデザインやサイズを工夫すれば

かなり実用性がアップする筈です。

 


 

 

他にもご紹介したい 面白い作品や

手の込んだ作りに 息をのむものも有ります。

 

熱く 熱をもって語ってくださる

社長さんに引き込まれ

お昼過ぎにお邪魔したのに

気が付くと 外は真っ暗。

流石に県北

冷え込んできました。

 

 

いつか 建築日誌で組子の施工を

ご紹介できると思いますが、

その時は その精度の高い作品を じっくりと

ご覧いただきたいと思います。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 設備や建材 | 2018/11/12 - 19:41 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp