家づくりのウラ・オモテ

2017-03-16

 

リビングにある 唯一の窓 APW431 大開口スライディング

トリプルガラス仕様 の組立です。

 

私も今回初めて目にしました。

 

従来の樹脂サッシは メーカーが組み上がった状態で

現場に直接搬入する方式ですが、

このタイプは あらかじめ樹脂枠を

建物に組み付けておいて (立ちや傾きを厳しくチェック&微調整)

樹脂スペーサーのトリプルガラスを

貼り付ける方式になります。

 


 

半端ではない 重量のガラスを

「アサヒ装業」の若い職人達が

「ガラス用吸盤」を使用せずに

持ち上げています。・・・・ものすごい腕力と腰の強さだと思います。

 


 

 

樹脂枠には 「超強力」な両面テープが張られており

ガラス取付の直前に剥離紙を剥がします。

 


 

ベテランの黒田氏は吸盤を使います。

 

2度と貼り直しは利かないテープです。

やり直しはほぼ効きません。

 

3人の息と集中力を合わせてセットしていきます。

 

ガラスが入ったら 外部の樹脂カバーを叩き込んで

固定終了です。

 

 


 

 

住み始めて 万一ガラスが割れてしまった場合

ちょっと大げさな事になりそうです。

もちろん費用的にも・・・。

 

大開口スライディングは 半分がFIXのガラスで

スライディングする引戸部分は

すこーし 持ち上がってから引かれる作動方式で

別名 「へーベシーベ」とも言います。

 

1間半のサイズで 2枚建ての普通の引き違いで

トリプルガラスで高さが2.3m位になると

女性や子供、お年寄りでは開け閉めできない重さになってしまします。

 

男性でも 頻繁に開け閉めする気が

失せてしまうと思います。

 

他にも 当社初ではありませんが、高性能樹脂サッシ独自の

形状のものもありますので

おいおい ご紹介します。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2017/03/16 - 20:07 |
お名前
メルアド
コメント
 

Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp