家づくりのウラ・オモテ

2017-10-08

気にされ難いモノですが、実は重要で

やはり、値段は値段だな。   と思うモノの一つに

クロス工事の下地処理に使う

クロスパテ」と呼ばれるものが有ります。



古いお宅のクロス張替などの時

既存の壁紙(大体ビニールクロス)を剥いで行くわけですが

やっすいパテを使っていた場合 クロスの裏側に塗布した

糊との相性や吸収が悪く 裏打ち紙がパテの有る箇所だけ

浮いてしまいます。

 


△クロス張替工事中

 

この浮きが無ければ、薄皮状態の裏打ち紙が有る状態で

新しく張るので クロスとしては若干の厚み増というか

強度が上がるし不陸(壁面のガタガタ)が調整されて見栄えも

良くなるのですが、それが期待できなくなります。

 

また、経年による浮き、剥がれの原因の一つにもなると言うこと

なので、コスミック・ガーデンの工事では

ヤヨイ科学 レベロン」と言う パテを使っています。

※特別に高級なわけではなく まともな一般品です。

 


 

殆どの場合、ハウスメーカーであれ工務店や設計事務所であれ

果てはゼネコンであっても、クロス業者さんに パテの銘柄指定はしないので

㎡(平方メートル)辺り〇〇円で。と言った感じで

工賃を支払うのが殆どです。

 

時には、信じられないくらいの低価格で

ムリクリ発注されることもあり、そんなときには

業者としては 何とか残る金額を確保するために

指定されないものは 徹底的にコストダウンして生き残ります。

 

パテの違いが作業中にすぐに問題発生することは少なく

監督や建築士ではまず判断付きませんし、知らないかもしれません。

 

クロス業者さんや職方達も

後々 自分が入って張替などの作業の可能性が無ければ

そんな製品をためらわず使うと思います。(基準を満たしてないとか

違法な製品では無いからです。)

 

 

住宅価格は 大きな金額ですが コストダウン(レベルダウン・

精度ダウンと言う意味で)する項目は

本当に山ほどあります。

 

しかし、メイドインジャパンと言う事に

限定したとしても、やはり値段は値段。

やすーくて良いモノは無いし、たっかい割には「?」なモノも

溢れています。

 

実際に作業する職人だから解る「違い」。

「副資材」と呼ばれる パテ、ボンド、シート類、粘着テープ、ビスや釘などなど

一つ一つは安いのですが、大量に使い しかも広範囲に影響する

資材は特に吟味が必要です。

 

 

そういったところも 聞いたときにしっかり

応える事の出来る 会社や担当者に

工事を依頼することをお勧めします。

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 未分類 現場にて | 2017/10/08 - 12:47 |
2017-10-05

 

昨日の10月4日 でこのブログが 始まって10年経過しました!

 

2007年のこの日、自己紹介を兼ねて

当時小学3年生の娘と一緒の写真をアップしました。

 

それから 10年。

 

長かったような、あっという間だったような・・・。

 

9歳だった次女は今19歳で 専門学校生に。

長女は成人し、医療の現場で頑張っています。

プライベートでも 仕事を含めた環境でも

この10年は驚くほどの変化が有りました。

 

 

2007年当時、今とは全くと言っていいほど

現場は少ないし、商談中のお客様の多くは無かったと思います。

 

今の 稼働現場数や、お越しくださるお客様や見学会の来場者数など

当時からは想像もつきません。

本当に 有難い状況になっています。

 

 

社長の藤井を先頭に、スタッフみんなが

同じ方向に向いて、一時の儲けや 売る為の誤魔化しやウソを

つくことなく、真面目に、まっとうに仕事してきたから。という自負はあります。

 

 

 

今回のブログで 935回目の更新となりますが

なんとまあ中途半端な数字だこと。。。

 

 

数か月前から意識はしていたので

何とか 10年で 1000回アップを達成したかったのですが

この辺が 自分に甘い 性格が現れたトコだと 反省です。

猛省はしませんが・・・。

 

 

10年前と比較して ブログと言うかこのホームページに関する

環境も変わりました。

 

毎日・週間・月間としての 閲覧数(訪問者数)が

当時とは比べ物にならないくらい増えてくれたこと。

 

ITについて、ずば抜けた知識と技量を持った

スタッフの岡本のお蔭で、当時のホームページからするとかなり垢抜けたと自画自賛。

 

 

 

実は 時期はまだ公表できませんが

このホームページをリニューアルする準備が

水面下で着々と進行中です。

 

OB施主の皆様にも ご協力を仰ぎながら

社外の専門家達と内容を練っています。

 

 

後は、「コンプライアンス」という意識が高まり

何かとやりにくいなと感じる事も増えてきました。

 

 

 

私のブログの内容によって

関係各所や個人の方に迷惑を掛けたり不快な気持ちにさせてしまったりした事も

有りました。(ツイッターやFBでは無いし、セキュリティがかかっているので

「炎上」という状況にはなり難いのです。)

勿論 削除をしたうえで 誠意を持った対処はしている積もりです。

 

 

出来るだけ 感情に流されないように。

理不尽な縛りや出来事が有ったとしても

怒りを露わにし過ぎないように 注意していきます。(・・・いま、できてる?)

 

 

それでも こんなくだらない 独り言のようなブログでも

「楽しみにしてますよ。」

「当分更新できてないですね。」

「あのフレーズ、笑ってしまいました。」

などなど 直接お会いした時に

感想を頂く事も多く、それが励みにもなっています。

 

 

家とは無関係なネタはたくさんあるのですが、

ドンドン 個人的なディープなモノになっていきそうで

控えています。

 

つたない文章しか書けませんが

これからも 引き続きお付き合いの程

よろしくお願い致します。

 

 

また次の10年目を目指して(?)頑張ります。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 雑談 | 2017/10/05 - 17:02 |
2017-10-03

 

ドイツで瓦マイスターの資格も持つ

助っ人に入ってもらい ツイーゲルⅡを理解する

瓦職人さんと共に 限られた時間で

一気に進めながら、今後の改良点や問題点を炙り出して行きます。

 

設計変更をした プロトタイプなので

我が家がある意味 実験台となります。

 


 

 

陶製外壁は 切りモノが多く 粉塵が出るので

仮設の作業場として、テントを張ります。

 


 

集塵機が有ってもこんな感じになります。

 

 

下屋や、庇周りの収まりや細部を再検証。

 

以前のものに比べると製品自体の制度はアップしているので

大きな面での作業スピードは上がります。

 


 

アルミの専用レールを「ガルバリ55」ビスで留め付ける作業も

力任せではレールがゆがんだりしますし、甘いとビス頭が残って

レール内で外壁と干渉し入りにくくなってしまいます。

 


 

助っ人にきてくれた彼も 将来的には 職人さんに教える職人に

なってもらいたいと思います。

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2017/10/03 - 20:22 |
2017-10-02

 

少し前のブログにアップした

解体現場のその後。

 

屋内のゴミ 全てを搬出しました。

家具類を含め 後は普通に解体工事の手順に沿って進めるだけです。

 

 


 

 

水道メーター周りに絡みつく木の根を取ったり。

 

ちょっとキケンな香りのする 浄化槽を壊したり。。。(内容物は汲み取り済みですが

なぜか少々の新しめの残り物があったりして・・・)

 


 

 

ドンドン壊して コンクリートブロックの塊のような

浴室が残りました。

 

在来工法のタイル張り浴室は

大概この様に、ブロックで腰の高さまで

壁を起こし、据え置きもしくは半埋め込みの

浴槽が据えられています。

 


 

産業廃棄物の積込 搬出を繰り返し

後は境界ブロック塀だけです。

 


 

全て撤去後、真砂土を入れて整地して完了です。

 

道路や、近隣住民の方の立ち合いをお願いし

境界確定の測量を行います。

 


 

多くの関係者の承認が必要で

県外や本州以外に居住されている方も

いらっしゃいました。

 

土地の所有権を異動する。

長期に渡って 放置することになると

何かと 大変な作業となることが多くなります。

 

 

とりあえず、土地はキレイに。

権利関係もクリアになると

販売に移ります。

 

今回の私の仕事はここまで。

色々ありますが、飽きませんね。

posted by 妹尾 | コメントなし | 雑談 | 2017/10/02 - 16:03 |
2017-09-30

 

この時期 色んな所から

発表会や展示会のお誘いがあり

そんなネタばかりになってすみませんが

今回は 初めてブログでご紹介する 「スガツネ工業」さんの

展示会です。

 

建築用・家具用のありとあらゆる金物類を

扱う大きな会社さんです。

 

会場は、岡山県南の業界では有名な

「アオキ装業」さんの倉庫を使っての開催です。

 

ここのスタッフさんの中には 通販大手の「Amazon」の

物流にも負けないくらい 部品を見ただけで 何万点もある

在庫の棚から速攻でソレを見つけて持ってきてくれる

凄ーい方がいらっしゃいます。

・・・・ブログには関係ありませんが。。

 

 


 

 

 

 

今回展示されていたのは スガツネ工業さんの取扱商品のごくごく一部ですが

その中から もっと絞り込んでのご紹介。

 

 

スイッチやコンセントのプレートカバーです。

当社最新の標準になる

「パナソニックのコスモシリーズ」には

対応しないものもありますが

様々なデザインと素材でカバーを作っています。

 


 

 

 

こちらは 鉄平石や花崗岩の「石」です。

際立つエッジと少しざらっとする表面が

独特です。

 


 

こちらは、金属や陶器製です。

この手のデザイン商品群はコスモプレート非対応です。

 


 

 

一般的な流れの大きなスイッチ面に

反して少しレトロな操作方法でありながら

非常にシャープなスイッチバーにすることで

モダンデザインに適合するようにしています。

 

プレートもおしゃれでかっこいいのですが

先端が少々鋭く 小さなお子さんや

やんちゃ坊主のいるご家庭では注意が必要かも。。。。

 


 

 

「スガツネ工業」さん今回イチオシの

ソフトクローズ蝶番です。

 


 

重い扉などを ゆっくり閉めたり

ワンタッチで操作感の重さを変えていくことが可能です。

 

 


 

実物を触っても 一般的な量販家具では

使えない 高級な感じと 造りの頑丈さが伝わります。

 

 

皆さんの家の中のあちこちに有ると思われるこの形状の

蝶番ですが、こちらに関しても実はピンキリです。

 

コスミックガーデンは 家具屋でも建具屋でもありませんが

ご要望が有れば、協力業者さんと共に

こういったパーツを使ったオーダー品に対応することは可能です。

 

大きな設備品だけでなく

こんな 目立たないパーツにも注目しています。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 設備や建材 | 2017/09/30 - 21:02 |
2017-09-26

 

先週末になりますが、タカラスタンダードの2017秋のニューモデル発表会に

行って来ました。

 

岡山ショールーム入ってすぐに鎮座する

タカラシステムキッチンのフラッグシップモデル

「レミュー」

 

人造大理石ながら、天然水晶(クオーツ)を主成分とした

高級感と耐久性を実現したワークトップが特徴です。

 

その カップボードも

新しくなり タカラらしくない(失礼)繊細さとすっきり感を

演出出来たユニットになりました。

 


所長自ら 解説頂きました。

 


 

キッチンのワークトップは

「ジュエルシルバー」と呼ばれるクォ―ツストーンです。

 


 

 

おなじみ ホーローの扉も ハイグレードシリーズとして

木調柄と少し「マイカ」の入った高級感のあるモノが

3タイプデビューです。

 


 

手を掛けた時の感触と角度が絶妙でした。

 

 

 

 

 

このIHクッキングヒーター。

普通のモノと何か違うのが分かりますか?

 

 

3口のIH ヒーターですが

奥の排気用ガラリが有りません。

 

 

 


 

 

そうです 「グリルレス」のクッキングヒーターです。

 

 

グリルが無いので、そのスペースは 勿論収納として

活用されます。

 

これの有無は 使う方の好みの問題でしょうね・・・。

 

 

 

男性陣に 人気が有ったカラーがコレ。

深いブルー系の 「グロスダークブルー」というカラーです。

 

 


 

 

シャープなデザインのステンレス取手なので

18-8ステンレスが得意な他社モノ高級キッチンと

見間違う感じです。

 


 

 

 

 

 

システムバスも モデルチェンジです。

 

主な変更箇所としては

洗い場の床材のタイルが従来のものより大きくなり

(300mm角)、モルタル目地が少なくなったところです。

 


 

床タイルは3グレード有り、磁器タイルにインクジェット印刷により

天然大理石の色や模様を再現しています。

 

レギュラークラスのものは、石目調の磁器タイルとなります。

 

 

 


この上下の写真で気づきますか?

 

洗い場の排水溝の蓋が タイル仕様とステンレス仕様が

存在します。

 

 

好みの問題ですが、タイル仕様は、結構重いです。

ステンレス板の上にタイルが乗った状態なので

ずっしり来ます。

 


 

 

それ以外では、バスのドアの通気口が変わりました。

ホワイトかグレーかで、位置が変わります。

 

換気用なので 大きな口では無いのですが

汚れや水垢が溜まり易く

掃除の厄介な個所だっただけに 効果的なチェンジかと思います。

 

 

パッと見 気になった個所だけをピックアップしましたが

気になる方は 是非ショールームに足を運んで

確かめて下さい。

 

地味な印象のニューモデルですが、中身の進化の具合は

近年のタカラスタンダードさんとしては 多くの「いいね!」が

貰えそうな感じです。

 

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 設備や建材 | 2017/09/26 - 20:17 |
2017-09-22

 

 

最近のニュースで、北海道はニセコ近辺の土地価格が上昇中

と言うのが有りました。

 

他の地域でも、バブル期を彷彿させる値上がり傾向が

多数みられる。とのこと。

 

実際、岡山県でも ムラこそありますが

全体的に土地価格は上がって来ているのを実感しています。

 

 

事実 立地の良いマンションは着工と同時と言っていいくらい

早期に「完売御礼」の垂れ幕がでます。

 

たまに、フェイクというか、ハッタリの「完売御礼」を

出すデペロッパーもたまに居ましたが

最近は 投資目的の購入者(外国人の多いらしい)が

触手を伸ばすので マンションの好景気が続いているようです。

 

 

そんな中、住宅用の分譲地(市街化区域)など 価格が上がっている

上、非常に足が早く 半日から1日の判断遅れで

他に手付を打たれてしまうという事が多々あります。

 

そのためにも、すぐにGO!出来るような 心の準備と

資金面(融資も含めて)の準備が必要です。

 

先ずは 概算での資金計画で 自分の状況を把握しておくことが

重要です。

 

 

また、市街化調整区域の開発がどんどん厳しくなり

「農業振興地域」内では 来年度から 今以上の

許認可の厳しさが予想されます。

 

・・・・基本的に 市街化調整区域は 家が建てられないのが大前提なので

本来の姿に戻ったというか、それが当然と言うか・・・。

 

 

 

他には 来年度から 学区外の居住地から

小学校に入学するのは 不可という議会決定が

有った為、そういう意味では人気の学区内の土地は

またまた 価格上昇が予想されます。

 

 

 

土地探し中の方々には、厳しい話になるかも知れませんが

希望の環境(学区・買い物・病院・駅・勤務地など)と広さ、

そして価格と全ての要件をクリアすることは

至難の業となります。

勿論 土地の次には建物と付帯工事などの費用も

必要で 総額がぐんぐん上がってきます。

 

 

ハウスメーカーや大手ビルダーさんは

人気の学区でいいところを地上げから初めて

建築条件付きで販売してきます。

 

ネットや雑誌で閲覧可能な物件だと、言葉は悪いですが「売れ残り」的な感じで。

中々 良いモノが無いのは 当然かと感じます。

 

 

たまに 建物の事を考える前に予算を無視して

欲しい土地を契約してから 当社に相談に来られる方も

いらっしゃいます。

 

もうにっちもさっちも行かない、あくまで「予算内」に

収まる建物を建てるしかない。という状況になります。

 

 

焦って変な物件を掴んでもダメだし。

のんびり 構え過ぎても いつまでたっても土地は手に入りません。

 

 

中立的な立場や意見を言ってくれる信頼できる工務店や

住宅の本当のプロを見つけて

力になってもらう事をお勧めします。

 

まだまだ、土地不足と 価格高騰はしばらく続きそうです。

いつか金利上昇など 何かの原因が発生すると

落ちついて来るとは思いますが。。。

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 雑談 | 2017/09/22 - 17:40 |
2017-09-21

 

 

やっとこさ ここまで進んできました。

新型 陶製外壁 「ツイーゲルⅡ(仮)」が

それなりの大きさの「面」として姿を現しました。

 


 

 

今回 細かいところを微調整して 「型」から変更した

マイナーチェンジ版 です。

 

陶器ならではの 焼成時の歪みもかなり抑え込むことが出来たようです。

 


 

まだまだ 3分の1にも足りていませんが 従来通り

手馴れた 瓦職人さんがコツコツと進めてくれています。

 

 

私の家以降の お客様宅にも 新型陶製外壁 「ツイーゲルⅡ(改)」を

御指名頂いている現場が複数ありますので

助っ人職人さんを近く 我が家の現場に招いて 作業を習得して

貰うようにして 今後に備えていこうと思います。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 施主の立場で | 2017/09/21 - 13:44 |
2017-09-20

 

 

台風18号が来るより前のお話しですが・・・

 

大阪にある クリナップのショールームである

キッチンタウン 大阪」にお邪魔してきました。

 


 

高層ビルの中にありますが かなり広いショールームです。

他にも 東京と名古屋に有るそうです。

 


 

コスミックガーデンからは私を含め4名で参加。

 

他にも同業者の方々や クリナップの社員さん、

商社 マルティックス山陽のみなさんも同行しています。

 

 

 

ココでしか見る事の出来ない製品と言う訳ではないので

ササッと流しますが・・・

 


 

システムバスの天井が 「ヘアライン仕上げのステンレス」。

さすが、クリナップさんと言ったとこでしょうか。

 


 

最近流行りの 天井と壁の接点に スリムなLED照明が付きます。

 

球切れ?時には いったんばらして修理or交換となります。

施主さんが自分で 電球交換と言う訳にはいかないので悪しからず。

 

勿論 費用もかさみますが カッコよさとの引き換えなのですね。

 

 

 

最近発売された、「旧ハイロ」の後継モデル

「ユアシス」の洗い場に腰かける 「トトロ」が1頭・・・。

 


 

 

このモデルの特徴としては 壁面に取り外し可能かつ反転利用可能な

棚板&ステンレスバーが有ることです。

 

取り外して 掃除は簡単。

Sフックを使って 水に触れず ぶら下げておくことが出来るバー。

水平な棚にもなるし、裏かえしにセットすれば斜めになって

ボトル置きや、洗面器置き(水切れが早い)に

変えて使用できるのがメリットとなります。

 


 

 

 

 

 

 

 

続いてシステムキッチンのエリア。

 

これまた、お初にお目にかかるものは無かったのですが

「セリア」や「ダイソー」といった100円ショップで買える

小物を活用しての 収納術を展示していました。

 

 

カップボードの上部引き出し。


 

キッチンのコンテナ引き出しや 一番下のフロアコンテナなど。

 


 

収納するものは それぞれのご家庭によって色々です。

量も場所も 様々なので ひとつの参考にしてもらえば。と言った感じです。

 

 

 

 

 

私が喰いついたのが コレ。

 

クリナップさん最大の特徴 SUS304=18-8ステンレスを採用した「SS」

シリーズの ステンレス天板のカットモデルです。

 

 


 

しかも、その高精度で高品質。 素晴らしいの一言で表現するしかない

その「溶接技術」。

 


 


 

クリナップ社内に溶接の学校を持ち、そこで学び、技術を高めた職人が

「マイスター」と呼ばれ この仕事をします。

 

2010年秋、東日本大震災まえに 福島県いわき市のクリナップの工場で

目の当たりにした この仕上り。

 

金属加工や 溶接が解る方なら その凄さが解って頂けるはず。

コスミックガーデンのお客様には 様々な業界の技術系と呼ばれる方が

多いのも特徴です。

 

この仕事ぶりを見て クリナップのキッチンに決めた。という

施主さんもいらっしゃいました。

 

 

そんな コアでディープである意味マニアックなお客様向けに

これと同じものを 岡山ショールームに導入してほしいと

強く強く クリナップ営業担当さんに申し入れていおきました。

 

 

間違っても クリナップの回し者でもなく、えこひいきもしていませんが

やはり 価格なりのクオリティは有るなと感じた

大阪ショールームの見学でした。

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 設備や建材 | 2017/09/20 - 19:57 |
2017-09-18

 

今回の台風18号、久々に岡山県内でも

緊張が入った気がします。

 

エリア警報メールが バンバン入った日曜日でした。

 

 

平成16年8月末の台風と大潮が重なった時の

県南沿岸の浸水被害が大きかった記憶が強く

今回の18号でも 早々に「避難準備」 や 「避難勧告」が

発令され OB施主さん宅に被害が出ないかと冷や冷やしていました。

 

今日の祝日。

朝から 倉敷市児島の工事中の現場に始まり

児島地区~玉野市宇野~田井地区まで

被害状況の確認に走りました。

 

17日㈰ 昨日の夜 強風とドシャ降りの中

所用で車を走らせましたが、その時の状況が嘘のように

穏やかな瀬戸内海の風景です。

 

 


 

台風直後独特の抜けきった空気感で、香川側のコンビナートや瀬戸大橋が

キレイに見えます。

 

 

防波堤内や水路との接続部分には 流木やゴミなどが

溜まっていて、泥水のような色のところもありましたが

430号から見る瀬戸内海は穏やかでした。

 


 

 

数件のお宅を廻り、飛来物による被害や

水害の無いことを確認していきました。

 

やはり、下水管がオーバーフローに近くなり

トイレが流れにくかったり、建物周囲の桝(マス)の蓋が浮きかけていた。

という報告も頂きました。

 

こういった場合、あらかじめ最終の接続下水枡の蓋を開けておくなどに

対策をしておくことで対処できます。

 

雨水枡の蓋などは 浮いたり外したモノが無くなったりしないように

注意頂く事と、まれに 蓋を外した桝に足を取られ(特に夜)

怪我したりすることもあるので 要注意です。

 

 

玉野市内で 床下浸水があったというご連絡を頂き駆けつけました。

 

今回は 海水では無かったそうですが

山側からの雨水と近隣用水のオーバーで、道路面より約50cm程度

水に浸かったそうです。

 

 

その痕跡が 基礎換気口のステンレスメッシュに見て取れます。

 


 

境界のブロックには 到達した水位を記す跡が見えます。

 

 


 

 

もう少しで 玄関ドアから浸水するところまで来たそうです。

 

床下の点検口から撮影です。

ここにも 基礎立ち上がりに 水位を示すものが・・・・。

 

 


 

当時はベタ基礎ではなく 布基礎で 「スミクール」という

袋詰めの住宅用備長炭を基礎の中一面に敷き詰めていました。

 

市役所から 消毒の為回ってくれると思いますが

同時に 「基礎換気口」から 扇風機などでしっかり送風し続けて

基礎内の湿気を早めに除去してもらいます。

 

スミクール事態も 送風することで

含んだ水分を蒸散させます。

 

近所の排水用ポンプは新設され

住民の期待を負っていたのですが

残念ながら 昨日はうまく作動しなかったようです。

(・・・ポンプ設置場所を通ってみると 業者を含め

大勢の人々が修理&見学? していました。)

 

 

 

今回の18号では 実質的な被害は殆ど無かったようですが

(今回は満潮と強風が重なりましたが、海からの風でなく

山側から海に向かって吹いたそうで、浸水被害が少なかったと言われていました。)

 

天災が少ないと言われる山陽地方 特に岡山でも

これからの 気象変動には 十分な注意が必要だと思います。

 

床上浸水や けが人が出なくて良かったと思う本日の

パトロールでした。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | お客様に関するコト | 2017/09/18 - 17:32 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp