家づくりのウラ・オモテ

2008-02-22

 貼るだけで ホルムアルデヒド の発生源が

 30分でその場で判る!  

 がキャッチフレーズの「柳沢センサー」をご紹介します。

 開発したのは、東京大学大学院の「柳沢 幸雄 教授」で

 販売が「日本リビング㈱」(新日本石油 :エネオスの出資会社)で大変

 信頼の置ける製品だと思います。 

  

 

  学校保健用品推薦品でもあります。

  2年前、新築工事中のお客様から、買うつもりの家具が

  大丈夫なのか調べてほしい。と言うことで、

  家具の専門量販店に出向きました。

  あらかじめ、店長さんに電話で事情説明をしていましたが

  とても、不安がっておられました。

  以前「ガステック」法式(注射器のようなもので、空間の空気を吸い取って

  化学反応した色の位置を目盛りで読むタイプ)

  で同様のテストを建築屋さんにされたらしく、それだと

  近くに置いてある中国製の安価な家具やマット、カーペットなどから出る

  ホルムアルデヒドも吸い込んで しまい、本当のデータは取れません。

  したがって、そのお店の家具全てが悪いように言われたり、

  アトピーや喘息の症状もその家具やお店だけが原因のように言われたり

  して困ったそうです。

  この「柳沢センサー」だと特定の商品の特定の部位だけを

  測定することが出来ます。 たとえば食器棚の戸棚の中や、

  AVボードの裏板、合板のこぐち(切断面)などかなり細かい

  部分をピンポイントで貼り付け、判断できます。

  今回は、「カリモク」の商品で自然塗料を使用したものだったため

  裏板に至るまで問題ありませんでした。

  家具屋の店長さんも初めてみる測定方法に関心し、そしてほっと

  していました。

  何より、アトピーをもつお客様が一番よろこんでおられ、

  安心して新しい家具で新生活をスタートできると安心して

  おられました。

  家具屋さんに乗り込んでいった甲斐がありました。

  「柳沢センサー」に関するホームページアドレスを紹介しますので

  是非詳しく見てくださいね。

  http://www.nipponliving.co.jp/clinic/product-yanagisawa.html

  また、測定依頼も受け付けています。

  結果を数値化する機械は高価なため持っていませんが、

  測定後一緒に色変化を確認して頂ければ十分判断できると

  思います。

 

  専門業者に依頼すると高いそうですが、リーズナブルに測定しますよ。

  コスミック・ガーデンには 私と岡本の2名の資格者

  「シックハウス診断士補」 がおりますので安心してお声がけ

  下さい。

posted by 妹尾 | コメントなし | 未分類 | 2008/02/22 - 16:09 |
2008-02-21

  今週になって、通勤途中と仕事中に 交通事故と

  線路際の火事を目撃してしまいました。

 

 
  

  自宅を出て10分ほどの 倉敷インター付近の交差点で

  ホワイトの「トヨタ・ビッツ」がお腹を出してひっくり返っていました。

  事故の相手はこれまた「トヨタ・ビッツ」のシルバー。

  一体、どうやったらこんな格好になるのか不思議です。

  

  朝の通勤ラッシュ時なので警察官もたくさん来ていて

  交通整理をしていました。

  ドライバーの安否が気になります。

 

  そして、火事ですが 数台の消防車が急に集まった

  かと思うと消火活動に入りました。

  見ると、JR赤穂線の間際で火の手が上がっていました。

  民家の火災ではなく、畑の枯れ草が山火事のように燃えていました。

  

  写真には、おじさんがのんきにあぜ道を歩いていますが、

  近所の住民や県道を通行中の車は騒然としていました。

  火の手前は線路なので電車のダイヤにも影響が出るのでは

  ないかと思います。

 

  事故も火事もないに越したことはないのですが

  どちらも、人間のちょっとした気の緩みや油断が招いてしまう

  ものなのです。

  一瞬で全てを失ってしまう可能性のあることだけに

  私だけでなく皆さんも十分、気を付けましょうね。

posted by 妹尾 | コメントなし | 未分類 | 2008/02/21 - 19:22 |
2008-02-18

  またまた、社長と四国へ行ってきました。

  と言っても、香川県の高松市にある 「アンビエント・ホーム」さんの

  社長さんに会いに行ったのです。(遠い高知県じゃなくて良かった・・・)

 

  弊社と同じく、高気密・高断熱・健康住宅・自然素材をコンセプトに

  家創りは家守りで、地域密着の地場産業であるべき

  と言う、しっかりした技術とこだわりのある会社です。

  

 

  

 

   

 

   お話したのは、社長さんの自宅兼ショウルームです。

   きっちりした仕事をされているな、とわかる各部の仕上げ、

   デザイン。

   薪ストーブの煙突と天体観測のドームが大変興味を

   誘います。

    

   

    どんな話し合いをしたかここでは言えませんが、近い

    将来にともにいい話として皆さんにも発表できるのでは

    ないかと思います。

    

 

    約2時間半にわたり、いい時間を過ごさせていただきました。

    そのまま、まっすぐ瀬戸大橋を渡って帰社しました。

    ・・・と言いたいところですが毎度のことながら

    「与島パーキング」 にてソフトクリームを食べてしまいました。

    寒い海風が吹く中、ソフトを食べているのは

    私たち、二人だけでした。(あったりまえですよね~。でも、おいしかった)

    

 

   最後に 「アンビエントホーム」 さんのホームページにも

   是非アクセスしてみてください。

     http://www.ambienthome.com/

      

 

    

posted by 妹尾 | コメントなし | 未分類 | 2008/02/18 - 18:48 |
2008-02-16

  先日、社長と急に夜、食事をする事になりました。

  何でも、予告もなしに急にお店を閉めることになって、それを

  社長が聞いたのがその2日前だと・・・。

  社長がたまに顔を出す、全国レベルの味を提供してくれるレストラン

  「chez   matsushita」 (シェ 松下)。 

 

   

 

   コースで注文した数々の料理のすばらしさ!

   たま~にはこんな食事もいいですね。

   これらに比べると、普段私が食べているものが

   エサ のように思えてしまいます。

   料理の写真は撮れませんでしたが、グルメな藤井社長も

   ここの料理は絶賛です。

   今後は、いろいろなお店で「食」の総合的なプロデュースをされる

   オーナーシェフの松下氏。

   最高においしかったスウイーツはかなり近いものが

   「サンマルク」で食べることが出来るそうです。

   これは、一度バケツ一杯を食してみたい逸品でした。

   こんな、表現しか出来ない私はビンボー人です。

   2月11日でお店は閉店してしまいましたが、またいつか

   プロデュースしたお店であの味に出会えたらと思います。

    

  そんな、素晴らしいお店の最後のお客になれて

  うれしかったし、誇りにも思います。

posted by 妹尾 | 1件のコメント | 未分類 | 2008/02/16 - 16:36 |
2008-02-13

 お客様のお宅へ向かう途中、こんなモノを見かけました。

  

  

 

 かなり派手にやってますが、相手らしき車や、

 ドライバーの姿は辺りに見当たりません。

 近所に住む、お客様に聞いても、「今朝事故ってずっと

 そのまんまですよ。」 とのこと。

 撮影したのは、午後4時ごろです。多分、6時間以上

 この状態なんだと思いますが・・・。

  

   

  信号のない交差点内に何気なく止まっています。

  いろんな事情はあるかと思いますが、

  この状態で放置されても、ご近所の方々も

  通行する車や歩行者(通学路で小学生が多い)にも

  大変迷惑をかけてるな~。と思います。

 

  年中、車で走り回ってるといろんな光景を

  見ますが、こんな状況はそんなにありません。

  自分自身がこんな事にならぬよう、気をつけて

  運転しようと思います。

 

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 未分類 | 2008/02/13 - 19:14 |
2008-02-12

  愛車のヘッドライト(HID)が片方切れてしまいました。

  普通のハロゲンバルブなら速攻、交換しますが

  今回はHIDなので価格の高さもあって、数日間

  片目で乗っていました。

 

  久々の休日、ライト廻りをばらして交換作業にはいりました。

  

    

 

   

   これが、2本で15000円~20000円くらいする

   バーナーと呼ばれるバルブです。

   「2万ボルトの電圧がかかる為、交換はプロに任せてください。」

   ということらしいのですが、1箇所工賃2100円と聞いて

   自分で交換にチャレンジしました。

  

 

  バーナー交換のために、いろんなパーツをはずす手間は

  かかりましたが、以外に簡単で、ついでに切れてない

  右側も交換しました。

  左側はバッテリー関係をはずし、ライトユニットもはずしましたが、

  右側は、エアークリーナーのみはずしバーナー交換しました。

  6000ケルビンの青白い光線がとってもお気に入りなのでした。

  

   

   通常のハロゲンバルブの4倍以上の寿命を持つ

   HIDですが、滅多にないとは言え交換は手間ですね。

   でも、ひとつ手を入れることでまたちょっと愛着が増した

   気がしました。

   今夜からまたナイトドライブが楽しみ~。

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 未分類 | 2008/02/12 - 18:24 |
2008-02-10

 今日は、O様ご夫妻と内装、照明の打ち合わせをしました。

 久々の、INAXショールーム。

  

  

 

  暖炉周りのタイル、玄関周りのタイルなどを選定して

  いただきました。

  デザイン、質感などにこだわりのあるO様ご夫妻は真剣に

  取り組んで頂きました。

  

  

 

   それにしても、ショールームにお客さんの多いこと。

   お子さん連れが多く、チャイルドコーナーも

   いっぱいです。

   リフォームのお客さんも多いと聞きますが、

   不景気な住宅業界とこのショールームの賑やかな

   イメージがリンクできません。

    ・・・まっ。 照明も決まったし、 打ち合わせは無事に済んだので

   良いんですけどね。

   とにかく、喜んでもらえる家が出来れば・・・。

posted by 妹尾 | コメントなし | 未分類 | 2008/02/10 - 15:25 |
2008-02-08

 先日、OBのお客様より実家の雨漏りを止めてほしいと、

 ご連絡いただき 下見に伺いました。

 行ってみると、長年じわじわと天井裏に水が溜まり、

 その重みに耐えられずに落ちてしまい、穴が開いた

 天井を目撃することとなりました。 

 

 

  

  原因は、屋上(ビルのような陸屋根)の防水層にヒビが入って

  いるのと、外壁面のヒビなどが想定できます。

  雨漏りは以外に漏れている箇所を特定するのが難しく、

  たて、よこ、ななめと雨水が走るため、

  簡単な補修だけで止まる事はそうそうありません。

 

  

 

   今回もいっぺんに全て補修しても、無駄になる箇所があると

   もったいないので、何段階かに分けて工事したいと思います。

   この手の相談事に対して、かなりボッタくった金額を提示する

   業者もあるようです。

   皆さん、気をつけてくださいね。

   また、補修工事に入ることになりましたら

   ご報告します。

posted by 妹尾 | コメントなし | 未分類 | 2008/02/08 - 10:42 |
2008-02-05

  車ネタが続いてすみませんが、協力業者さんの

  愛車を紹介します。

  水道工事でお世話になっている 「中国水道工業」 の

  中村専務さんの GX-100 トヨタ チェイサー 2.0アバンテ です。

  この型式の最終モデルで、エンジンは歴史も長く、

  改良を重ね、VVT-i ヘッドの1G-FE 160馬力の

  直列6気筒です。

   

 

   中村専務は以前にもGX-90 チェイサーに乗っていたのですが、

   ATのトラブルで乗り換えました。

   今度のチェイサーは現在23万キロを走破して、今なおノントラブルで

   絶好調だそうです。

   

  

   近々、車検があるそうですが、あまりの調子良さに

   もう一度車検を受けて、30万キロを目指すそうです。

 

  

   機関部分のメンテナンスはキチンと行って調子の良さを

   維持していますが、こと洗車やワックス掛けに関しては

   車がちょっとかわいそうなくらいです。

   ガソリンスタンドの洗車機以外では、洗われることも無く、

   納車以来ほとんどワックスを掛けたことが無いという

   チェイサーがとってもがんばっているのに、

   御褒美も貰えない子供のように見えてしまい、

   ちょっと、目がうるうるしそうになる私です。

   「これからも、めげずにガンバレ!チェイサー!」

   (私も以前、チェイサーに乗っていた為気持ちが入ってしまう。)

posted by 妹尾 | コメントなし | 未分類 | 2008/02/05 - 20:32 |
2008-02-04

  お客様の O様の趣味の一つ、モデルカーをご紹介します。

  大雑把に言ってしまうと「ミニカー」何ですが、完成したもので

  スケールの大きなもの もあれば、金属製で自分で

  削ったり、磨いたりしながら組み立てていくものとあります。

 

  

   「タメオ」というメーカーの43分の1スケールの「マクラーレンMP4/7A」で

   今は亡きアイルトン・セナが最後に乗ったホンダエンジン搭載車です。

 

   

   O様が製作した、フェラーリF40イムサで18分の1というちょっと大きめの

   スケールでジャンアレジ(後藤久美子の旦那さん)が乗っていました。

   かなり高額なキットを組み込んだモデルで、子供のおもちゃとは

   全然比較になりません。

 

   非常に精密で、緻密な作業が求められる趣味ですが

   子供の頃からあらゆるカテゴリー(お城と帆船以外)のプラモデルを

   作ってきた私としては、見ているだけで 「血がさわぐ」 代物です。

 

   

 

   

  

   実際、この写真撮影時にも、お休みでくつろいでいらっしゃる O様に

   モデルカーたちを出して頂き、しばし興奮気味でシャッターを切り続ける

   オタッキーな私でした。

 

   

 

   

   かなり、手先の器用な O様ですので

   車だけでなく、釣り用のルアーなども製作しています。

   鑑賞はもちろん、販売してもいいようなクオリティを持つ

   この作品たち。

   今後も、少しずつ増えていくことを楽しみにしています。

   またいつか、新作をこのブログでご紹介できると思いますので

   お楽しみに・・・

   

   O様へ軽くプレッシャー・・・。

  

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 未分類 | 2008/02/04 - 12:06 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp