家づくりのウラ・オモテ

2007-12-15

   今回は、倉敷のО様の愛車  「マツダ АZ-1」 を紹介します。

    国産市販車ではもっとも低い車高をもつこの車は、

   ホンダの「ビート」、スズキの「カプチーノ」と共に 「軽4のА・B・C」

   と呼ばれ、バブルの影響もあり、今後日本では二度と現れる事が

   無いだろうといわれているリア駆動の軽スポーツカー3種のうちの1台です。

     

    

   アルトワークスと同じF6А型ターボエンジンを搭載して、FRPのボディパネル

   のおかげで、720キロという軽さで

   重くなりすぎた最新の軽4とは比べ物にならない加速力を示します。

   総生産台数も約4400台と希少価値も高く、十数年たった現在でも、

   80万~130万円前後で取引されています。

    

    

   О様は、この非常に目立つ希少車を毎日の通勤で往復40キロを走ります。

   コンビ二などへ駐車すると高校生などが「かっけ~!」「どこの国の車?」などと

   言ってくるそうです。

   車のトラブルもやはり多いらしく、今年のあの猛暑の中

   エアコンが故障し、ちょっとしか開かない窓から、外気を導入する為

   ペットボトルを改造したエアダクトを自作して耐え忍んだそうです。

   毎年、様々なマイナートラブルを直しながら、大切にされているのですが

   やはり、ご家族のかたからは、金食い虫としてにらまれているようです。

   

   維持費がかかりすぎて、泣く泣く手放してしまうオーナーさんたちも

   多いという「AZー1」。

   この車を前にすると、私もО様も話が止まりません。

   これからも、ずっとずっと・・・できれば住宅ローンが終わるくらい先まで

   乗っていてもらいたいと思います。

   今から、20年前に「初代セリカ2000GT・LB」を手放して後悔している私です。

   

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 未分類 | 2007/12/15 - 20:00 |
2007-12-14

   今年の灯油代の高さには皆さんも参ってることと思います。

   原油価格の高騰によって、灯油、ガソリン、プロパン、都市ガス・・・

   全てのエネルギーの価格が上昇してしまいました。

   

   今回、ご紹介する、「蓄熱式電気暖房器」は価格の割引が使える

   深夜電力を使った暖房機器です。    なんとなく、テレビショッピング的な言い回しで

   すみません。

   

   大きさは、エアコンの室外機程度の大きさで、重さが約90キロ~300キロ

   ぐらいあります。

   実際には、それほど大きなサイズを使う必要は無いと思います。 (部屋の大きさに

   あわせて・・・)

   一般的な木造住宅の場合、床下の構造的な補強を要します。

   仕組みは、写真の通り、中に耐火レンガが入っており、

   夜11時~朝8時まで(中国電力)の割安な深夜電力を使って

   レンガを700℃くらいまで暖めます。

   それを、ファンで暖気として放出します。

   やさしい輻射暖房なので、やけどをしたり、火が出たりしません。

   耐久性も高く、寿命が約20年というのも魅力です。

   電気を使った暖房機で比較しても、

   扇風機のような形をしたハロゲンヒーターだと光熱費が高くなってしまいますし、

   エアコンの暖房だと、風を感じてしまい肌寒さにつながります。

   この「蓄熱式」は高熱を放射するわけではないので、

   北陸より北の高気密・高断熱住宅が当然となっている地域では

   普及していますが、それより以西ではあまり売れていないそうです。

   それだけ、高気密・高断熱住宅が西日本では遅れているんですね。

  

 

   ただし、この暖房器にも欠点はあります。

   一つは、重いこと。   アップライトピアノを置く感覚で補強が必要です。

   二つ目は、移動できないこと。  200ボルトのコンセントが必要な為、重さのこともあり

   夏場片付けることは出来ません。

 

   隙間風だらけの家では期待できませんが、キチンとした

   高気密・高断熱住宅やRCのマンションなどでは、十分に

   暖房コストを下げることが出来ると思います。

   

   気になる方はいつでもご連絡くださいね。

   見積もりしますよ。   ・・・ちょっと営業ッ気を出してしまいました。

 

  

posted by 妹尾 | コメントなし | 未分類 | 2007/12/14 - 19:34 |
2007-12-10

  番外編ということで、断熱施工をして頂いている

  マルフジフォームの社長の愛車を紹介します。

  

  

 

  以前は、ゴルフワゴンに乗っていた社長ですが、

  マイナートラブルの多さと、車検時のパーツ代の高さに

  困っていました。

  社長は中国4県のみならず、かなり遠くまで行って

  仕事をします。  やはり、万一のとき、安全に身を守ってくれ、

  運転の疲れを感じさせないという理由で、今回「ニッサン・フーガ350GT」を

  選択したそうです。

  先日、私も広島までこの「フーガ」に乗せてもらいましたが、

  圧倒的なパワーで山陽道を気持ちよく、スムーズに走れました。

  広島空港手前の上りも、平地と全く変わりなくトルクの太さで駆け上がって行きました。

  

  

  車内の静けさも、セルシオなどと違い、静かななかにもエンジン音を聞かせる

  様なチューニングがされており、引き締まった足回りも、19インチ、35扁平を

  しっかり履きこなしておりフワつかない好ましいものでした。

  

  本当は、仕事でも一人で乗ることが多い為、フェアレディZがほしかった

  社長ですが、大奥様の一声で断念したようです。

  

 

   ・・・タワーパーキングのパレットの幅とフーガの幅が

   ほぼ同じだったため、駐車場の入庫時も出庫時も

   常に、ぐりぐりぐり~とタイヤとパレットのこすれる音を

   聞いてしまいました。

   もちろん、19インチのホイールも傷だらけです。

   もったいない・・・     純正だけどきっと、高いホイールなんだろうな・・・

posted by 妹尾 | コメントなし | 未分類 | 2007/12/10 - 20:33 |
2007-12-07

  ちょっと、広島市に行ってきました。

  NEDО (独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)という難しくて、

  お堅そうな、機関がやっている、

  「住宅・建築物高効率エネルギーシステム導入促進事業」

  という頭が痛くなりそうな講習を受けてきました。

  要するに、省エネに関して、どんな器機や工法を組み合わせて、

  地球環境に負荷を掛けず、高効率なエネルギーの使い方が出来る

  システムを考えて、政府に対して登録、実践できるか?

  というような事です。

  冷暖房機器、給湯機器、サッシのメーカーを巻き込んで、

  コスミック・ガーデンと断熱工事屋さんとで進めている

  プロジェクトなのです。

 

  いずれ、このブログでお知らせできるといいのですが、

  普段の仕事と平行してゴソゴソやっております。

 

  ちなみに、この写真は、その講習会が開かれた広島市内の

  ホテルの一部です。

  

  西洋風にちょっとクラシカルな雰囲気を表現しており、

  岡山では見かけないものでした。

  

 

  もちろん、帰りに、広島駅前のお好み焼きやさんが集合した

  ビルで、お腹いっぱいお好み焼きを食べました。

  帰りの、山陽自動車道で鬼のような睡魔に襲われましたが・・・

posted by 妹尾 | コメントなし | 未分類 | 2007/12/07 - 19:02 |
2007-12-04

  12月1日の夜、メルパルク岡山にて

  恒例の「コスミック・ガーデン」の忘年会が開催されましたので

  ちょっと ご報告を。

  

 

  すでに、10年ほど続いている毎年恒例の忘年会。

  ここ数年はずっと「メルパルク岡山」さんを利用させて頂いてます。

  スタッフの方たちも、流れを熟知しており、準備の段取りが

  非常にスムーズで助かります。

  コスミック・ガーデンの家創りに携わる、取引業者さん、商社さん、職人さん、

  そして金融機関の担当者さんも含め、今年は82名の参加者でスタートしました。

 

  2回にわたるビンゴゲームや500円じゃんけん勝ち抜き大会など、お酒も入って

  大盛り上がりでした。

  数名の初参加の方たちも、和やかで、楽しく、愚痴のない忘年会を見て、

  ちょっと驚きながらも、感心して頂いたようです。 

   

 

   下の写真は「CーBULL」という地鎮祭のテントや引渡し時の

   紅白幕、テープカット品などを用意してくださる会社の川原社長で、

   みんなが驚くくらいの美声を聞かせていました。

   さすがに、毎晩、「田町」や「中央」でホステスさんとブイブイいわせてる人は

   違うな~  と思いました。  ・・・社長、違ってたらごめんなさい。

    

    

   毎年、この会場で、業者さん同士が顔を合わせ、仲良くなって行くことで、

   それぞれにビジネスチャンスがうまれますが、

   一番の収穫は、お互いが顔を知ることで、現場での仕事がスムーズに

   そして、丁寧になることです。

   「次工程はお客様」という言葉があるように、次の人のために、

   丁寧で綺麗な仕事をしておく。・・・・これがお金では買えない成果で

   結果、コスミック・ガーデンの家が良くなり、お客様が得をする

   ということになります。

 

   約2時間半の宴も終わり、皆さん満面の笑みで会場を後にされました。

   早いもので、今年の忘年会も終わり、あと一ヶ月で正月がきます。

   まだまだ仕事は山積みですが、そんなことは忘れて、

   この日は楽しく岡山の街を歩いて

   大工さん、塗装屋さんたちと

   二次会恒例のラーメン屋へ向かいました。   ・・・また太るで・・・

   岡山駅前のイルミネーションツリーが綺麗だったのでアップしました。

   

posted by 妹尾 | 1件のコメント | 未分類 | 2007/12/04 - 19:30 |
2007-12-03

先日、神戸・三宮に取材で行ってきました。私は運転手として・・・。

取材の相手は、以前のコスミック・ガーデンのイメージマークを考案し、

広告などでバックのイメージ画として作品を

使わせて頂いていた、 画家であり、エッセイストの「はせくらみゆき」さんです。

 

氏は現在、宝塚にお住まいで、当日は神戸・三宮の

「神戸国際会館」にて個展を開催されているので、ホームページを作成、プロデュース

して頂いている 赤木さん、藤井社長と共に取材を受けて頂きました。

 
  

 

  約1時間半ほどの取材で、はせくらさんの思う

 コスミック・ガーデンのイメージや建物の感想など多くの

 質問にキチンと答えて下さり、大変中身の濃い内容だったように思います。

  

 また、多少スピリチュアル的なお話も含まれている為、

 これを赤木さんがどの様にホームページ上にまとめて頂けるのかも

 楽しみです。

 

  私は、はせくらさんとお会いするのは、初めてですし、

  あれだけ一度に作品をたくさん拝見するのも初めてなので

  ちょっと感動しました。

  たくさんの作品の中から、第一印象で気になったものはその時の

  自分に関係し影響のあるものを選択してしまうそうです。

  ちなみに、当日私が選んだ作品は「内分泌」と「神経」に関するものでした。

  ・・・それって どうなんでしょう?

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 未分類 | 2007/12/03 - 19:39 |
2007-11-29

  漆喰について専門家と打ち合わせをする為に、高知県高知市にある

  「田中石灰工業株式会社」へ行ってきました。

  

  技術的に大変詳しい  石灰部営業次長 田中氏と

  藤井社長が漆喰(しっくい)のもとである石灰について

  いろいろ面白い話をしており、私も大変勉強になりました。

  藤井社長は、貝殻も石灰の一種である(炭酸カルシウム)で出来ているのに、

  熱や高温を加えていないのになぜあのような貝殻が自然界で出来るのか?

  を田中氏に尋ねました。

  氏は、大学時代の研究で上記の内容を調べておられたらしいのですが、

  最終的には、答えは見つからなかったとの事。

  土佐しっくいと普通のしっくいの科学的な違い、施工上の特性の違いなど、

  話は多方面にわたり盛り上がりました。

  田中氏も当初、建築屋の社長なので細かく解説しながらお話して

  下さったのですが、途中で藤井社長が物理屋というのが分かり、

  専門用語や科学・物理用語連発で、すごいスピードで話が進み、

  今後も両社で協力していいものを創っていきましょう。・・・ということで

  まとまりました。

  石灰を製造、販売している会社は他にも多数ありますが

  田中石灰工業さんは、先進的で、様々な実験による多くの

  ノウハウを持ち、弊社のような一工務店の言うことに真摯に対応してくださる

  柔軟な会社という印象を持ちました。

 

  ちなみに、高知県の東部では、雨が多く二日で1000ミリの雨が降ったり、

  南国らしく、紫外線の強さ、早朝と昼間の温度差の激しさ、台風時には

  跳ね返った雨で360度の方向から濡れる為、防水施工の大変さなど

  岡山の家創りでは考えられない 気候条件の違いを知り大変驚きました。

  今後、温暖化により、中国地方でも、高知県並みに暴風雨対策を

  取らなければならないようなことになるかも・・・と思いました。

  

  せっかく、高知に来たので、田中石灰工業さんより車で10分くらいの

  桂浜によってみようと、近くまで走りました。

  ところが、桂浜を眺めるだけのために、駐車料金が400円するということで

  あきらめました。(どうせ、20分くらいしか居られないし)

  天気も御覧のようにイマイチでしたし、その料金払うくらいなら

  ソフトクリームを二つ買ったほうがいい!  という、社長の意見に従い

  桂浜を後にしました。

  

posted by 妹尾 | コメントなし | 未分類 | 2007/11/29 - 17:09 |
2007-11-27

  今回はいつも御世話になっている、輸入ステンドグラスと家具、照明器具などを

  扱っている「ポートベロ」さんをご紹介したいと思います。

  先代オーナーの頃より、私たちコスミック・ガーデンは

  大変御世話になり、様々なステンドグラスの加工や修理を

  御願いし、多くのお客様宅に取り付けさせて頂きました。

 

  

 

  現在は、先代オーナーの娘さん夫婦がお母様や

  若くてセンスのいいスタッフの方たちと頑張っています。

   娘さんは、偶然にも私と出身大学が同じでした。

  まだ、お若いので、同じ4年間で時期がかぶったことは無いくらい

  世代は違いますが・・・。

 

  

  イギリスの築100年以上の古い建物を解体したときなどに

  調達する「本物のステンドグラス」です。

  多種多様なデザイン、色使い、ガラスの使い方など見ていて

  飽きませんし、楽しい物です。

  今、国内ではほとんど入手困難なガラスの話や、「金」を使って

  出す「赤色」は値段が高いし価値もある・・・なんて話を聞きながら

  コーヒーを頂きながら、ゆっくりとした時間を過ごすのも

  お洒落かな   と思います。

  ・・・はっきり言って、私には全然似合いませんが。

 

 

  ステンドグラスだけでなく、色々なアンティークがありますので、

  興味のある方は、何か掘り出しものを見つける感覚で

  是非一度、のぞいてみてください。

 

       岡山市山崎164-1   アンティークハウス 「ポート・ベロ」

         ℡ 086-277-1544   Fax 086-276-7590

         URL  http//www.portbelo.com/

 

posted by 妹尾 | コメントなし | 未分類 | 2007/11/27 - 19:49 |
2007-11-24

  大変さわやかな晩秋の晴れた土曜日。

  紅葉狩りや行楽地に向かう家族連れ・カップルなど 

  車の列。

  その中に、愛車を車検に出した為、代車のトヨタ 

   コルサ セダンに乗り、CDプレーヤーからは

  「桂 米朝  落語集」が流れ、一人車内で馬鹿笑いしている 男が一人。

  それが私です・・・

   

  この日は、今社内で行っている、ある建築材料の実験に使う

  「水」をもとめ、 小田郡矢掛町へ向かっていました。

  その「水」とは「井戸水」。

  詳しくは、言えませんが 井戸水が急遽必要になり、

  私の父方の実家がある 矢掛町にいきました。

  

   

 

   県北の紅葉にはとてもかないませんが、

   矢掛の山々もいい雰囲気でしたよ。

   今年はいつまでも暑く、急に冷え込んだりして、山の木々たちも

   戸惑っていることでしょう。

   すごく、短い秋だったため、真っ赤に染まる風景を楽しむことも

   できなかったのですが、この日みた矢掛の山はとても

   感動的に私の目に入ってきたので

   ちょっと、お伝えしてみました。

posted by 妹尾 | コメントなし | 未分類 | 2007/11/24 - 15:59 |
2007-11-21

  

  私のお客様の中には、私と同じく大変車好きな方が何人もいらっしゃいます。

  その中から、今回は、Y様の愛車をご紹介したいと思います。

    

 

  

    初代ユーノス・ロードスター(NA型)

   1600ccのB6-CEエンジン搭載の初期型です。

   Y様は屋根をハードトップにしていますが、これもわざわざ

   「ブラック」に塗装して装着しています。

   タイヤとホイールもよく吟味され絶妙な踏ん張り具合で

   セクシーな後姿を演出しています。

   ホワイトボディは常にピカピカで、水垢でシマウマになるなんてことは

   ありません。

   車高とマフラーの形状、音量ともに私の好みに近く、

   お客様の車でありながら、個人的に大変気に入っています。

 

   こんなスポーツカーでお子様を保育園や小学校へ

   送迎されている、かっこいいお父さんでもあるY様には

   これからもずっと永く、ロードスターを乗って頂きたいと思います。

 

   ・・・・家創りとは全く関係ありませんが、できればシリーズ化したいと

   企んでいる 「お客様の愛車」 でした。 

posted by 妹尾 | コメントなし | 未分類 | 2007/11/21 - 20:27 |
Category
Monthly
Recent Comments
Miscellaneous
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp