家づくりスペック

家づくりスペックTOP > コスミックの住宅スペック > 建物構造
2013-03-07

人の生命を自然(地震・台風etc)から守るためには、
堅牢でありながら柔軟性をも併せ持つ構造が必要です。
震度7強でも損壊しない強度は当然だと思います。
当社では、以下の2つの工法を主にしています。
状況によって制震装置、免震装置を付加することもあります。

2×4(ツーバイフォー)工法

「2×4」とは住宅を建てる工法の名前です。

ルーツは19世紀の北米で2インチ×4インチの木材が多く使われていたため、
2×4(ツーバイフォーと呼ばれるようになりました。)
2×4工法=(耐震+制震)工法
2×4(ツーバイフォー)工法は日本での正式名称を「枠組壁工法」というように、
建物全体を一つの空間とし、床、壁、屋根を面として作られ、六面体の箱構成するモノコック構造※です。
※モノコック構造とは、外殻で空間を造る構造です。

外力から内部を剛性のみで守るのではなく、外殻が少しひずみ、
元に戻ることによって、外力を分散消滅させてしまいます。
スペースシャトルや新幹線、大型船舶、F1(フォーミュラワン)にも採用される構造のため、
木造でありながら優れた構造強度を誇ります。
そのため、1995年の阪神淡路大震災においても被災地の2×4住宅のうち、
96.8%が補修をしなくても居住可能な状態であることが分かりました。
このように、外部から加わる様々な圧力(地震による大きな揺れや台風など)
に耐えられる強度を持ち、その構造上の特性から気密性に富み、断熱性能に優れているといえます。

ワンポイント
枠組壁工法は、下から順に組み上げていく工法です。
そのため建物の精度は下の構造体に影響されます。
例えば、基礎の水平が狂っていればそれ以降の全ての床はその通りの傾いてしまいます。
平面的な直角や寸法がおかしければ歪んだ建物に、
壁パネルが傾いたり波打ったりしていたらその通り壁が仕上がってしまいます。
精度の良いしっかりした建物を作るためには、
1つ1つの工程において十分チェックしていくことが重要です。

コスミック・ガーデンでは大工工事は一括工事形態で行っています。

建て方作業
通常2×4工法の建方工事は『フレーマー』と呼ばれる建方専門(構造専門)の大工さんに発注し、
造作工事(内部大工工事)は別の大工さんに発注する形態が多く行われています。
しかし、大工工事を分けることで、建て方の時点で造作工事時の細かい納まりを考えた工事ができず、
造作での細かい納まりや逃げ・遊びまで気配りが届かず(解っておらず)
無責任にやってしまうことになりやすい為、造作工事の際にやり替えたり、うまく納まらないこととなります。
コスミック・ガーデンでは建方から造作まで一貫して同じ大工さんに工事してもらうことにより、
建物の品質向上等に努めています。これは建物の出来映えを左右する重要なポイントです。

細部の補強も重要です。

台風などの大きな風が吹いた場合、その風は建物の外壁に当り、
軒先へまた小屋裏へと吹き上がっていきます 。
そして強い力が加わることにより、建物の屋根は持ち上がろうとして接合部が破損、
さらには屋根ごと飛ばされる可能性もあります。
このようなことからコスミック・ガーデンでは、
屋根の垂木と外壁とを繋ぐ「あおり止め金具」を、
通常(住宅金融公庫の基準)の約2倍の数を使用しています。
●あおり止め金物施工例

ポスト&ビーム工法

断面の大きい集成材の柱、梁を特殊な金属接合材で緊結し、
構造用合板を用いてモノコック構造とする工法です。

下記の様な特徴、長所があります。
  • ・金属接合材はH型鋼、T型鋼等から製造されているため、他の金属接合材に比べて強度的に優れています
  • ・金属接合材は溶融亜鉛メッキ処理されているため、通常の使用では100年以上錆びが発生することがありません。
  • ・木造の弱点である接合部を完全に金属で緊結するので強度に優れた木造建築物を造ることが出来ます。
  • ・強度に優れた集成材を用いることで狂いのない大空間を造ることが出来ます。
  • ・軸組とモノコックを複合させたハイブリット構造であるため、耐震、耐風圧性能に優れています。

posted by コスミックガーデン | 2013/03/07 - 14:50 |
All Entry
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp