家づくりスペック

家づくりスペックTOP > メルマガバックナンバー > 実践編 > vol.57 住宅の気密(6)窓ガラスの詳しい話
2011-03-02

こんにちは。コスミック・ガーデンの藤井です。

今回は、窓ガラスの詳しい話です。

前回、省エネルギー住宅において、窓ガラスは最低でもペアガラスにすべきだと説明しました。

それは、シングルガラスよりも、間に空気層を設けたペアガラスの方が断熱性能が高いからです。

ペアガラス以上に断熱性能を高くするには、トリプルガラスにする方法があります。

ただし、トリプルガラスにすると窓が重くなり、窓を開閉するのに力が必要で重く感じます。

ペアガラスのままで断熱性能を高くする方法としては、ガラスに特殊なコーティングをしたものを
使用する方法があります。

このコーティングは、断熱性能だけでなく、遮熱性能も高めます。このコーティングをしたガラスを
LOW-Eガラスと言います。

このLOW-Eガラスの遮熱性能をさらに高くしたものを、高遮熱LOW-Eガラスと言います。

これらのガラスを住宅の窓の方位による日射等の状況を考慮して配置することで住宅の
省エネルギー性能を効率よく高くすることができます。

また、その他窓の断熱性能を高める方法としては、ペアガラスまたは、トリプルガラスの空気層の
空気の代わりに、空気よりも断熱性能の高い、アルゴンガスを入れる方法があります。


「家はあなたとあなたの家族の尊い命と輝く未来が係っています。ですから家創りには真剣にそして慎重に取り組んで下さい。」

では次回もよろしくお願いします。ありがとうございました。

posted by コスミックガーデン | 2011/03/02 - 18:25 |
All Entry
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp