家づくりスペック

家づくりスペックTOP > メルマガバックナンバー > トピックス編 > vol.87 WIB工法
2011-08-05

こんにちは。コスミック・ガーデンの藤井です。

WIB工法は、岡山大学名誉教授、竹宮宏和先生の開発された工法で、
建物の免震、地盤の補強、そして地盤の液状化対策に有効な、優れた工法です。

新築住宅にこの工法を用いる場合は、建物直下の敷地(建物の投影面積)に
柱状改良杭を深さ約2mの長さでハニカム状(六角形の蜂の巣状)に施工し、
堅いハニカム構造の地盤を形成し、その上に転圧(押し固める)した
約1mの厚さの盛土をして、その上に住宅のベタ基礎を形成します。

敷地が軟弱地盤の場合には、ハニカムを形成する柱状改良杭の中から、
数本の長さを延長して施工することで対応できます。

この工法の優れたところは、免震と地盤補強、
それに液状化対策を一つの工法で行うことが出来る事です。
ですから、施工コストも三つの要素を個別に施工するよりは大幅にダウンします。

この工法の核になるのがハニカム構造体です。
この構造体が構造体上の盛土(免震層)と構造体内部の制振層で地震振動を減衰させます。

また、周りの低周波振動(車の通行による振動等)も1/2~1/5まで減振させます。
そして、液状化に対しても、強固なハニカム構造体で地盤を拘束し、間隙水圧を下げて液状化を防止します。

さらに、強固なハニカムの版状構造が住宅の不同沈下も防止します。
このような優れた工法も選択肢の中に入れて住宅の建築を考えることをお薦めします。

――家はあなたとあなたの家族の尊い命と輝く未来が係っています。
――ですから家創りには真剣にそして慎重に取り組んで下さい。

では次回もよろしくお願いします。ありがとうございました。

posted by コスミックガーデン | 2011/08/05 - 17:00 |
All Entry
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp