家づくりスペック

家づくりスペックTOP > メルマガバックナンバー > 実践編 > vol.15 周辺の人の意見によって当初の考えが変化してしまうケース
2011-03-02

こんにちは。コスミック・ガーデンの藤井です。

前回は目に見えることに注意が向いてしまい当初の目的が変わってしまうことについて書きました。

今回は住宅を建築する本人の父母等、周辺の人の意見によって当初の考えが変化してしまうケースです。

あるお客様が、当初地震に強く高気密高断熱で居心地よく、アトピー、アレルギーにも配慮した住宅を建築したいという考えで、打ち合わせを行ったところ、ほぼ間取りが決定した段階になってお父様とお母様から「大きな吹き抜けがある方が良い。」「南に天窓を取り付けて部屋を明るく」等々の意見が出てきました。

お客様もそちらの方に意識が向いてしまい、「大きな吹き抜けは、建物の構造が弱くなります。」「南面の天窓は日射量が大きく部屋が暑くなりますよ。」等の話しをしても、聞き入れていただけません。

確かに、周辺の方の意見も参考にすべきものもあります。特に両親からの経験に基づく意見だと尚更です。

しかし、数十年前に建築した住宅の技術と「長期優良住宅促進法」レベルで建築した住宅の技術では大きな違いがあり以前の経験が役立たないことも多々あります。

周辺の方の意見も尊重すべきだと思いますが、その方が住宅に関して、特に現状の住宅に関してプロと呼べるほどの知識と情報を持っている方であれば進んで意見を聞くべきでしょう。

しかし、そうでない場合は、周辺の方の意見に」左右されないで、住宅を建築する当初の目的をしっかりと持って、自分自身のフットワークと目で情報を収集して考えがぶれないようにして下さい。

また周辺の方は、単に住宅の坪単価を聞いて安いとか高いとか意見を言われますが、住宅の価格を比べるのであれば細部に至るまで材料と品質そして性能を同じにした上で比べて下さい。

あくまでもその住宅に住むのはあなたです。周辺の雑音にはくれぐれもまどわされないようにして下さい。


「家はあなたとあなたの家族の尊い命と輝く未来が係っています。ですから家創りには真剣にそして慎重に取り組んで下さい。」

では次回もよろしくお願いします。ありがとうございました。

posted by コスミックガーデン | 2011/03/02 - 16:31 |
All Entry
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp