家づくりスペック

家づくりスペックTOP > コスミックの住宅スペック > 電気工事
2007-09-11

電気配線も漏電等を防ぐには、より確実で丁寧な施工をする必要があります。
当社は以下の様な施工を行なっています。

配線工事


電気の配線工事に於いて、電線の接合部分をビニールテープ巻きで行っている場合、
ビニールテープがほどけたり、劣化して埃 が銅線部分に付着して発火する恐れがあるため、
当社では、ジョイント部分は全てコネクター(プラスチックの接続ボックス)を使用し、
埃の溜まりやすい天井部分に関しては、ビニール製のカバーを取り付けて保護します。
また、断熱材(ウレタンフォーム)を外壁面の壁や天井面に現場発泡する場合、
電気配線がウレタンフォームに埋まることが多く、
コンセント用配線に発生する熱を逃がすために保護管(CD管)を使用し配線しています。
保護管は、熱を逃がすだけではなく、施工上、電線を釘などから保護したり、
後から配線が出来るように、先行配管としても使用しております。

posted by コスミックガーデン | 2007/09/11 - 10:41 |
All Entry
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp