家づくりスペック

家づくりスペックTOP > メルマガバックナンバー > 実践編 > vol.28 住宅の防蟻、防腐施工に関して
2011-03-02

こんにちは。コスミック・ガーデンの藤井です。

今回は、住宅の防蟻、防腐施工に関してです。

一般的な防蟻、防腐施工は下記の通りです。

1)住宅が建築される範囲の基礎下の土壌への薬剤散布。

2)床下の木材(土台・根太・大引・etc)に薬剤を加圧注入した材料を使用する。または、その部分に現場で薬剤を塗布する。

3)床から1mの高さまでの構造用木材に薬剤を塗布する。

土壌へ散布した薬剤の効力は5年程度なので、防蟻効果を維持するには、5年毎の薬剤施工が必要です。

白蟻は湿気がなく乾燥していれば、大丈夫だと考えられていますが、白蟻は蟻道を作り、そこを通して水分を運ぶことが出来るので、必ずしも乾燥していれば大丈夫だとは言えません。

また、近年は、乾燥した木材を食べて繁殖する「アメリカ乾材白蟻」が、輸入家具等に付いて日本に入ってきました。

この白蟻は、土壌から建物の基礎を通って建物の木材へ到達するのではなく、飛来してきて屋根の下地や軒下からでも建物の木材へ到達するので、土壌の薬剤処理だけでは防ぐことが出来ません。

この白蟻に対処するには、家の全体、または要所、要所を薬剤処理する必要があります。

ただし、現在日本で一般的に使用されている薬剤は、有機化学系のもので、臭いも強く、人に対する毒性もあるので、家全体に塗布するには適していません。

家全体に塗布するのであれば、世界で主流となっている、無機のホウ酸が主成分の薬剤をお奨めします。

ホウ酸は、ゴキブリと同種である白蟻には、大きな効力を発揮しますが、人間に対しては毒性が非常に弱く安全です。

また、ホウ酸は、細菌やカビの繁殖も抑制するので、木材の防腐効果もあります。

防蟻、防腐は、建築基準法では義務付けられてはいませんが、住宅の寿命を長くするためには、欠くことのできないことです。


「家はあなたとあなたの家族の尊い命と輝く未来が係っています。ですから家創りには真剣にそして慎重に取り組んで下さい。」

では次回もよろしくお願いします。ありがとうございました。

posted by コスミックガーデン | 2011/03/02 - 16:55 |
All Entry
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp