家づくりスペック

家づくりスペックTOP > メルマガバックナンバー > 実践編 > vol.16 施工費及諸経費に関して
2011-03-02

こんにちは。コスミック・ガーデンの藤井です。

今回は住宅を建築する際に必要となる建物本体以外の施工費及諸経費に関してです。

新築をすると、建物本体以外にも多額な金銭が必要になります。その金額を考慮しないで資金計画をすると後で大変なことになります。ですから、どれだけの金銭が本体以外に必要となるのか、よく知っておいて下さい。

ここでは建築する土地はすでに取得済で造成も完成しており、水道も建築敷地内に設置済であり電気も前面の道路の電柱から引込み可能な状況であるとします。

まず最初は、敷地の地盤が軟弱な場合に必要となる地盤補強工事費です。地盤の軟弱さの度合いによって補強の方法が異なり、その施工費も、大きく違ってきます。

一般的に、床面積30坪から40坪程度のほぼ総二階の住宅であれば、地盤の軟弱さの違いにより、補強工事費は約50万円から200万円程度必要となります。

地盤補強工事は、建物本体以外に必要となる工事としては、一番大切であり、費用も大きいので特に要注意です。

また、同程度の大きさの家で同じ敷地であるにもかかわらず、住宅会社によって、地盤補強費に大きな違いがある場合があります。

その場合にはどの様な地盤補強を施工するのか、もし同じ補強方法であり、そして、それが柱状改良工事又は鋼管杭打ち工事であれば、柱状改良工事の杭の直径はいくらなのか、鋼管杭の直径はいくらなのか、そして、その長さはいくらなのか、本数は何本なのかを、比べた上で安い高いを判断して下さい。

単に金額のみでの比較は無意味です。


「家はあなたとあなたの家族の尊い命と輝く未来が係っています。ですから家創りには真剣にそして慎重に取り組んで下さい。」

では次回もよろしくお願いします。ありがとうございました。

posted by コスミックガーデン | 2011/03/02 - 16:33 |
All Entry
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp