家づくりスペック

家づくりスペックTOP > メルマガバックナンバー > 実践編 > vol.34 住宅の構造について(4)鉄骨構造の長所と短所
2011-03-02

こんにちは。コスミック・ガーデンの藤井です。

今回は鉄骨構造の長所と短所です。

長所

◎寸法の小さな(体積が小さい)材料でも強度が十分に確保できる。

◎鉄の特性から、柱と梁等の接合部位の強度を確保することが容易である。

◎鉄骨材の品質(強度等)を特定でき、且つ、製品精度が高いので、構造の強度を正確に計算できる。

◎白蟻の食害を受けにくい。
短所

◎錆びる。(重量鉄骨造は最初から1年にどの程度錆びるのかを計算した上で、耐用年数に見合うだけの厚みのある鉄骨を使用している。)

軽量鉄骨造りの鉄骨はメッキ及び塗装をすることで錆るのを防いでいる。(ただし、水分が鉄骨に付着すると錆が促進されるので要注意)

◎熱伝導率が高いので、建物の断熱に工夫が必要となる。

◎火災に弱いので耐火被膜等で鉄骨を火から守る必要がある。(高温になった鉄は、強度が極端に低下する。)

◎建築現場での加工が難しい。

※鉄骨は熱を伝え易いため、外気の影響を受けやすく、特に冬季に鉄骨が冷却されると条件により、鉄骨表面に結露が発生し、鉄骨の錆の原因となる。


「家はあなたとあなたの家族の尊い命と輝く未来が係っています。ですから家創りには真剣にそして慎重に取り組んで下さい。」

では次回もよろしくお願いします。ありがとうございました。

posted by コスミックガーデン | 2011/03/02 - 17:09 |
All Entry
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp