家づくりスペック

家づくりスペックTOP > メルマガバックナンバー > トピックス編 > vol.111 真のゼロエネルギー住宅 (6)
2012-09-21

こんにちは。コスミック・ガーデンの藤井です。

前回のメルマガで、真のゼロエネルギー住宅にするためには、太陽電池だけでなく暖房及び給湯に要するエネルギー約3900kwを太陽光で補う必要があると書きました。



ここで実際に太陽光で補えるかどうかの検討をします。岡山地域での太陽光のエネルギーは年間を通じて一番太陽光のエネルギーが少ない2月に於いて、真南に向けた水平からの角度30°の一平方メートルの面積に受けるエネルギーは、一日平均(晴天の日、曇りの日、雨等の日を含めて)3.7kwです。



暖房を必要とする期間を5カ月(11月中旬から4月中旬まで)150日として、この一平方メートルで受けるエネルギーは

3.7kw×150日=555kw  となります。

このエネルギーのうち有効に使用できる割合を60%とすると、一平方メートル当たり

555kw×0.6=333kw  となります。
このエネルギーで前出の3900kwを補うのに必要な受光面積は

3900kw÷333=11.71平米 となり、約12平米となります。
この概算から、12平米の受光面積があれば3900kwを補うことが出来るという結果となりました。

窓及び屋根面を利用すれば12平米は確保することが可能な面積です。
窓及び屋根を有効に利用するシステムを創ることが真のゼロエネルギー住宅を完成させる一つの方策と言えるでしょう。
――家はあなたとあなたの家族の尊い命と輝く未来が係っています。

――ですから家創りには真剣にそして慎重に取り組んで下さい。



では次回もよろしくお願いします。ありがとうございました。

posted by コスミックガーデン | 2012/09/21 - 11:45 |
All Entry
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp