家づくりスペック

家づくりスペックTOP > メルマガバックナンバー > トピックス編 > vol.119 床暖房
2013-01-31

こんにちは。コスミック・ガーデンの藤井です。

今回は床暖房についてです。

床暖房は、新築住宅において憧れの様に思われていますが、ヨーヨッパ等ではあまり施工されてはいないようです。

 

日本では床暖房と言えば、床の温度は手で触れると暖かく感じるほど高く設定されています。手で触れて暖かいという事は、体温よりも高いのですから、少なくとも30℃以上だと推定できます。

 

この肌に直接触れる床の温度は人の健康を大きく左右します。

人の体を構成するたんぱく質は40℃を超える温度で変質していきます。

44℃に6~10時間接していると低温火傷を生じるほどです。

ここまで高温でなくても健康を左右します。

北欧では、床暖房の床の温度を29℃以下にする様に法で制限している国もあるそうです。

 

先日、私が聞いた話では、床暖房で足元が温められて上半身は低い温度の状態だと、足は夏の状態、上半身は冬の状態となり、体調のバランスがとれなくなり、自律神経失調症の状態になることもあるそうです。

 

床暖房をするのであれば、出来るだけ床の温度を低く設定することが健康を害さないことを知った上で使用することをお勧めします。

 

――家はあなたとあなたの家族の尊い命と輝く未来が係っています。

――ですから家創りには真剣にそして慎重に取り組んで下さい。

 

では次回もよろしくお願いします。ありがとうございました。

posted by コスミックガーデン | 2013/01/31 - 13:38 |
All Entry
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp