家づくりスペック

家づくりスペックTOP > メルマガバックナンバー > トピックス編 > vol.122 換気と気密
2013-04-26

こんにちは。コスミック・ガーデンの藤井です。

 

最近の住宅の広告で「大気汚染物質PM2.5を98%除去、花粉を99.8%除去する24時間換気。」との表記を見たのですが、それは、特殊なフィルターを外気が通過した時に得られる数値で、非常に優秀なフィルターだと思います。

 

ただし、住宅全体の換気を考えるときには、建物自体の気密性能が大きく影響します。

それは、いくら優秀なフィルターを、外気の室内への導入口に設けても、住宅の気密性能が悪いと、導入口からフィルターを通過して清浄化されて室内へ入って来る外気よりも、住宅の隙間から侵入して来る清浄化されていない外気の方が多くなるからです。

 

例えば、C値1.0cm2/m2という、かなり気密性能の高い住宅でも、外気導入口から入って来る外気は60%で住宅の隙間から侵入して来る外気が40%もあるからです。

コスミックガーデンのC値0.6cm2/m2の住宅でも外気導入口から入って来る外気は80%で住宅の隙間からの外気の侵入が20%程度はあると思われます。

 

日本の住宅は、まだまだ気密性能は低くC値が2.0cm2/m2以上の住宅が大半だと思われます。C値が2.0cm2/m2でも性能は高い方だと思われますが、C値2.0cm2/m2だと80%は住宅の隙間から外気が侵入している可能性があり、この程度の住宅に高性能なフィルターを設置しても、あまり効果が得られない可能性があります。

 

また高性能なフィルターほど目が細かく埃等で知らないうちに、目詰まりをおこしている可能性が高く、目詰まりすればより多くの外気が隙間から侵入するためフィルターの効果はより低下するでしょう。

高性能なフィルターほど1カ月1回程度のメンテナンス.が必要だと考えられます。

 

――家はあなたとあなたの家族の尊い命と輝く未来が係っています。

――ですから家創りには真剣にそして慎重に取り組んで下さい。
では次回もよろしくお願いします。ありがとうございました。

posted by コスミックガーデン | 2013/04/26 - 15:51 |
All Entry
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp