お客様の声

お客様の声TOP

寒さ厳しい土地でも床暖房なしで温かい。性能と職人魂と、人とのふれあいでできた家。

備前市/I様
I様が住んでおられるのは岡山県南地域だが、地形的なこともあり、真冬の気温がマイナス7度にまで下がることもあるとか。I様が断熱や気密といった性能を重要視したのも当然である。
I様がある住宅メーカーで、高性能な断熱・気密について質問した時「岡山の気候で、そこまでの断熱・気密は必要ない」と言われたそうである。なぜ言い切れる? それはいったい誰の都合なのか……? その会社の考え方を象徴するような話だと感じた。I様の「勉強しないと自分たちの建てたい家は建たない」という言葉は、自分たちの家のために、まず「住宅会社を選ぶことができる知識」を身に付けることの重要性を改めて感じる。それだけ住宅会社の「考え方」は様々ということだ。
奥様は家づくりを振り返って、コスミック・ガーデンの社員、お話を聞いたオーナーの方々、そして職人さんとの「人とのふれあいが一番良かった」と語られた。I様ご家族が「温かく安心できる」のは、完成した性能だけではなく、そのプロセスも含めてのことだ。
(聞き手:コピーライター岡本慶与)

最初は「どんな家でもいいんじゃない」。

――家を建てようとお考えになったきっかけをお聞かせ下さい。

ご主人様:結婚を機に家もと思いました。

奥様:私は特に家へのこだわりはなかったんですが。元々倉敷に住んでいて、住みやすいですし、まず倉敷でコーポ暮らしでもいいかなと思っていたんですが、主人が「僕は街中では住めないタイプだ」「ここから離れる気はない」ってことになって。
ただ、その主人の実家もだいぶ年数が経っていて、私も同居となると勇気がいるしなということで、思いきって実家をリフォームするか、実家の近くにでも新しい家を建てるかということになり、結局、実家のすぐ目の前ですが家を建てることになりました。この辺りにコーポでもあれば、私はそれでも良かったんですが。

ご主人様:僕は最初からコーポに住むという意思がなかったんです。以前からここに土地があって更地で空いていたので、結婚したらここに家を建てようかと、前から考えてはいたんです。

――住宅会社選びはどのように進められたのでしょうか?

奥様:最初はどんな家でもいいんじゃない(笑)くらいから。

ご主人様:まずチラシとか色々と見て、一発目に行ったのはわりと手軽なイメージのあるCMでもよく見る住宅会社でした。

奥様:でも、私の姉の家を建てた大工さんから「あの住宅会社の木材はあまり良くないよ」という話を聞いて。じゃあ他を探そうかということで。

ご主人様:有名大手の工務店も行きました。そこで気密性とか断熱性の説明を聞いて、ああ、こういうのがあるんだなと。当時そういう知識もなかったですから、材質や性能やそういう勉強も住宅会社を廻りだしてからでしたね。

コスミックと出会って本格的な勉強を。

――コスミック・ガーデンはどこで知られたのですか?

奥様:その頃、KG情報のマイホームを見て、そのKG情報の家づくりカウンター(現:家づくり学校)を訪ねたんです。

ご主人様:そこで「気になっている住宅会社とかありますか?」という話から例の工務店のような気密性や断熱性は気に入っていたので、そんな会社は他にありますか?と聞いてみたら、それならでコスミックを紹介されました。

奥様:その話をしてくれた占部さんは、建てる建てないに関わらず、気密や断熱ほかのことも含めて分かり易く説明してくれる会社があるから、一度話でも聞いてみては? ということで。それでコスミックの藤井社長を訪ねたんです。

――最初はどのような話をされたのでしょうか?

ご主人様:それこそ気密や断熱、耐震ほか家の性能の話はしっかり伺ったと思います。素材のことからメッキの種類まで。それと「色々と他の住宅会社を見てください」とも言われてました。

奥様:それで、住宅会社のどんなところを見たらいいかとかも話してくれたと思います。「なにもウチで建てなくてもいいから」って。
性能とか素材の話はマニアック過ぎて(笑)私にはよく分からなかったですが、この社長、家のことが好きなんだな~ってことだけはよく分かりました(笑)。
それと、ちょうど住宅会社が何社か集まっての家づくりの勉強会があるからということも聞きました。(※勉強会は、E-EA推進協議会の主催によるもの)本格的に勉強っていうのはその頃からですかね。

住まわれているお宅を訪ねて「ああ、いいんだな」。

――コスミック・ガーデンへの印象は?

ご主人様:なんでもできるんだなという感覚でした。社長には、技術的なことで他社にできてウチにできないことはない、というような自信というかオーラのようなものを感じましたね。

奥様:当時、私が不眠症だったんです。それで睡眠についても話をしましたね。アトピーについてとかも。

ご主人様:壁紙に天然鉱石のホロストーンが入っていてその効果というか、住んでいる人がよく眠れるようになったとか、アトピーが改善されたとか。切り花がすごく長もちするという話もありました。

奥様:正直、半信半疑の部分はありましたが、でもすごいなとは思いました。何せ不眠症だったので眠れる家がいい(笑)と。 でも、中庄の実際に住まわれているお宅を見に行く機会があり、そこのご家族はお子さんのアトピーがひどかったらしいのですが入居して改善されたとか、住み心地とかも伺い、ああやっぱりコスミックの家っていいんだなと思いましたね。

ご主人様:違うお宅ではおばあさんの足が痛かったのが治ったっていう話も聞きましたしね。

――他にコスミックの家を見て感じられたことは?

ご主人様:家の中の雰囲気というか、空気というか、入った瞬間に柔らかい暖かい感じでしたね。冬だったと思いますが、暖房とかそういことでなく、カサカサもしないベトベトもしない感じがいいなと。

「性能」と共に、オーナーとのアットホームな「信頼関係」。

――コスミック・ガーデンの決め手になったことは?

ご主人様:コスミックと段々と話をするうちに、他社の営業マンとかの話が聞けれなくなったんです。ショボすぎて(笑)。それはもう知ってる。もっと納得のいく回答は?と。
徐々に知識がつくにつれ、その信頼感も含め徐々にコスミックが良くなった感じですね。同時に他社の候補が消えていきました。
何かひとつの決め手ということではないですが、基本は性能や住み心地を大切に考えていたし、床暖房がいらないといった会社もコスミックだけでしたし、エアコンも1台か2台で十分。アトピーとか健康面でも安心でしたし。

奥様:色々と会社は見ていたので候補はたくさんあって、デザイン的にいい会社もありましたけど、変な段差があったりして、若い夫婦で住むならいいかもしれないけど、ウチは将来2世帯も考えていたので。何よりそこは寒くて、住み心地よりデザイン重視だったのでウチとは考え方が違うねという感じで、一社一社ここがダメかなということがありハズれていきました。
コスミックに一番思ったのは、すごいアットホームな会社だなということ。やっぱり信頼できる会社じゃないと、後々何かあった時に信頼関係がないと何もできないと思うんです。コスミックは私たちが訪ねたどのお宅の方に聞いても人との繋がりが、ほんといい関係を築いていらっしゃると感じたので。そこが一番信頼できるかなと思いました。

将来の「二世帯」を考えて。

――間取り・デザインなど設計へはどのようなご要望を?

ご主人様:まず今時の「ハコ」みたいな家にはしたくなかったんです。ズドーンとしたやつ。

奥様:流行りのシンプルモダンみたいな。私、あの感じ大好きなんですよっ!(笑) 主人、大嫌いなんですよっ!(笑)
でも、確かにこの土地にシンプルモダンが建ってもやっぱり違うかなというのもありましたし。まあ私は外観にはあまりこだわらないので、そこは主人の思いとして。それよりも私は中のことをで。
お互いこだわる点が違っていて、主人は性能とかを考えての外観やハード面でしたし、私はキッチンや内装、クロスほかのデザイン面でしたし。結果的に良く言えば役割分担になった。

ご主人様:間取りはだいたい僕が考えていたんです。強度なども含め家の性能を落とすような無理な間取り設計はしたくなかったので。

奥様:でも、だから若干の衝突はありましたよ。途中で気が付いたら書斎ができてるとか(笑)。

――間取りのデザインで具体的に気にされた点は?

ご主人様:回れる動線かな。

奥様:キッチンや洗面、お風呂をはじめ、グルグルとすぐどこにでもいけるように一周動線を回してほしかったことと、主人はお風呂を広くということ。それとトイレを車椅子が入れるようにすること。あとは絶対的に段差がないようにすることですね。
将来2世帯を考えているので、和室もつくってあるし、そこから一番近い距離でトイレとお風呂にしています。

機械的とか営業的じゃない「人間味」。

――建築中に印象に残っていることは?

ご主人様:棚とか物置きのところを図面ではそうだったんですが、現場で建築中に見てみると、ちょっと使い勝手が悪そうだなと話をすると、現場で大工さんが、じゃあこうしたら、という感じでその場で相談に乗ってもらえました。

奥様:あとクロスも一度貼ったのを変えてもらったところがあります。それも職人さんの方から「これでホントにいいの?」って(笑)。たぶん職人さんが私の趣味とかを分かってくれていて、「ここ、何か感じが違わない?」って言ってくれて。
他の職人さんも、こっちは全く分からないような不具合が見つかれば「自分が納得いかない」って、そこまでやるの?というくらい手を入れてくれてました。
それと他社の現場見学会を見て気が付いたんですが、ウチは完成すると見えなくなる電気の配線とかまですごくきれいなんですよ! 私もちょっとはマニアック?(笑)
でも本当に良かったなと思うのは、色々な職人さんの「人」が見えるというか、皆さんすごい人間味がある感じだったんです。職人魂はすごいのに、みんな気さくに「隣のおじちゃん」か、みたいでしたし。機械的とかじゃなく営業的でもなく、人と人とのふれあいで家ができたんだなと思います。

何の心配もない、落着きと安心。

――ご入居されて住み心地はいかがですか?

奥様:入居したのは真冬だったんですが、当時入居して、この家がたぶん暖かいのだろうけど何がどう違うのかピンときていなくて。それでふと実家に帰ることがあって、それで「あっやっぱり違う」って実感しました。

ご主人様:僕はずっと実家に住んでいたので、ここに入居して、朝起きた瞬間から違っていましたね。ここは地形的にほんとに寒い地域なので、冬の朝には窓とか水道とかが凍るんですよ。家の中でも息は白くなっていましたから。

奥様:でもこの家では白くならない!(笑)。

ご主人様:家の中が全部が暖かいですね。普通ならリビングは暖かくてもトイレや洗面が寒いとかになりそうですが、それがない。朝方でも全部が同じような温度です。

奥様:あと床が全然違いますね。冷たくない。真冬に分厚いスリッパがなくても靴下で大丈夫です。

ご主人様:入居後、真冬にある新築住宅を訪ねる機会があったんですが、その家のリビングが座ってすごく寒かったんです。床の冷たさや隙間風やら、下からシンシンくる寒さがあって、この家との違いを実感しました。
今時、どの会社も気密や断熱のことはある程度しっかりしているとは思っていましたが、新築でもここまで違うものかと思いました。

奥様:コスミックは高気密・高断熱の家とともに、その住み方を教えてくれたので良かったです。換気扇やエアコンは付けっぱなしにするとか。最初はええ?って、電気代とかも心配でしたが、その方が経済的でしたね。
それと、私は何より眠れるようになりました。以前は不眠症の薬漬けだったんですが、入居してからは薬も飲んでいませんし、今じゃ朝もなかなか起きてきません(笑)。

――今年は猛暑でしたが真夏の住み心地は?

ご主人様:快適でした。猛暑日でもエアコンがよく効く感じですね。真夏もエアコンを付けっぱなしにしましたが、ウチはエコキュートでオール電化で家電品もやや多い方かなと思うのですが、それでも真夏に電気代が15,000円前後くらいでした。

――その他、住まわれて気に入られているところは?

ご主人様:和室とは別にリビング横に畳の部屋を造ったのは良かったです。仕事から帰って「ころがる」のが好きなんで、そこに自分のクローゼットもあるので使い勝手もいいし、くつろぎます。

奥様:キッチンは動くスペースを広くして正解でした。キッチンに主人や子どもと3人並ぶこともありますが、お互いに動いても全然狭くないですね。あとパントリースペースを広くしたのと、収納を多くしたのは良かったですね。
家の中が静かなのも気に入っています。私、音とかにも敏感なんですね。特に夜に近くの道路をトラックとかが走るんですが、寝室の窓を最初の2重ガラスだったところに、ペアガラスの内窓を付けてもらって、さらに静かになりました。
温度も音も住み心地もですが、何の心配もなく家の中が一番落ち着く感じなんです。

ご主人様:ウチは室内で犬を飼っているんですが、真夏でも真冬でも暑い寒いがないので、そういう心配もしなくていい。

奥様:たぶん犬がこの家で一番、有意義に過ごしています(笑)。

――最後にこれから家を建てる方にアドバイスを頂けますか?

奥様:色々な住宅会社の話はもちろんですが、色々なお家の方の話を聞くことは大切だなと思います。

ご主人様:それと自分で勉強しないと自分の建てたい家にはならないということですかね。住宅会社の営業マンが言ったことを鵜のみにすると、住宅会社の都合のいい家になってしまう。
コスミックでも他の会社でもそれぞれ自信のある話は出るけれど、話の中身は違っていたりする。だから言われることについて、どれが自分たちの家に必要なことなのか、自分の納得のいく裏付けを取ることが大切だと思います。

――I様、本日はお忙しい中、有難うございました。


(H25年10月取材)
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp