お客様の声

お客様の声TOP

コスミックと出会って気付いた信頼と住宅レベル。デザインだけで命は守れない。

笠岡市/U様
「私たちは家づくりを一生懸命に研究するタイプではなかったんです」と語られるU様。他社と契約直前の段階でコスミック・ガーデンに決めたのは「信頼」の差だった。それも「コスミックというより妹尾さんを気に入った」という「人」への絶大な信頼である。
今回のインタビューで感じたのは、家づくりの知識がある・ないでいい家づくりが左右されるのは、本来は違うのだということ。誰でもが家づくりの研究に没頭できる環境や性格の人ばかりでもなく、その場合は満足のいく家づくりができないのだろうか? 勿論そんなことはないというのが今回のU様と妹尾さんの話である。U様のお話にはコスミックの家の詳しい性能などについて難しい言葉は出てこない。しかしご主人様の「階段ひとつでも命に関わる。デザインだけで命は守れない」という言葉は、家づくりの細かな知識や研究はさておき、一番大切な価値観に行き着いているのではと感じた。
(聞き手:コピーライター岡本慶与)

日本の住宅はどこで建てても同じだろう。

――家を建てようとお考えになったきっかけをお聞かせ下さい。

ご主人様:賃貸のアパートに住んでいたんですが、まずは家賃を払っていくのがもったいないなと思いだしてですね。

奥様:いつになったら家を建てようという予定は全く考えていなかったんですが、私は子どもの時から家を建てるのが夢だったので折りに触れて「家が欲しいな~」とか言ってたんです。それで主人も思いを汲んでくれて、家は財産だから建ててもいいよと言ってくれて。

ご主人様:これというきっかけはないですが、夢も叶えられるし、家賃を払い続けるより財産となるものですし、子どもに残せればというのもありました。

――住宅会社選びはどのように進められたのでしょうか?

ご主人様:家を建てようかとなってすぐに住宅展示場を見に行きました。わりと大きな展示場です。

奥様:一日のうちにズラっと見て、その中で娘がA社の子ども部屋をすごく気に入って「もう帰りたくない」って泣くくらいだったんです。私たちも当時まずは外観からみたいな部分もあったんですが、そのA社は外観や室内とかもオシャレだったし、こんな家に住めたらいいな~で。
その家のコンセプトも気に入ったんです。「働くお母さんを応援する」といった考え方だったので。

ご主人様:それで、もう話をつめていって、A社とは契約直前までいっていましたね。

――他社との比較検討などは?

奥様:他社もある程度見ていましたが、A社をみんな気に入っていたし、私たち正直、家づくりの知識とかもなかったし、後から知ることになるコスミックさんで家を建てられる方のようなしっかり研究されるタイプでもなかったんです。当時は知識もなく、安易に外観から入る感じでしたし。

ご主人様:かわいくオシャレならいいかと。

奥様:日本の住宅はどこも同じだろう。大きなお金も掛かってるし全部大丈夫だみたいな(笑)。

ご主人様:間取りも見積りも話をつめていましたし、土地の日当たりとかも全部計算してもらっていましたし、後は契約へと。

しようがなく(笑)見学会に行った。

――コスミック・ガーデンはどこで知られたのですか?

奥様:まずA社との話にストップを掛けることになったのが私の職場の先輩のHさんからの話だったんです。そのHさんがコスミックさんをご存知だったのですが、職場で家の話をしていて「本当にそれでいいの?」と。たぶんHさんも言いにくかったとは思いますが、私があまりにも知識がないので「基礎や性能のことでA社はどうなの?」と聞かれて私は答えられず、それをA社に訪ねたところ明確な答えが得られないこともあったりしたんです。
ただHさんは、私たちがA社で建てたいならいいんだよって感じだったんですが、一度参考までにコスミックの妹尾さんの話を聞いてみたら? ということだったんです。
(※H様は以前の職場で同僚3名の方がコスミック・ガーデンで家を施工。このインタビューを行った時期には御自身もコスミックで家を建築中。)

――Hさんからお話があった時、ご主人様はどう思われたのですか?

ご主人様:最初は正直、もう別の会社の話は聞かなくてもいいかなと思いました。面倒くさいし(笑)。でも、せっかくの声だし一度だけならと思い、しょうがなく(笑)見学会に行きました。

奥様:見学会の情報もHさんからだったんですが、その時も一緒に行ってくれたんです。
日頃からよくしてもらってるし、私たちのこともすごく考えてくださっている方なんです。たぶん色々な人にコスミックのことは言いたいのだけど、やっぱりそれぞれ夫婦で決めていることに言えないじゃないですか。その時も「口を出しちゃいけないけれど」と言われつつ……でもわりと強引に(笑)。

今まで表面上のことしか聞いていなかった。

――見学会でコスミックの家やスタッフへの印象は?

ご主人様:真冬だったんですが家の中が暖かい。たしか外は雪が降っていたんですが、1階も2階も快適なんですね。あと屋根裏もあって、屋根裏って冷やっとするイメージがあったんですが、そこも全く寒くなくて家全体が暖かい印象でしたね。しかも、いかにもエアコンをガンガンにとかじゃなく自然な暖かさだったんです。

奥様:その直前にB社の見学会にも行っていて、そのB社は1階は気持ち悪いくらい暖かいのに2階がものすごく寒かった。コスミックは全然違う感じでした。

ご主人様:あと話の内容がマニアックというか濃い感じ。全部は覚えてませんが基礎パッキンがどう、換気がどうとか、断熱のグラスウールが、サッシが、あれはこうだからダメだとか、他社では言われないような話でした。その時は言われても興味のなかった部分なのでピンとこないなという話を2時間くらい聞いたのかな。
一方的に分からない(笑)話を。でも帰りの車の中では、二人ともコスミックにしようかな~(笑)って。

――ええっ? 家の印象はともかく、初めての話で、しかもピンとこない話にもかかわらず?

奥様:妹尾さんの話はピンとこない部分もあったんですけど、「ああ、知識もなくこのままA社で建てちゃダメだ」ということにピンときた(笑)。

ご主人様:コスミックの話はすぐにはピンとはこないんだけれど説得力があったというか、話されていることと家の中で感じることがマッチしていた。
A社でも他社でも見える表面上のことしか聞いてなくて、断熱とか家の中身の話はしてこなかった。そのままいっていたらそこも気にせず建てていたでしょうけどね。

身体で感じる実証として、言葉にウソがない。

――その後、どのように進んだのでしょうか?

奥様:気持ち的にはコスミックの方が膨らんでいて、契約直前のA社をどう断ろうかでした。

ご主人様:コスミックを見た後は、もうあまり他社を見ることもなく、コスミックの見学会に行くようにしました。

――A社のオシャレさやかわいさを気に入っておられて、コスミックの家と比べた時、その点はいかがだったのでしょうか?

奥様:見に行った家がたまたまだったとは思いますが、地味だねとは言っていました。内装とかは私の建てたかった家からすると違う感じでしたが、妹尾さんからそこはどうにでもできるという話でした。
以前は見た目とかデザインからでしたが、まず基礎というか性能さえしっかりしていれば、後はどうにでもできるという考え方になりました。

――家の性能についてどのような点を気に入られたのでしょうか?

ご主人様:僕は花粉症なんですが、ある見学会の時に社長さんが家の中で「今、花粉症どうですか?」と聞かれて、そう言われると症状が落着いていたんです。その時に社長からはアレルギー症状とかも落着くというか改善する家なんですと聞きました。
だから「暖かい」とかに関わる性能もそうですけど、実際に自分が体感していることを改めて言葉で裏付けをとれたということです。ひとつずつの詳しい性能についてはすぐに理解できない点はあっても、身体で感じる実証としてウソがないという感じでしょうか。

「ダマされてもいいか」と思うくらい、妹尾さんは違っていた。

――コスミックの最終的な決め手は?

ご主人様:妹尾さんの熱意というか、やっぱり信頼できるということ。たぶん妹尾さんも僕らに専門的なことを話しても興味ないだろうな(笑)と感じていたとは思うんですが、それでも一生懸命に話をしてくれて。本当に「いい家に住んでもらいたい」という気持ちが伝わってきて、それが一番かな。

奥様:もちろんコスミックさんを気に入ったんですけど、それより妹尾さんを気に入ったんです。大きなメーカーさんは営業は営業、その後は現場監督へと作業担当がはっきり分かれるみたいだったのですが、妹尾さんは最初から最後まで面倒を見てくれるし、ほんとウソがないと思いました。

ご主人様:これで、この人にダマされるんならそれでもいいか(笑)と思ったくらい。要はそれくらい今まで他社で話を聞いた営業の人と違っていたんです。話の内容も質も。

奥様:私たちみたいに知識のない人間ならダマすのは簡単だと思うんです。いいことだけ聞かされれば疑わないだろうし。A社についても、別にA社がダマすとかいう意味ではないけれど、何も疑ってなかった。

ご主人様:妹尾さんはいいことも言うし、悪いことも話をしてくれて、そこからは考え方と判断になるという感じ。他社についても決して悪口ではなく、メリットはこう、デメリットはこうという感じでした。社長さんは結構強烈なこと言ってましたけど。

――社長の印象はいかがだったのでしょうか?

ご主人様:社長はもう家が大好き。お客さんに本当に喜んでもらいたいというのが前面に出てる人だと感じました。

奥様:家が好き、その仕事が好き。だからすごく話をしてくださるんですけど、私は全然ついていけなかった(笑)。もう聞くだけで。
でも情熱はすごく分かったので性能などについても、もうお任せでお願いできると思いました。

同じ買うのなら信頼できる人から買いたい。

――家を建てるに当たり何を一番大事に考えようと思われていたのでしょうか?

ご主人様:家族の健康面やコスミックを知ってからは性能なども勿論ですが、例えば車でも他のモノでも家もそうですが、同じ買うのなら信頼できる人から買いたいというのはありました。A社さんも信頼できなくなったから御免なさいではなくて、それ以上に信頼できそうな人が現れたからだけです。
家は大きな買物ですし、やっぱり人間関係って将来的にも大事だと思いました。

奥様:私は家で「子育て」を大切にしたかったんです。子どもと一緒にいつも笑顔が絶えない家で、思い出をいっぱいつくりたいという思いですね。それには家族の健康も、住みやすさも子育てや家事のしやすさもありますけど。

ご主人様:性能と自分たちの考えるデザインを両立できるイメージということでしょうか。

――設計・デザインについてはどのようなご要望を?

ご主人様:絶対に欲しかったのは吹抜けですね。リビングは開放感が欲しかった。

奥様:私は洗面所を広くすること。着替えやしまうのもそこで全部が片づくようにしたかったので、収納を含め広めにしてもらいました。あと、可能な限り「引き戸」にしました。間取りや動線などはA社でかなりつめていたので、そこは参考として活きましたね。それとキッチンには私の好きな雑貨を活かしたかったんですが、それも自由にやらせてもらいました。家づくりが楽しかったですね。 でもキッチンにはそんなにお金を掛けなかったんです。実はコスミックさんでは家自体が当初の予算より上がって、まあそこが性能部分でもあるんですが、それでお金を掛ける部分と節約する部分を考えて、キッチンより洗面所にお金を掛けたんです。

快適さに贅沢になったんだと思う。

――ご入居されて住み心地は?

ご主人様:もう、快適そのものです。入居したのは一昨年の11月でしたが、寒くもなく、結露もない。

奥様:ほんと一切ない。結露がないのは嬉しかったですね。あれはカーテンがカビるし、前のアパートでは毎日拭いていましたから。 エアコンはリビングに1台と2階の寝室に1台なんですが、寝室のエアコンはほぼ使ってないですね。冬は2階の方が温かいので真冬でも2階は暖房はいらないです。温度は自然な感じの快適さです。

ご主人様:ほかの家に行くと寒いとか暑いとかが気になる。

奥様:リビングの石油ファンヒーターが気になるとか。

ご主人様:今まではそんなところは気にもしなかったのが、この家に住んで、逆に気になるようになった。

奥様:快適さとかにすごい贅沢になったんだと思います。遊びに来てくれる友達も皆、声を揃えて「居心地がいい」って言ってくれるのが嬉しいです。

ご主人様:でも贅沢というか、本来どの会社でもそれが普通じゃないといけないんだと思いますけどね。家は高いお金も掛かるわけだし。

奥様:よく「家は三回建てないと満足いくものにならない」とか言われたりしますけど、ウチは一回で満足です。今となってはH様様です。

――花粉症の時期など症状はいかがでしたか?

ご主人様:以前は外でも家の中でも同じように症状が出ていて、今でも家の中で症状が出ないわけではありませんが、家の中に入ると楽になる感じですね。

奥様:花粉症は洗濯物を外に干さなくていいのもありますね。ウィンターガーデンがすごく便利で気に入っています。仕事を持っていても天気や昼・夜を気にせずに洗濯物を干せるし、衛生的だし、真冬でもカラっと乾くので助かってます。

――その他、気に入られているところは?

奥様:キッチンも良かったし、子どもたちの声が聞こえる吹抜けも気に入っています。

ご主人様:ちょっとでも「これはどうかな?」ということは逐一、妹尾さんとも相談してきたし。例えばある会社の家でストリップ階段を見た時、デザイン的にはいいなと思ったんですが、自分が通ると強度的に大丈夫なのか?という感覚があった。それを営業マンから簡単に「大丈夫です」と言われても、はいそうですか、とはならない。妹尾さんからそのデメリットを聞いて、ああやっぱりなと思うこともありました。
そういうことも含め少しの不安もなく、というか自分が「どうかな?」と思う部分があってもそれを全て解決し、納得しながらできた家なので、気に入ってないところはないくらいですね。

デザインだけで命は守れない。

――最後にこれから家を建てる方にアドバイスを頂けますか?

ご主人様:展示場でも見学会でも、まず自分たちが興味ある部分にしか目がいかない場合も多いと思いますが、興味ない部分にも興味を持つことが大切かなと思います。興味を持たないまでも、一応話を聞いてみると意外なことも見えてくると思います。

奥様:私たちも最初はデザインだけしか見えていなかったけど、それは後からどうにでもできるし、その前に考えた方がいい性能があることにも気付かされた。
でもね、そこはたぶん面倒くさい部分なんですよ。基礎とか性能とかの話はもういいだろうって。どの会社でも日本の住宅にそんなにレベルの差はないだろうって。私たちみたいに知識もない夫婦なら尚更だったんです。でも実際はレベルがものすごく違ったのでビックリしました。
家はそれぞれの価値観だとは思いますが、少々金額が高くなっても自分たちがお金を掛けるべきだと思うところには、掛けた方がいいと思います。安く建てて後から後悔しても、後からではどうもできない部分もありますし。

ご主人様:家の価値観は様々でも、自分が納得できることが大切。自分たちを納得させてくれる人に出会うまで探すことが大切だと思います。さっきの階段の話ひとつにしても家族の命に関わっているじゃないですか。デザインだけで命は守れない。

――U様、本日はお忙しい中、有難うございました。


(H26年1月取材)
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp