お客様の声

お客様の声TOP

「家を買った」ではなく「安全・安心を買った」。住んで一年、病気も劇的に回復した。

倉敷市/M様
「最初は金額面だけで住宅会社を探していた」というM様。「こんなに住宅会社があるとは知らなかった」と気付き、結果的には「安全・安心を買った」と確信されるまでになった。聞けば、全く知識のない状態から勉強と調査を重ねて、緻密なデータと裏付けを持ってコスミック・ガーデンを選ばれる訳だが、その契約も奥様に相談なしの独断だったというのには驚く。しかし、それくらいご主人様にとってはコスミックと職人さんへの揺るぎない信頼があったということだ。
奥様は様々な病気を抱え、苦しんでおられたのだが、ご入居から一年で劇的に回復され「この私が働けるようになるのが何より嬉しい」と、今の生活を噛み締めるように話される。まさに「安全・安心を買った」ことの一つの体現だと思うと同時に、「命を守る家」の大切さを感じるお話でもある。
今回のインタビューには奥様の霊感の話も出てくる。世の中には霊感のみならず様々に感受性が高い方も多くおられると思う。そういう方にも是非、一読して欲しいお話である。
(聞き手:コピーライター岡本慶与)

最初は金額面のみで考えていた。

――家を建てようとなった経緯は?

ご主人様:当時マンションに住んでいて、そろそろ出たいタイミングもあって最初は中古住宅を探したりしていたんですが、中古住宅もそんなに安くない。しかもどんな家なのかも分かりにくい。それで新築を建てようかと探し始めました。

――どんな家を建てたいという思いだったのでしょうか?

ご主人様:最初は「具体的にこんな家」というビジョンはなかったです。もう金額のみです。これくらいなら安心して建てられそうという金額から探すという考えでした。

――住宅会社選びはどのように?

ご主人様:最初は折り込み広告に入ってくる工務店やメーカーから見始めて、住宅展示場にも行きましたが、展示場の家はあまりにも金額がすご過ぎて、私たちには現実味がないなという印象でした。折り込み広告で訪ねたある会社では話が早くて、2回目でこれがプランです、3回目で契約を迫られる勢いで、ちょっとこれはキツいなと。その時は家の性能とか全く気にもしていなかったし、会社の人もそういう話はしない。ローンの段取りとか間取りプランがこれで金額がこれ。さあどうでしょう、という話だけだったので、あまりの売り込みの激しさにちょっと引きました。土地も沢山の候補から選びたいと思っていたんですが、会社は売りたい物件のみを押してくる感じだったので、そのセールスに嫌気が差して、結局その会社には行かなくなりました。
それから他にも広告を見たりして何社か訪ねて行き、いくつかの会社が候補にはなりました。といってもその段階では金額面だけです。ですが、その頃「マイホーム岡山」という雑誌を見てからちょっと考えの方向性が変わってきたんです。

専門知識の凄さと「職人の品質性能」に惹かれた。

――それはどのような情報だったんでしょうか?

ご主人様:まず家を建てる会社がこんなに多いのかと。それと各社の特徴が載っていたので、今までは情報量が少ない中で考えていたなと思いました。それで何社か資料請求や見に行くといった感じになりました。その中で茶屋町での構造見学会に行ったのがコスミック・ガーデンとの最初の出会いですね。

――コスミック・ガーデンの構造見学会の印象は?

ご主人様:説明が今まで行った工務店・メーカーと全く違っていました。構造見学会なので必然的に構造の話が多い訳ですが、それにしても専門知識が凄い。知らないことがバンバン出てくる。強度や材質など見えない部分での説明が凄かったんです。他社では見える部分の売りしか話さない。その話す内容が全く違うと思いました。
それと後からコスミックさんのホームページで知る「6つの性能」の中の「職人の品質性能」。それがその構造現場で見たこと話したこととズバっとハマる。そこが凄いなと惹かれました。あとは藤井社長の専門性の凄さですね。
2×4工法もその時初めて目にしたのですが、在来工法がいいとかのこだわりもなかったので、工法で好き嫌いもありませんでした。私自身考えの方向が変わりかけていた中で、コスミックさんの話を色々聞いて、とにかく凄いインパクトになりました。

――そこからどのように進んだのでしょうか?

ご主人様:コスミックさんと並行して他にも何社か見に行っていました。その中で「ナチュラル」を売りにしたA社があって、断熱材や外壁に木くずを圧縮したボードなど使ったり、木や塗り壁の質感を大切にしていて、自然な感じはいいなと思っていました。

――コスミックや他社を見る内に「こういう家がいい」という思いは具体的になっていったのでしょうか?

奥様:私は構造的な部分は知識がなかったですが、建てるのならデザイン的に惹かれるのはデコボコした家だったんです。出窓とか。真四角い家よりもコの字型で中庭があってそこにシンボルツリーがあるような、そういうデザイン的な家がいいなと思っていました。
コスミックさんの家を見た時にはクロスの衝撃があまりにも強くて、これはあり得ない!(笑) 白っぽい無地がいいと思っていました。ところがコスミックさんのインテリアセミナーでクロスの説明を聞いて考え方がガラリと変わったんです。単なる色・柄の組み合わせではなく、クロスにも風水を取り入れた考えもあり、例えばリビングに暖色系を使う意味、健康のための自然素材と色の配置、天然鉱石による健康増進効果など、とても細かい部分まで考えられていることに衝撃を受けました。

「押しの営業」がない。性能も姿勢も他社と違う。

――他にコスミックや他社で良い・悪いを感じたことは?

奥様:他社で一軒、ニオイのキツい家がありました。壁紙のゴムみたいなニオイ。

ご主人様:そのB社は2階建ての高さなんですが多重構造みたいな造りが売りで半地下もあり、実際に見て面白いなと思ったんですが、壁紙素材がビニールクロスでニオイがびっくりするくらいキツかった。そこは赤ちゃんがいるご夫婦が入られるそうでしたが、こっちが心配になるくらい息が詰まる感じ。実際にはクロスのニオイなのか他の素材からなのかは分かりませんでしたが。
それと全般的に、自分にも知識が付いていく中で、コスミック以外の他社での説明は私が聞いていて食い付く要素がなくなっていきました。

奥様:コスミックの社長さんは他社を多く見て勉強してみてくださいというスタンスだったんです。まず他社ではウチをウチをと押してきますが、コスミックは他を沢山どうぞ見てくださいと言う。そういう姿勢も違っていましたね。

ご主人様:押しの営業を全くしない。

奥様:あと、コスミックの家で感じたのは音が静かなこと。それと冬に三石で見させて頂いたお宅は暖かかった。冬なのに、暖房をかけてない(!)のに暖かかったですね。ウィンターガーデンもとてもいいと思いました。

ご主人様:性能面ではコスミックさんが独自に提案している断熱材の性能の高さ、構造の強さ、そのあたりの安全・安心というのが大きな魅力だと思いました。健康効果が気に入って天然鉱石の固まりが欲しいと思い、調べたりもしました。

安全・安心を考えたら一択になった。

――最終的にコスミックになった決め手は?

ご主人様:やはりその「安全・安心」が一番ですね。

奥様:主人は「危険」と「冒険」が嫌いなんです。それと「今」よりも「10年20年先」を見据えて考えるタイプなので何かあった時の備えとして安全・安心を一番の軸に考えたのだと思います。

ご主人様:それを考えた時、私的には一択になった。値段的には当初の予算より坪単価が高くて一時はあきらめてコスミック以外で考えた時期もあったんです。しかし私が望む安全・安心を考え直した時に他社では自分が納得できなくなっていた。もうどうしてもコスミックで建てたくなったんです。コスミックで建てるのであれば、極端な話、2×4でも軸組でも工法は何でもいい(笑)、とにかくコスミックが建てる家が欲しいと思いました。
確かに頑丈さや安心を売りにしている会社は沢山ある。しかし最終的につくるのは職人さんであり、計算上の数字で全てが成立するのではない。たとえ鉄骨で建てようが最後は職人さんの仕事の品質に左右される。そこの大切さにもきちんとこだわっていることはやはり信頼に値すると思いました。職人さんの仕事の品質は素人には確かめられませんが、そこは社長や皆さんの話を聞く内に、その熱意も含めてこの会社の気質として信頼できると思いました。

契約は主人が独断でしたんです。

――コスミックの場合、奥様が思われていたコの字の家などデザイン面ではどうだったのでしょうか?

奥様:実はね、コスミックとの契約も最初の設計図も、私に相談もなく主人が一人で決めちゃったんです。私が知ったのはその後からで、家のことに関しては主人の独断だったんです。設計図も一度出来上がった後から見させてもらって、私はそこから後半の参加で、クロスや色のこと、照明、キッチンや外壁色などは任せてもらいましたが、前半は全て主人が決めちゃったんです。

――ご主人様が独断で決めたと分かった時、奥様としては?

奥様:驚きの一言ですよ。でも、それまで主人が家の勉強にのめり込んで2年間一生懸命に調べている姿を見てきていましたから、すごいなと感心する面もあったんです。だからそこまでするのだから、色々言うより逆に、もう信じて何があっても付いていこうという気持ちになりました。もう家の件は任せようと。

――実際の設計段階でのご要望は?

ご主人様:室内は全般的に引き戸にしたいということ。開き戸だと開けていると開けっぱなし感がありますが引き戸だと開けていてもそれがないですからね。それで空間が繋がって見えますから。それとウィンターガーデンは絶対欲しいこと。
あと屋根裏収納にハシゴではなく2階からの続き階段で上がれるようにすること。重い物の上げ下げのこともありますから。それと屋根裏スペースの半分はフローリングにしました。
全体の間取りに関しては、家の外寸が決まっていたので必然的にこうなるかなという感じでした。なので特別に凝った間取りは考えていなかったですね。

奥様:私はアジアンテイストが好きなのでクロスの色・素材・照明などその雰囲気にしたかったのと、家の中心であるリビングの天井にはオレンジを使いたい。また蝶の刺繍クロスは見学会に行った時に凄く気に入ってこれは使いたいとチョイスしました。

入居して一年で病気が劇的に回復! 恐い霊もいない(笑)。

――ご入居されて住み心地は?

奥様:普通に暮らして不便さを何も感じない快適さです。

ご主人様:入居して一年とちょっと経ちましたが、夏も冬もイラッとすることがないですね。例えば暑い寒いもそうですし、電気代が高いとかどこかに不備が出たというのがあっても「何で?」とイラッとするかもしれませんが、それがなく快適です。

奥様:マンションに住んでいた時は高い所が苦手でいつもそわそわしていたんです。それと私は霊感があるみたいで、フラッシュ現象とかラップ音とかよく分からない足音とかを感じて、恐い思いや病気も沢山していたんです。病気は5年前には胃ガンの手術をしてそこからたて続けに色々なってしまったんです。
それもあったので私的には、当初、家を建てるのは無理だろうと思っていたんです。身体が付いていかないのでは、生き死にに関わることになるかもしれないと、とても不安だった。ただ主人も一生懸命だったし、もし住まいが変わったら元気になるかも知れないと、その可能性に乗っかってみようと思ったんです。
それでこの家に住んで一年、それまで3つくらい掛かっていた診療科が「もう大丈夫ですよ」になって、胃ガンの術後検診も来月で終了できる見通しになったんです。

ご主人様:健康面は調べている時にすごく気にした部分だったので本当に良かったんです。

奥様:引っ越しによる不安や入居してからのそわそわ感もなかったですし、この家には変な気配も地縛霊も浮遊霊もいません(笑)。実は私の母も霊感があって、以前のマンションに母が来た時には「こんな所で寝ていたらガンになるよ」って言われていて、そうしたら本当にガンになったんです。
今の家は母が見ても「大丈夫、何もいない(笑)」って言ってます。思えばコスミックの家のいい「気の流れ」のようなものが、 私を病気からの回復に導いてくれたのかもしれません。家には風水も然り、気の流れがありますからね。
今は短期で働けるまでになって、このペースで夏を乗り切れば長期の仕事もできるくらいに、精神的にも身体的にもこの一年で劇的に元気になれたんです。一年前のことを思うとまさか私が働ける(!)までになれるとは思っていなかった。もう、それが何より嬉しいです。
今はすごく安らいでいます。来た友達が皆「初めてじゃない気がする」とか「5~6年住んでる感じがする」「なんか落ち着く」と言ってくれています。住み馴染んでいる感じがするみたいですね。

「家を買った」ではなく「安全・安心を買った」。

――間取り・デザイン等で特に気に入られているところは?

ご主人様:特にというか全てですが、最初からこれがいいだろうと考えて造っていたので、良くて当たり前といった感じです。
材質で言えばフローリングの木材が良かったですね。私はほぼ裸足生活なので床がとても気持ちがいいですね。

奥様:クロスに関しては出来上がってみると大満足ですね。照明とのコーディネートも気に入っています。中でも2階のトイレは、ラビットが隠し絵になっているクロスやタイルも使っているんですが、ちょっとサプライズっぽくなっていて私のお気に入りです。私のトイレに入っている時間はかなり長い(笑)。精神的に落ち着くんです。
あと屋根裏の半分のフローリングスペースは友達のお子さんが来ると「3階がある!」って喜びますね。2階のトイレもそうなんですがウチは何故かお子さんが来るとすごい喜んでいますね。
それと階段の下に収納を造ったんですが、広くてとても重宝しています。ウィンターガーデンは予想通り便利で、友達が皆口を揃えて「いいね!」って言ってます。

ご主人様:私はコスミックに決めた当初から思っていたことなんですが、家を買うということで、物理的に買った品物は「家」なんですが、私の考えは「安全・安心を買った」ということなんです。

度胸、冒険心、体感、自分の納得。

――最後にこれから家を建てる方に何かアドバイスを。

ご主人様:とにかく色々な会社の話を聞いてみてください。その中で自分が納得できる会社を選んで欲しいと思います。自分の納得がないと、ちょっとしたことでも後悔に繋がると思います。
それと大手でも工務店でも、営業マンの質で印象が左右される場合もあると思います。例えばたまたま新人や知識の浅い営業マンだとその会社・家の本質が分からないこともある。そういう時に気になる家であれば、1回で決めつけないで貪欲に調べてみることも大切だと思います。

奥様:度胸とかバクチ的な感覚(笑)も必要だと思いますね。家はやっぱり財産なので財産を手に入れるためにはそれなりのリスクや不安を含めて考え、備えた上で、ある程度の冒険心と大きな心構えで臨むことも必要かなと思います。
先を先をと見据えることも大切ですが、今を見つめた上での先でないと将来もないですからそのバランスは考えた方がいいと思います。色々な会社の話を聞きに行く、分からないことを聞くのも度胸と冒険心に含まれると思います。「試しに見てみる・してみる」というので新しい発見もあるんじゃないかと思います。
それと、家を見て何か息が詰まる感じがするとか、圧迫感があるとか、これ霊感の話じゃないですけど(笑)、何かその人の体感で理屈抜きに感じることってあると思うんです。すごい落ち着くとか空気感のようなものを感じたり、生理的に受け付ける・ムリといったこともあると思います。それは同じ家でもその人との相性だと思うので、そうした感覚も大切にして欲しいと思います。

――M様、本日はお忙しい中、有り難うございました。


(H27年7月取材)

(コスミック・ガーデンより)
※M様のご病気からの回復と家の健康効果については、その全ての因果関係の医学的な実証はできておりません。
〒700-0975 岡山県岡山市北区今1丁目12-25 TEL 086-243-8115 / FAX 086-243-8112
info@cosmic-g.jp