現場建築日誌

INDEX
2008-02-27
N様邸(倉敷市)

 N様邸の2階間仕切り壁です。

  

   一般的に、間仕切り壁は、骨組みの上に

   PB(プラスターボード:石膏ボード)だけを張ります。

   クロスを貼る下地ですし、耐火の関係もあります。

   その上、構造上も 「係数1」 と言って強度のあるもの

   として見てくれます。(法規上)

   しかし、石膏ボードは地震があったとき、1回目は耐えてくれますが

   2回、3回めの余震の時耐え抜いてくれません。

   止めているビスの廻りが地震の力でボロボロになってしまい

   「面」として支える強度は無くなってしまいます。

   そこで、コスミック・ガーデンは外部と同じ構造用合板を張った上に

   石膏ボードを張ります。   構造計算上も石膏ボードをカウントしません。

   無くても、基準を優にクリアできるように設計します。

   同業者の方達からは、「そこまでせんでも・・・。」  「コストがあがってしまう・・・。」

   「オーバークオリティ過ぎる。」   などと言われてしまいます。

   「住宅にオーバークオリティは無い!」 という弊社 藤井 の

   考えでこのような仕様にしていますが、昨今の構造計算偽装や

   強度不足問題を見聞きすると、やはりこの考え方、仕様でよかったんだと

   思います。

    

   ちなみに、これは1階の床の捨て張りです。

   特殊な施工がこのあとに控えているため、

   このような工事をしています。    

| 2008-02-27 - 00:00