現場建築日誌

INDEX
2019-09-14
K様邸(倉敷市船穂町船穂)

断熱工事が終わったら、

システムバスの設置です。

 

K様邸は 「タカラスタンダード リラクシア1616」を

ご採用です。

 

一番安全に資材が保管できる箇所でもあるので

工事中は資材保管庫と化します。

 

大工造作工事が進む中、建具枠が付いたり

階段の手すり壁が立ち上がったり

目に見えて工事が進んでいるのがわかります。

 

まだまだ 猛暑続きで

河原大工も汗だくになります。

 

天井の石膏ボードも 張り進み壁面に移ります。

 

屋内間仕切壁に 構造用合板が見えますが

外周部だけでなく

内部にも計算して張ることで、

一般的な枠組み壁工法(2×4・2×6) よりも

更に耐震強度を増すことができます。