現場建築日誌

INDEX
2022-08-05
M様邸(瀬戸内市邑久町尾張)

 

小屋組みに進むM様邸。

矢切のパネルを起こしていきます。

 

 

棟木になるから垂木を流します。

ケラバになるパネルは組み上がった状態で

搬入されます。

 

 

一重目の 屋根地を造ります。

ホウ酸処理をしているため 構造用合板が少し

グリーンかかっています。

 

 

タイベックシルバーを張って 輻射熱を反射する面を

造り、ホウ酸処理した通期胴縁を縦方向に取り付けて

通気層を確保します。

 

 

再度、構造用合板を張って、屋根瓦用の「屋根地」を造ります。

 

 

「タジマ ライナールーフ」を張って

瓦下の防水を行います。

 

この後 瓦桟を取り付けて 瓦吹きに入ります。