現場建築日誌

INDEX
2021-07-25
A様邸(岡山市北区足守)

現在、お住まいのエリアから

遠く離れない所で建築したいと

土地探しから始めたA様。

 

分譲地や個別売り物件等など 限られたエリアの割に

以外に沢山の情報が入ってきました。

 

 

 

そんな中に 気になる物件が。

 

古家付きではありますが

敷地が広く、陽当りも良く 周辺には古いものの

キチンとコストのかかった建物が多く

ポイントを絞ってみても 雰囲気の善い

物件がありました。

 

 

購入の意思を不動産業者さんを通して売り主側に伝え、

土地家屋調査士と不動産業者さん達と

一緒に 「確定測量」を行います。

 

公道を管理する 自治体の担当課の方々。

隣接する 入居者の皆様にも

立ち会って頂き、境界点を確認して頂きます。

 

 

 

敷地内には 使われていない 「井戸」があったり、

消火栓や、越境しているであろう

テラス屋根などがありました。

 

 

官民、民民のポイントが決まれば

測量して、関係者の皆さんに署名捺印頂きます。

 

 

隣接地の中には どう辿っても所有者の分からない

土地が有ったりすることもあります。

また 逆に権利者が複数で、調整に時間が掛かる場合もあります。

 

 

とにもかくにも 確定測量も無事に

終わり 土地契約からの所有権移転が完了し

晴てA様の所有物件になりました。