現場建築日誌

INDEX
2021-04-08
N様邸(岡山市中区四御神)

建方工事の続きです。

屋根の垂木を流して、小屋組みが姿を現しました。

 

 

三角形の「矢切パネル」が乗ると

一気に家らしくなります。

 

 

構造材の質量の多さが良くわかる

建方直後。

 

 

満開とまではいかないですが、

建物周辺に多くの立派な桜の木が立ち並び

春らしい雰囲気で、なごみます。

 

 

1重目の屋根地に 熱反射用の 「タイベックシルバー」を

張って、ホウ酸処理をした 通気胴縁を施工します。

 

その上に屋根地用 合板(コフィ―ルーフ)を

張ってルーフィングを待ちます。

 

棟の先端には、屋根用通気層の為のスリット上の

開口が見えます。