現場建築日誌

INDEX
2021-08-05
H様邸(倉敷市石見町)

玄関ポーチ柱や基礎の外周に

カラーステンレス(SUS304)製の水切り板金が

施工されました。

 

 

屋根の上では、瓦職人さんが

微調整掛けながら 瓦を葺きます。

 

 

切妻屋根の 妻側、両端に来る「ケラバ瓦」を

乗せるため、少し削ったりしながら収まりを

美しく仕上げていきます。

 

 

てっぺんの「棟(むね)」の部分には

屋根の通気層から上がってくる 湿気や熱気を

放出する「棟換気システム」の本体が見えます。

 

 

棟瓦が乗ってしまうと この部材も見えなくなってしまいます。