現場建築日誌

INDEX
2019-04-22
K様邸 (総社市井手)

気密測定を行います。

全棟検査を実施しています。

 

一番隙間が出やすい 玄関かまち部分や

和室の床面と畳の厚み分だけ下げた

段差部分が特に要注意です。

 

 

元々気密性能を上げやすい

枠組み壁工法。

 

簡単に気密を確保しようと思えば

「基礎断熱工法」を採用すれば楽なのですが

そのメリットよりも デメリットの方が大きいと

当社では判断しているため

敢えて 「床断熱工法」を採用し続けています。

 

 

マルフジフォーム工業の 専務が測定してくれます。

 

 

屋内の気圧をどんどん下げていくため

体調があまりよくない状態で

現場に同席するとかなりキツイことになります。

 

| 2019-04-22 - 00:00