現場建築日誌

INDEX
2020-10-03
M様邸(岡山市東区邑久郷)

外周部には 透湿防水シート「タイベックシルバー」を

巻いて、外壁用の通気胴縁を

打ち付けます。

万一の水の侵入があった場合でも

通気層で蒸散させたり、下方に排水したりで

構造体にダメージを与えることを回避できます。

 

胴縁同志が近くなりすぎると

「水の表面張力」で水が留まり

胴縁に腐朽菌が発生したり

腐食することがあるため マニュアル通りの

間隔をあける様に決まっています。

 

 

屋内の排水管(パイプスペース内に収まります。)に

防音シートを巻きます。

 

 

システムバスの設置場所は基礎断熱仕様となり

基礎の立ち上がり部にも

硬質ウレタンが吹き付けられます。

 

 

1階天井にも 電気配線と空配管(CD管)が

配置されます。

 

 

可能な限り 構造体を削ることなく

将来のメンテナンス時に 分かりやすく シンプルに

作業可能なように、斜め配線やショートカットしない

工事を行います。