現場建築日誌

INDEX
2011-01-28
アフター&営繕etc

5年ほど前に、増築と

高断熱リフォームをさせていただいた

K様邸。

 

今回は、熱と煙を感知する

火災警報器を設置です。

 

 

今年の6月までに

既存住宅にも設置するように消防庁から

指導がきている事業です。

 

新築住宅では、完成時に設置して

いなければ合格できない状況ですが

家電量販店や、ホームセンターなどの

啓発により次第に認知されているようです。

 

普段、新築で採用しているものと同じタイプを

キッチン、2階ホール、寝室の用途にしている

居室の天井に取り付けていきます。

 

リチウムイオン電池なので

約10年、電池交換は不要です。

 

また、電池切れが近づくと

音でしらせてくれます。

 

 

ご自分で

設置される方も多いと聞く 火災警報器。

 

今のところ、罰則は無いようですが、

ご自身の安全のためにも、早めの設置を

お勧めします。

 

| 2011-01-28 - 00:00