現場建築日誌

INDEX
2021-07-19
H様邸(倉敷市石見町)

電気配線工事が始まりました。

リビングの壁掛けTVに対して、AⅤボードと接続する

各種配線が表に出ないように、フレキシブル管を使って

壁内に隠蔽します。

 

 

システムバスの天井部にある空間が

家中の配線類が集まるエリアになります。

 

分電盤の設置個所にもなるため

毎回「滝」の様に電線が垂れ下がってきます。

 

 

必要最小限の 穴あけ(構造体の断面欠損を極力少なく)と

斜めショートカットや配線の絡み、ねじれを

しない整然とした配線工事を行います。

 

石膏ボードで隠れてしまう工事ですが

トラブル箇所発見が迅速に出来たり

将来的に大規模メンテナンス時にも

作業しやすい環境を作っておきます。

 

 

結束部分には、当然 埃などから結線部を守る

カプセルを使います。

トラッキング火災の原因にもなるため

法的な規制などは有りませんが

必ず施工するようにしています。