現場建築日誌

INDEX

アフター&営繕etc

2016-05-11
アフター&営繕etc

 

連休前には 何とかエクステリア工事が完了しました。

新しく敷きなおした、インターロッキングと

目隠しフェンスと、化粧ブロックが

立上りました。

 

 

 

自然に囲まれた I様邸は近くの道路からの

支線などを気にする事無く、自宅の庭でくつろぐことが出来ます。

 

 

 

従来の小屋から、立派にグレードアップした

「ハウス」です。

 

 

風通しも良く、「熱線遮断ポリカ―ボネイト」 の屋根パネルで

快適になった場所です。

 

工事中は 少々狭いエリアに居たり、騒音で大変だったと思いますが

2頭は元気に暮らしています。

 

| 2016-05-11 - 00:00
2016-05-06
アフター&営繕etc

 

 

3月に建物のシロアリ被害チェックを

無事クリアした 築11年 と 築13年のお宅を

同日に 再防蟻工事を行いました。

 

 

 

和室などの畳敷きの部屋が有るお宅の場合

そこに点検口があります。

 

 

昔の薬剤と比較して 人体への影響は

非常に少なくなっていますが

シロアリに対する効果も 短くなっています。

 

 

 

狭い床下に ほふく前進しながら移動

施工していきます。

 

 

 

2邸、それぞれ 2時間程度の作業で

終了しました。

 

これで当分安心ですね。

 

| 2016-05-06 - 00:00
2016-04-21
アフター&営繕etc

 

インターロッキングを張り進めています。

クラッシャーを転圧をかけて敷均し

バッサでレベル調整しながら

インターロッキングの水勾配を

とっていきます。

 

 

 

 

 

「縁石(ふちいし)」 を準備しています。

東洋工業 研磨ふち石 という

ちょっと きれいな縁石です。

 

| 2016-04-21 - 00:00
2016-04-15
アフター&営繕etc

 

コスミック・ガーデンの建物としては

本当に初期のモノとなる I様邸。

 

何度目かの エクステリア工事となります。

 

 

定期的なメンテナンスや 外壁の再塗装なども

しっかりして頂き、築19年とは思えないほど

ゴッドコンディションです。

 

今回は 庭周りと フェンス関係を工事しながら

排水系を きちんと処理します。

 

 

化粧ブロックも 搬入されて来ました。

 

 

庭でのバーベキュー用の 「炉」です。

耐火煉瓦で作った しっかりしたものです。

これは 再利用します。

 

 

 

工事の期間中は 敷地内の他の場所に避難して

もらっている ワンちゃんたち。

おとなしいのですが、見知らぬ人たちの出入りと

工事の騒音で ストレスを貯めなければ良いのですが・・・。

 

| 2016-04-15 - 00:00
2015-08-28
アフター&営繕etc

お引渡し後12年が経過しているM様邸。

ご家族の生活スタイルも変わり、広かった

2階の子供部屋を仕切ることになりました。

完成見学会で「お子様の部屋は将来

仕切れるように・・・」とご説明しますが、

このように実際に仕切ることがあります。

まず、壁の中に柱が通っている場所に、

枠になるツーバイ材を固定してゆきます。

 
壁の位置に同じくツーバイ材のスタッド(柱)を配置し・・・

 
石膏ボードで壁を造ってゆきます。

 

河原大工、川野大工の仕事の後は、クロス職人の山崎さんの出番です。

 

12年前はまだ主流ではなかった、柄物の輸入クロス。

今回、初めて使われました。思い切って選ばれた奥様も嬉しそうです。

 

反対側は、ハッキリとした濃いめのピンクを採用。

お部屋が、より明るく躍動感のある印象に。

 
建物の上質感は12年経っても変わらないので、一部のクロスを

張り替えて、内部の空間がバランスよくリフレッシュできました。

リフォームのついでに・・・水廻りで汚れが目立ってきた場所に

汚れに強いフロアタイルを施工。

ビフォアー        ⇒       アフター

 

正味1日の作業でしたが、少し生まれ変わった

内装を楽しんで頂けると幸いです。

| 2015-08-28 - 00:00
2015-08-10
アフター&営繕etc

目隠しフェンス工事を始めます。

フェンスの割や、高さなど事前に打ち合わせ&チェックです。

建物のサッシのカラーに合わせて、「ホワイト」のフェンスを

採用されました。

既成品のサイズをカットして使用するところが

あるので、無駄が出ないように割り付けを考えています。

既存の立水栓が高い位置にあるので

1段だけブロックを積んでおきます。

こんな感じで、庭にテーブルやベンチを出したりして

目線をきにせず くつろげます。

白いフェンスと、樹木のグリーンが

さわやかな雰囲気です。

| 2015-08-10 - 00:00
2015-05-07
アフター&営繕etc

 

腫れの続いた連休中に、足場も落ちて

外壁塗装の終了です。

 

 

着工時当初は、不安定な天候に 翻弄され

なかなか予定通りの 工程消化が出来ないでいましたが。

 

 

新築時とイメージを変えることなく、仕上がりました。

下半分の複数色のサイディングも、ぎりぎりの劣化具合だったので

「洗浄」→「クリア」 で 本来の色を呼び戻した感じになります。

 

 

 

コーキングなど、紫外線劣化で硬化したところも

あるので 全て撤去。

 

打ち直しました。

 

 

ステンレス板金や、ボーダー(帯)、雨どいや

エアコンの配管カバーなどもキレイになりました。

 

 

当時採用の サイディングは 「無機塗装」でないので

10数年程度で、再塗装が必要ですが、

早めの手当てが出来れば、新築時の微妙なカラーや

複数色の印刷も リアルに再現できます。

 

 

 

| 2015-05-07 - 00:00
2015-04-17
アフター&営繕etc

 

 

古い劣化した、コーキングを撤去し

新しいコーキングを打つ前の

バックアップ材の充填が終わりました。

 

 

 

雨樋や、化粧の帯やボーダー類の

塗装も終わり、艶がでてキレイになっています。

 

 

 

これらのパーツが キレイになっただけで

建物全体が ずいぶん引き締まります。

 

 

今年は 天候が不安定で

天気に振り回される 状態が続いていますが

良い日を狙って 作業を進めていきます。

 

| 2015-04-17 - 00:00
2015-04-08
アフター&営繕etc

 

築14年目の 玉野市のT様邸。

2世帯住宅なので、延べ床面積も 60坪オーバーです。

 

 

新築時の色合いを再現するというイメージで、それ用の

塗装(工法)を採用しました。

 

 

最近のコスミック・ガーデンの建物と違い

かなり凹凸の激しい外観デザインのため

足場組も大変ですが、安全確保のためにしっかり組みたてます。

 

 

 

同じく 玉野市内の K様邸。

春になって、植栽や植樹に良い時期になってきたので

「芝生」を植えます。

 

 

写真では、解りにくいかも知れませんが

細切れのシート状の芝生の「苗」を

指定された範囲に敷き込み、上から細かい砂を

撒きます。

 

 

生命力の強い 植物なので 心配は要りませんが

延びだしたら、どんどん行くので

芝刈りなどのメンテナンスは必須です。

 

| 2015-04-08 - 00:00
2015-02-09
アフター&営繕etc

 

先月から 屋根融雪システムの工事を

行っていましたが、第一段階完了しました。

 

屋根の先端(棟瓦)の両脇に

ステンレスの水道管に 細かい穴を開け

留めつけます。

 

 

 

 

インナーバルコニー の下面の屋根にも

水を流すため 同じくステンレス管を設置し

水を通してみました。

 

 

もともとの 水道管の径や 地域の水圧も影響しますが

なんとか 屋根面に水を流す形が 成功しました。

 

 

積雪の可能性のある時の前に

バルブを開いてもらい、凍結防止と融雪をさせます。

 

| 2015-02-09 - 00:00