現場建築日誌

INDEX

アフター&営繕etc

2013-01-12
アフター&営繕etc

築9年目のF様邸。

年末に障子の張替えをご自身で

行おうとしたところ、硬くてはずせないとの連絡がありました。

 

年明けになりましたが

河原大工と調整作業にお伺いです。

 

 

木材を使って、鴨居(かもい)をジャッキアップして

障子をはずします。

 

鉋(かんな)で少しづつ削ります。

何度か同じ作業を繰り返し

スムーズに開け閉めと取り外しが

できるようになりました。

 

 

敷居には、すべりが良く耐久性の高い

「桜」の樹皮を貼っていますので

ローソクを塗って 軽くメンテして完了。

 

この後、障子紙をF様自身で張り替えを

して、すっきりされることと思います。

| 2013-01-12 - 00:00
2012-12-22
アフター&営繕etc

築43年の古い木造住宅では

当たり前の壁の仕上げである

土壁+綿壁。

 

吸音と湿度調整の機能がありますが

触るとボロボロ落ちてきます。

 

 

古くなった綿壁に

専用の樹脂を塗って、乾燥後

パテで下地を整えます。

 

 

真壁(しんかべ=柱が見える)方式なので

隅からパテを塗っていきます。

 

 

硬化剤を入れるので、冬場でもすぐに乾きます。

 

クロスもあっという間に貼れていきます。

 

 

天井は板張りの竿なので

和風ですが、くすんだ綿壁の

暗い感じが、一気に明るくなります。

 

昔なら古い綿壁を落として

石膏ボードを張ってから・・・

という工程が一般的でしたが

今はこのような工法もあるので

古いお宅で 低予算でイメージチェンジするには

いいのではないでしょうか?

 

ただし、土壁+綿壁の状態や

雨漏り経験がないことが条件となります。

| 2012-12-22 - 00:00
2012-06-29
アフター&営繕etc

梅雨の合間に 飛び飛びで

工事をしていた 倉敷市羽島のM様邸。

 

 

アールの柔らかい 塗り壁と

アルミ鋳物の飾りフェンスが

アクセントになります。

 

 

車の出し入れも、土間コンの段差も解消され

スムーズで安全に変更されました。

| 2012-06-29 - 00:00
2012-06-28
アフター&営繕etc

中途半端で安定しない天候が続きましたが

それでも何とかここまで 進めました。

 

 

上半分のサイディングの塗装が終わりました。

 

 

雨どいも 紫外線で色ボケしていたものが

シャキッと引き締まりました。

 

 

下半分の多重カラー部分の クリア塗装にかかります。

まだまだこの状態なら

クリアで十分に 新築時の雰囲気を

取り戻すことが可能です。

| 2012-06-28 - 00:00
2012-06-26
アフター&営繕etc

ずっと雨空で、塀の塗りが

のびのびになっていた M様邸。

 

晴れ間がやっと来たので

速やかに塗り作業です。

 

 

段差を解消した ガレージ部分の土間コンクリートも

安定しています。

| 2012-06-26 - 00:00
2012-06-21
アフター&営繕etc

アール施工の塗り壁のモルタル下地まで

なんとかこぎつけました。

 

 

なんせ、この不安定な天候に

振り回されて 思うように進みません。

 

下地がすんでも、色が付けられず、

次の工程にも 繋がりません。

 

せめて、平日に2~3日の晴れが

続いてくれれば。。。

 

土間コン打ちも 止まったままです。

| 2012-06-21 - 00:00
2012-06-21
アフター&営繕etc

2000年にお引渡しした

岡山市南区紅葉台のT様邸。

築12年目です。

 

コーキングの打ち替えと、下半分はクリア塗装で

色を蘇らせ、上半分やこまかいパーツ類は

上から塗って リフレッシュの予定です。

 

 

近隣挨拶に回ったら、すでにT様が

ご挨拶済み。ということで 近隣の皆様も

ご理解が早く 非常にスムーズにあいさつ回りも

完了です。

 

ここから一気に 足場を組んで

塗り替えに。  と思っていましたが

ずっと 雨が降ったり止んだり。

 

 

コレばかりは、仕方ないので足場とネットで

うっとおしい中 生活してくださっている

T様には申し訳有りませんが、今しばらくお待ち下さい。

| 2012-06-21 - 00:00
2012-06-19
アフター&営繕etc

塗り壁の骨組みに当たる

ブロック積が姿を現しました。

 

この時期なので、工事も思うように進みません。

毎年の事ながら 工程管理に悩まされます。

| 2012-06-19 - 00:00
2012-06-12
アフター&営繕etc

数年前に大規模な断熱リフォームを

させて頂いた M様邸。

 

今回は、先だってのアルミテラス修復工事に

引き続き、外構工事(一部)に入っていきます。

 

まずは解体から。という事で

大きな段差が有った ガレージ部分の土間コンクリートの

撤去が行われました。

 

 

無筋ながら、厚さ150mmほどのコンクリートを

パワーショベルで撤去します。

 

全ての土間コンを撤去するわけでなく

一部のみです。

 

古い部分と新しくなる部分で、コンクリートの色が

違ってきますが そこはご了解を

頂いています。

 

 

新設される 塗りの塀に一部

アールがあるので、既存土間コンを

アールにカットしています。

 

| 2012-06-12 - 00:00
2012-06-04
アフター&営繕etc

足場も外れて、全体お披露目の

O様のアパート。

 

ビフォアー

 

アフター です。

 

紫外線劣化で表面塗幕の白化(チョーキング現象)が

起き、全体に ぼやーっとした 印象だったものが

アイボリー(白強め)に ブルー(少し黒を配合・半艶)を

アクセントにしました。

 

 

 

樋(とい)や スチール製玄関ドア、メーターボックスなどの

付属品も 塗装します。

 

基礎の化粧部分は 濃い目のグレーです。

今現在は、入居者は満室ですが

コレなら 新しめの近隣アパート にも引けを

取らないと思いますよ。 O様。 

| 2012-06-04 - 00:00