現場建築日誌

INDEX

F様邸(岡山市南区妹尾)

2022-09-23
F様邸(岡山市南区妹尾)

 

基礎の配筋が終わり、コンクリ打設のまえに

第三者機関による 「基礎配筋検査」を受けます。

 

 

図面通りに配筋しているか、鉄筋の太さや

ピッチなど、細かくチェックしていきます。

 

ここで、合格できないと、次工程には進むことが出来ません。

無事、合格を頂き コンクリ打設後、しっかり養生期間を

取ってから 型枠撤去します。

 

システムバス設置エリアは、

採用するシステムバスメーカーによってコンクリ天のレベルが

違うので、要注意です。

 

 

タカラスタンダード製の場合、基礎の天端まで上げておきます。

TOTO製やクリナップ製の場合は

もっと低い位置で大丈夫です。

 

 

玄関ポーチと 玄関入っての土間部分も

コンクリ打設となります。

埋め殺しのボード状断熱材をセットして

ミキサー車からのコンクリートをパワーショベルで

埋め込み、押さえていきます。

 

 

2022-09-13
F様邸(岡山市南区妹尾)

基礎配筋工事が完了し、第三者機関の検査を待つばかりです。

 

 

「鉄」の値上がりもすさまじく、こんなところにも

影響が出ていますが、鉄筋を少なくしたり

細くしたり、再生品を使ったり・・・ は絶対しないので物価高の

影響は結構響きます。

 

 

構造計算にのっとった 基礎配筋のため

地中梁のようなことになったり、鉄筋の束が出来たりしてしまいます。

 

 

地鎮祭で 神社さんからお預かりしていた「鎮め物」も

方位を確認してから 建物中心の基礎に

埋設させて頂きました。

 

2022-09-10
F様邸(岡山市南区妹尾)

 

土砂降りの中、頑張って工事してくれていた

パイル杭が完成です。

 

 

玄関ポーチ部など 一部を除き、コンクリートパイルの

中心には「リブ付き鋼管」を埋め込んで

水平方向からの荷重などに抵抗できる

ハイブリッド工法の 「タイガーパイル」です。

 

 

「遣り方(やりかた)」と呼ばれる

建物の位置を出して、設計GLを基準にした

基礎のベース用の掘削を行います。

 

 

外周や中通りの基礎立ち上がり部は

深めに掘っています。

基礎外周の中になる部分は「床スラブ」になるため

盛り上がっています。

 

次は 異形鉄筋を使った 配筋工事になります。

 

 

2022-09-03
F様邸(岡山市南区妹尾)

 

不安定な天気が続く中、トラバースさんによる

地盤改良工事が始まりました。

 

機会を操作するオペレーターと

レベルを見たり、作業をこなす職方さんと

カッパを着て、機械を傘で守りながら

頑張っています。

 

 

数日かかる改良工事ですが、風邪をひかぬよう

気を付けてくださいね。

 

2022-08-08
F様邸(岡山市南区妹尾)

F様邸の地鎮祭を執り行いました。

酷暑続きの中、少しだけ雲もあって 午前中は何とか凌げる感じです。

 

 

お供え物も 祭壇にきれいに並べられました。

 

 

祭典の前に、「結界」を作るべく

「四方竹」を立てていきます。

北東方向の竹から、時計回りに順に起こします。

 

 

南区にある「興除神社」さんをお迎えして

地鎮祭の祝詞奏上です。

 

 

四方に向かい、お祓いをして、清めていきます。

 

 

「鍬入れの儀」では F様ご夫妻と 長男くんが手伝ってくれました。

施工者側から 代表の 藤井が行いました。

 

       

 

 

参列者全員が、「玉串奉典」を行います。

ちびっこを抱っこしたままの奥様も暑い中 頑張ってお供えいただきました。

 

        

 

お神酒で乾杯をして 無事 祭祀を終えることが出来ました。

 

分譲地内で、他住宅メーカーさんが すでに着工している区画もありましたが

地盤改良中の業者の皆さんが 地鎮祭中は

工事を一旦中止頂き 静かな中執り行えるように

配慮を頂きました。

ありがたく、感謝いたします。

着工に向けて、始まるF様邸新築工事。

本日はおめでとうございました。

 

2022-07-19
F様邸(岡山市南区妹尾)

土地決済が終わり、所有権移転が完了。

晴れて 土地所有者になったF様。

市街化調整区域の開発物件のため

土地を決めてスタートからほぼ1年です。

 

もともとは、このような田んぼ(休田状態)からでした。

 

 

年々厳しくなる 農地転用許可~開発申請の

段階を経て、造成工事完了です。

 

 

生憎の天気でしたが、同じ分譲地内には

他社さんが 「地縄」で建物位置出しを

済ませていました。

 

敷地の調査と、地鎮祭を待ちます。