現場建築日誌

INDEX

H様邸(倉敷市石見町)

2021-11-12
H様邸(倉敷市石見町)

美装工事前にエアコンの設置が完了しました。

 

 

クロスは張りませんが、小屋裏にエアコンも1台設置しました。

各、2.8kwの10畳用です。

これで充分の冷暖房効果は有ります。

 

 

今回 施主であるH様のご要望により

Wi-Fiで照明やインターホン、防犯カメラに至るまで

コントロールできるシステムを構築しています。

私たちも初めての 工事でしたが

機種選定から、工事内容に至るまで

H様に教えてもらい そのように作業しています。

 

 

アプリを使えば、白昼色⇔電球色のコントロールや

明暗は勿論、様々なカラーの発光も演出できます。

 

店舗として使う訳ではないので、派手なカラー照明を

使用することは無いと思いますが、

こんなことも出来るという 一つの例として

非常に勉強になりました。

 

2021-10-21
H様邸(倉敷市石見町)

足場も落ちて 建物 全体の姿が現れたH様邸。

 

全体のトーンが濃いブラウンとブラックなので

独特の雰囲気が有ります。

 

最近人気のある カラーリングの様です。

 

 

建物北側には、中庭として使えますが

外部の視線は遮っている スペースが有ります。

 

そこから見上げた H様邸。

 

 

外部付属品のフード類、防水コンセント類、

電気メーターボックスも

全てブラック。

 

 

基礎水切りの板金(SUS304 ステンレス)も

ブラック。

 

基礎換気口もステンレス+ステンメッシュ仕様。

基礎表面も ヘアーラインクラックや

紫外線劣化から守ってくれる コートを施工済み。

 

 

エコキュート設置用の コンクリ台と

各種配管が見えます。

 

2021-10-11
H様邸(倉敷市石見町)

電気配線工事に使う コンセントなどの

電設品が用意されました。

 

庇の軒天井にある 通気ガラリはまだ養生シールが

残っていますが、雨樋も取付完了です。

 

 

1階坪庭横には 造作工事で作る

洗面化粧台が有ります。

ボウルが乗る カウンターの下地が出来ました。

 

 

坪庭から見上げたH様邸。

 

外部からの視線を遮り

プライベートなアウトドア空間です。

 

2021-09-28
H様邸(倉敷市石見町)

外壁の透湿防水シート 「タイベックシルバー」の上に

通気胴縁を打ちます。

 

 

Kmew 製 サイディングが納品されました。

ダーク系の全体イメージでまとめる予定です。

 

「ジョイナー」と呼ばれる 金属製のプレートを

コーキングする位置に設置します。

 

 

建物裏側には 外壁で囲まれた 中庭エリアが有ります。

 

そこにも 外壁が張り進んでいます。

 

 

張り進むと 建物の印象が変わってきます。

 

 

サッシ枠は勿論、外部フードやアクセサリー類も

ブラックです。

 

2021-08-28
H様邸(倉敷市石見町)

システムバス TOTO サザナが

設置されます。

 

H様邸では、とにかく掃除の労力軽減に

力をいれました。

 

きれい除菌水を 洗い場に散布し、

車のワイパーの様な動きで 床面の掃除を

バスがやってくれます。

 

 

 

他にも 浴槽のお湯を抜き、蓋をした状態で

スイッチオンで、高圧のお湯が浴槽内を洗浄してくれます。

一番体力を使うであろう、洗い場床面と

浴槽の掃除から 解放されるシステムです。

 

 

建物側では、無事ウレタン断熱工事も完了し、

大工さんが入り始めました。

 

 

先ずは、2階の床面には フローリングの前に

高密度石膏ボードを捨て張りして

歩行音などの重量衝撃音対策をしておきます。

 

 

さらなる 音や振動対策も用意できますが

ここまでは、標準工事としています。

2021-08-24
H様邸(倉敷市石見町)

断熱工事も完了したH様邸。

 

 

厚みや 欠損もチェックもクリアしました。

 

 

透湿防水シートの 「タイベックシルバー」も

張り終わり、外壁材の取り付けベース兼通気層用

縦胴縁も打ち終わりました。

 

 

床に使う、少し「粗い」イメージを演出する

フローリングを 梱包から出して 選別し

仕様エリアを振り分けておきます。

 

2021-08-19
H様邸(倉敷市石見町)

断熱工事にかかりました。

お馴染み 福山市の「マルフジフォーム工業」さんの

断熱施工車が来ました。

 

 

硬質ウレタンを吹き付ける前に、広範囲に渡って

シートやガムテープを使って養生をしていきます。

 

強力な接着剤でもあるウレタン。

飛散したウレタンが付着すると困るので

サッシや電気関係設備品や

ツーバイ材のスタッド類などなどに

丁寧に養生施工しておきます。

 

     

 

 

断熱施工完了後、気密測定を行います。

数値を下げる(性能向上)ため、測定しながら

発覚した隙間を埋めていく作業を

緻密にしていきます。

 

 

バスの設置個所と前室(脱衣室)のみ

基礎断熱仕様になっているので

写真のように基礎立ち上がり部分にも

吹き付けておきます。

 

2021-08-05
H様邸(倉敷市石見町)

玄関ポーチ柱や基礎の外周に

カラーステンレス(SUS304)製の水切り板金が

施工されました。

 

 

屋根の上では、瓦職人さんが

微調整掛けながら 瓦を葺きます。

 

 

切妻屋根の 妻側、両端に来る「ケラバ瓦」を

乗せるため、少し削ったりしながら収まりを

美しく仕上げていきます。

 

 

てっぺんの「棟(むね)」の部分には

屋根の通気層から上がってくる 湿気や熱気を

放出する「棟換気システム」の本体が見えます。

 

 

棟瓦が乗ってしまうと この部材も見えなくなってしまいます。

 

2021-07-19
H様邸(倉敷市石見町)

電気配線工事が始まりました。

リビングの壁掛けTVに対して、AⅤボードと接続する

各種配線が表に出ないように、フレキシブル管を使って

壁内に隠蔽します。

 

 

システムバスの天井部にある空間が

家中の配線類が集まるエリアになります。

 

分電盤の設置個所にもなるため

毎回「滝」の様に電線が垂れ下がってきます。

 

 

必要最小限の 穴あけ(構造体の断面欠損を極力少なく)と

斜めショートカットや配線の絡み、ねじれを

しない整然とした配線工事を行います。

 

石膏ボードで隠れてしまう工事ですが

トラブル箇所発見が迅速に出来たり

将来的に大規模メンテナンス時にも

作業しやすい環境を作っておきます。

 

 

結束部分には、当然 埃などから結線部を守る

カプセルを使います。

トラッキング火災の原因にもなるため

法的な規制などは有りませんが

必ず施工するようにしています。

 

2021-07-13
H様邸(倉敷市石見町)

朝一番から、上棟祭前に電気配線打ち合わせを

始めます。

 

構造体の木材の絡みを考慮しながら

位置や高さも決めていきます。

 

 

H様は お仕事柄もあり 電気配線や

ネット環境、最新家電設備などに 非常に

精通されており、事前にお渡ししていた配線図に

ご要望や寸法を加えたものをを作成して送って下さっていました。

 

お陰で、打ち合わせが滞ることもなく

かなり専門的な内容が入ってきたにもかかわらず

予定していた時間内で完了することが出来ました。

 

 

完成見学会開催時には、ちょっと見たことのない

設備やIT環境がご覧いただけるのではないでしょうか。

 

 

上棟祭としての お清めが始まりました。

 

建物の四方を、お神酒、あら塩、洗い米で

清めていきます。

 

 

これまでの安全に工事が進めたことへのお礼と、

これからの工事の安全祈願を行いました。

 

 

ご用意頂いた、お弁当やお土産等々

職方、スタッフ全員に 直接手渡し頂き

顔合わせを済ませました。

 

コスミック・ガーデンで建てるに至った経緯や

ものすごく期待と楽しみに思ってくださってることを

参加者全員に 伝えて頂きました。

 

 

ハイレベルな電気関係に対するご要望を

西本電業さんと、コスミック・ガーデンで

ハイレベルに応えていきたいと思います。

もちろん、それだけでなく 耐震性、高気密高断熱性能

等においても同様です。

上棟祭、おめでとうございました。