現場建築日誌

INDEX

K様邸(岡山市東区益野町)

2022-07-19
K様邸(岡山市東区益野町)

ついにお引き渡しです。

LPGとガス設備品をお願いした 「浅野産業」の

担当者さんが ガス開栓と リンナイ デリシアコンロの

取説をして頂きました。

 

 

ここのところの 世界情勢の影響もあって

半導体他 部品供給がネックとなっているらしく

上位グレードのガスコンロや、エコキュート、

ガス給湯器などなど、納期が見えにくい商品が

増えています。

 

 

工事中に K様一家には ご家族がおひとり増えて

益々 楽しくにぎやかになると思います。

 

土地探しから 2年以上お付き合いいただきました。

工期も長く、大変お待たせしてしまいました。

 

 

2階主寝室には「電磁波対策施工」をしているので

「電磁波測定器」を使って コンセントやそれにつながる配線経路を

計測し、ほかの部屋とは 各段に電磁波が減少しているのを

「数値」で確認いただきました。

 

 

玄関ホールには、トータルナカニシの中西さんが

姿見としてデザインミラーを取り付けてくれました。

 

 

引き渡し時、キーの切り替え、新規登録(リモコンキー=ポケットキーが

標準仕様)を行いました。

その後、新しく購入された 冷蔵庫が届き、設置されました。

ソーラーパネルが設置されているため、停電した場合、

コンセントを差し替えることにより

発電した電気で 冷蔵庫内を冷やし続けることが出来るように

しています。

 

この機能を 使わなくてよいなら それに越したことは

ありませんね。

 

 

茹だるような暑さが続く中のお引き渡しでした。

 

2台のエアコンで、家じゅう快適な

新生活をご満喫ください。

新居完成。おめでとうございます。

2022-07-12
K様邸(岡山市東区益野町)

見学会直後、引き渡し直前の様子です。

「アンティークハウス・ポートベロ」さんにて

購入の イギリス製 ステンドグラスです。

 

 

トイレに設置された葉っぱと小鳥のデザインの

アイアン製 タオル掛けです。

 

 

久々の収納はしご仕様。かつ小屋裏エアコンなし。の

設計でしたが、小屋裏の温度は26.5℃で

二十通気層構造の屋根裏の断熱性能の高さを

証明することが出来ました。

 

今回、ガス工事は 「浅野産業」さんにて 器具、配管、

管理をお願いしています。

ガスコンロでの料理をしたいと仰る奥様のご希望で

このために プロパンガスを引き込みました。

 

 

最近のタカラスタンダードのキッチンには

この「キクロン」のスポンジが付属してきます。

 

老舗メーカーのキクロンのスポンジは

キッチン用だけでなく 浴室用や一般掃除用も

良い製品だと感じます。

個人的には、キッチン用として キクロン同様

「ダスキン」の製品も良く出来ていると思います。

 

 

 

キッチン、浴室、サウナ、洗面他 給湯は電気の エコキュートです。

先述の通り、コンロのみガス利用となります。

給湯機とプロパンガスが近い場合、ボンベをパネルで隔離する

必要があります。

 

   

リビングには、津山市の「すえ木工」さんでオーダーした

壁面収納がセットされています。

 

一般的には、大型TVを中心に囲むような 収納になる形が

多いですが、K様邸ではTVの重要性は低く、家族それぞれに

ロッカーのようにして使える収納が必要でした。

 

 

マイクロミストサウナも 見学会後に完成しました。

「閉所恐怖症」の方には 厳しいかもしれませんが

乾太くんより サウナを選択された ご主人には

しっかり 「ととのって」頂きたいです。

 

2022-07-05
K様邸(岡山市東区益野町)

外壁のスライスレンガの目地詰め、押さえも

完了です。

雨どいなどが付いたら

足場は解体です。

 

 

基礎換気口の ステンレスガラリも

仮止めから、固定作業をして

コンクリートの劣化防止のコーティング処理を

行います。

 

 

屋内では、「(株)コロナ」製 家庭用ミストサウナルームが

設置されました。

 

「ととのう」でこの数年 流行のスチームサウナのような、

高温になるものではなく

もっと細かな粒子となる「ミスト」を

放出する一人用の設備です。

 

 

 

2022-06-16
K様邸(岡山市東区益野町)

内部造作も終わり クロス工事の前段階

パテ処理・下地工事を行っています。

 

 

天井を先に張っていき、

収納内なども 忘れず先張りします。

 

 

 

基本的には、白系の壁紙が多いのですが

現物を見ると やはり高級感が違います。

 

 

リビングには、大きなサイズのホーローパネルが

用意されています。

マグネットは勿論、伝言板としても

使用でき、ホワイトボード状にならないように

デザイン柄のある ホーローパネルとしています。

 

2022-05-20
K様邸(岡山市東区益野町)

内部の造作工事が大工さんたちによって

進んでいます。

吊り天井のボードも張り終わり、間仕切壁を仕上げていきます。

 

 

物入れの引き戸や 扉類を収めるための

枠材を先行して設置しておきます。

 

 

システムバスが組まれていきます。

BOX状態にしたら、浴槽をはめ込みます。

 

浴室壁面には かわいいデザインが施されています。

 

2022-03-25
K様邸(岡山市東区益野町)

K様邸の電気配線工事がいったん完了した後で

一部の居室のみ 「電磁波対策」を

施しに作業に入りました。

 

電磁波対策の専用シートも配線に巻き付け

テーピングします。

 

アース処理も必須です。

 

 

作業終了後「電磁波測定器」を使って

Ⅴ/mで表示されます。

 

家電製品や、スマホ、高圧電線や、携帯電話の基地局などなど

数値を見て 驚く&恐怖を抱くシーンもあります。

 

 

作業がはかどる、階段が掛かりました。

 

横長のFIX窓で

明るい階段室になります。

 

 

 

2022-03-20
K様邸(岡山市東区益野町)

電気配線工事も 無事完了。

いつも 丁寧な配線をしてくれる

西本電業チームの仕事です。

 

配線が終われば、ウレタン吹き付けの 「断熱工事」です。

聞くところによると 断熱用「ウレタン」の入手が

厳しさを増しているそうです。

様々な資材が 不足・高騰しており

予定外の対策を講じなければならないのです。

 

 

性能や品質を落として コストの帳尻を合わせる事だけは

絶対しない方針です。

 

 

吹き付けたのは まだ寒い時期でしたが

断熱施工が終わった現場の中は、暖かくて

仕事が楽にできると いう声を聴きます。

 

2022-03-06
K様邸(岡山市東区益野町)

屋根の防水と、隠し樋(ステンレス板金)の施工が終わりました。

 

切妻の両端には 「ケラバ瓦」が付きます。

平板とケラバ瓦の接続部の下に

隠し樋が設置されます。

 

大雨と強風で 横滑りした雨水が瓦裏に

回った時に受け止め排出するのが目的です。

 

「栄四郎瓦・UU40・レッド」が葺き上がりました。

 

 

専用支持瓦を使い、屋根地に穴を開けることなく

ソーラーパネルの架台を取り付ける工法を

採用しています。

 

幾らパネルの裏側で、紫外線が当たらないとはいえ

ボルトやビス周りのコーキングはいずれ劣化し

雨漏りの原因になってしまう可能性が高いので

早くて安い、一般的な工法は避けるようにしています。

 

 

 

2022-02-23
K様邸(岡山市東区益野町)

建方工事も無事完了し、いよいよ上棟祭当日です。

朝から、K様にもお越し頂き

電気配線図面に沿って、コンセントやスイッチ類の

位置や高さの確認です。

一緒に、換気扇や給気口の位置や、

ダウンライトの位置も確認していきます。

 

断熱施工前なので、コスミック・ガーデンの家といえど

寒い中、関係者で頑張って決めていきます。

 

 

臨月の奥様も上棟祭前には

合流して頂き、娘さん含む家族全員で

建物の四方払いを行いました。

 

御神酒、粗塩、洗い米で

丑寅方向から時計回りに

お清めしていきます。

 

ここまでの安全に無事故で来られたお礼、

これからの工事の安全を祈願します。

 

御神酒で乾杯の儀式の後、

K様ご家族より、参加者した職方やスタッフに

お心遣いを頂きました。

 

 

本来なら、みんなで歓談しながら

食事して盛り上がるのですが、

こんなご時世ですので、各自持ち帰り頂く形になってしまいます。

早く、以前の様なカタチで上棟祭を

執り行えるようになればいいなと思います。

 

 

上部の足場には 野生の鳥が「巣」を作って

卵を温めています。

外部の作業が 始まる前に

退去できる状態になればいいのですが。。。

2022-02-15
K様邸(岡山市東区益野町)

小屋組みを進め、垂木を流して

構造用合板を張って、タイベックシルバーを施工します。

 

通気胴縁を流したら、再度構造用合板を張って

瓦地を造ります。

このタイベックシルバーの表面が 1重目の通気層となります。

 

ホウ酸処理した 合板の上に ゴムアス系のルーフィングを張って

瓦桟を打ちます。

細かな束になった瓦を、まんべんなく

屋根に分散配置して、しっかり荷重を掛けておきます。

 

 

サッシがまだ取り付けられていないので、雨仕舞と

防犯目的の為、ブルーシートでぐるぐる巻きにしておきます。