現場建築日誌

INDEX

K様邸(岡山市北区大窪)

2020-03-16
K様邸(岡山市北区大窪)

追い込みに入った K様邸。

 

まだまだ養生だらけですが、

完成時のイメージが湧く状況になりました。

1⇔2階

2⇔小屋裏

の階段位置が違う設計のため、このような空間が生まれます。

 

センターキッチン仕様なので

ほぼ正方形のキッチンの周りをぐるっと回れます。

 

天井いっぱいまでの高さがある

食器&家電収納。

そのため奥行きがあります。

 

扉はミラーになっています。

 

 

リビング上部は 吹き抜けなので

スリムでおしゃれな 大型のシーリングファンが

取り付けてあります。

 

上下階の空気を攪拌・循環してくれます。

 

高気密高断熱住宅では

単なる飾りではなく 実用品になります。

 

 

階段の手すりは

アイアンの格子デザインです。

 

見た目は華奢でも、しっかり頑丈なものです。

 

2020-03-09
K様邸(岡山市北区大窪)

来月の完成見学会に向けて進んでいるK様邸。

クロス工事やタイル工事をやっています。

 

 

大きな吹き抜けがある リビングには

真っ白い内装に、真っ白いシーリングファンが

設置されます。

 

 

センターキッチンが設置されるため

キッチンの真ん中に換気扇用ダクトパイプが

下りてきます。

 

2020-02-08
K様邸(岡山市北区大窪)

片持ちではないタイプの

「ストリップ階段」が出来ました。

 

 

アイランド型のセンターキッチンなので

部屋の中心に レンジフード用

配管ダクトが見えます。

 

システムバスも据え付け完了。

 

TOTOのシステムバスです。
「サザナ クレイドル浴槽」と呼ばれるモデルです。

 

 

大きな吹き抜けのなかに

ストリップ階段がかかるため

屋内用足場の設置も かなり気を使います。

 

 

揺れるので、階段に当たらないように

しなければならないですから。

2020-02-04
K様邸(岡山市北区大窪)

屋内の大工工事も進みます。

吹き抜けの手すり上部の 笠木取り付け後の様子です。

クランプして 固定します。

 

 

外壁も 順調に進みます。

 

 

ごく一部を除き ほぼ張り終えた K様邸。

全体的にダークトーンでまとめています。

 

 

周囲は分譲地で、様々な工務店やハウスメーカーが

建築中です。

 

工事のスピードでいえば ハウスメーカーさんの

速度とは違い あとから着工した現場に

追い抜かされますが、あくまでマイペースで

進めていきます。

2020-01-16
K様邸(岡山市北区大窪)

 

ウレタン吹き付けが完了し、いよいよ大工チームが

現場入りします。

 

 

天井の石膏ボード用の下地を

井桁に組みます。

 

構造体には直接 緊結せずに

「防振吊り木」という樹脂製パーツで

下地を吊り下げます。

 

 

階段も久々の オープン形式で

直階段です。

 

長い目で見たときの がたつきや床なり防止の

意味もあって ストリップ式にはしません。

 

ホール側(リビング側)には

後ほど ちゃんとした手摺は付きます。

2020-01-09
K様邸(岡山市北区大窪)

建て方が終われば、現場にて施主さんと

電気配線打ち合わせを行い、正午前に

上棟祭を執り行います。

 

建物の四方に、お神酒、お米、塩を

撒いて清めていきます。

 

ここまでの無事に工事が進んだことへの

感謝とこれからの工事の安全と

K様ご一家の発展を祈願し 祝詞奏上と乾杯を行います。

 

 

 

電気配線工事が終わって、第三者機関の検査合格を

経て ウレタン吹き付け断熱工事に移ります。

 

 

外部に面する壁面はもちろん

ウィンターガーデンも屋外とみなし

床面にあたる1階天井面の一部も

吹き付けします。

 

    

 

その後、断熱施工をお願いしている

「マルフジフォーム工業」さんに

「気密測定」を実施してもらいます。

 

 

コスミック・ガーデンの建物は

全邸 測定をかけています。

2019-12-17
K様邸(岡山市北区大窪)

電気配線工事が終わったK様邸。

ウレタンが吹き付けられる

外周面や高温になりやすい配線

将来的に入れ替えが想定される配線などには

CD管を使います。

 

 

上水道、給湯、排水など

キッチン(食洗器含む)の設置場所には

様々な「管」が立ち上がってきます。

 

 

外周は 「透湿防止シート デュポン社製 タイベックシルバー」を

張っています。

 

アルミを使用した タイベックシルバーは

木材の防蟻防腐剤などに含まれる「界面活性剤」に

負けることなく 長期にわたって性能を維持できるため

長きにわたって 採用させて頂いてます。

 

2019-12-02
K様邸(岡山市北区大窪)

建て方工事が終わり、雨仕舞した屋根の上に

瓦を分散して並べておきます。

 

瓦の重さが 建物躯体に伝わり

しっかり荷重をかけてから

帯金物などの 補強金物を固定します。

 

 

ヴェルックスの天窓をセットしたら

防水に気を付けながら

瓦を施工していきます。

 

2019-11-26
K様邸(岡山市北区大窪)

建て方が続く K様邸。

 

2階壁面が起き上がりました。

 

 

2重通気層の屋根が標準仕様の

コスミック・ガーデンなので

熱反射シートを張った 1重目の屋根地が

見えます。

タイベックシルバーを張った 屋根地に

ホウ酸塩処理をした通気胴縁を

打って 再度屋根地合板を張ります。

 

 

三角屋根も出来上がって

家らしい形になりました。

 

 

雨対策のブルーシート養生をしますが

すぐに 樹脂サッシAPWと、玄関ドアが取り付けられます。

2019-11-24
K様邸(岡山市北区大窪)

建て方工事が始まりました。

パネル工場から 第一便の積載トラックが到着です。

 

 

クレーン車で吊りながら

1階外壁パネルを建てていきます。

 

1階 がいしゅうぶがぐるっと

建ち上がった状態です。

 

 

この後、1階天井兼2階床を
組んでいきます。