現場建築日誌

INDEX

N様邸(倉敷市船穂町船穂)

2022-01-25
N様邸(倉敷市船穂町船穂)建築中

大きな吹き抜けの有る N様邸。

屋内用足場を使って 高所の施工を行います。

脚立で届くところは

そのまま張っていきます。

 

 

全体的に スッキリとした ホワイト系の

インテリアになります。

 

 

素材は高級感のある 布クロスも採用頂いています。

両耳をカットしたところを見れば

ビニールクロスではないのが良くわかります。

 

 

そんな 壁紙施工中の現場で

カーテンの現場合わせの打ち合わせが始まりました。

 

壁紙との相性は勿論、透け具合、遮光具合や閉じたとき

畳んだ時の感じなど、現場ならではの確認したい

雰囲気を確かめることが出来ます。

 

    

2022-01-17
N様邸(倉敷市船穂町船穂)

透湿防水シートのデュポン社製「タイベックシルバー」を

建物全体に施工し、外壁固定用下地兼通気層用の 「縦胴縁」を

施工します。

 

 

胴縁にも、ホウ酸塩処理をして腐食と

シロアリ対策もしておきます。

 

   

 

 

外観を印象付ける サイディングは Kmew(ケイミュー)の

レンガ調デザインを採用されました。

 

ホワイトのサッシ枠が きれいなコントラストを

演出します。

 

     

 

玄関ポーチ前の 壁面は 薄いグレー色の

スッキリしたデザインのサイディングになります。

 

2021-12-02
N様邸(倉敷市船穂町船穂)

リビングの吹き抜け部分も石膏ボード張りがほぼ完了です。

 

各、居室や収納用開口部には

ウッドワン建具用の開口枠が

取り付けました。

 

 

2階居室もボード張りが進みます。

 

2021-11-04
N様邸(倉敷市船穂町船穂)

 

断熱工事が終わると、一気に大工造作が進みます。

階段もかかりました。

 

最近コスミックガーデンのお客様のなかで、

流行りなのか、蹴込み(けこみ)が白。

踏面(ふみづら)が修正無垢オーク材。

という組み合わせです。

 

 

設備機器の中で 一番に設置される システムバス。

工事中は、埃をかぶったり、汚れ難いという

事で、一時保管場所になることも多い

スペースです。

 

 

天井の石膏ボード張りも進みます。

先ずは、天井から。という工程です。

 

 

大きな吹き抜けの有る リビング。

補強の意味も含めて 外周壁内側にも

構造用合板を張って 「両面補強=太鼓張り」状態に

しておきます。

 

2021-10-22
N様邸(倉敷市船穂町船穂)

遂にウレタン吹き付け断熱工事が始まります。

お馴染み 福山市からやってくる

(有)マルフジフォーム工業 さんの作業車があります。

 

 

荷室には コンプレッサーやその制御装置と共に

クラボウ クララフォームのドラム缶が並びます。

 

2液を混合して、屋根勾配面と

壁面に それぞれ違う厚みで吹き付け施工します。

 

 

 

硬質発泡ウレタンは、独立気泡なので

断熱材の厚みの中で、水蒸気や空気が移動しないため

壁体内結露が非常に発生しにくいモノになります。

 

壁面も同様。

 

 

断熱工事完了後、マルフジフォームの藤井専務による

気密測定を全邸行っています。

 

プランや、延べ床面積によって数値は変わります。

「床断熱」のコスミック・ガーデンの家は、

「基礎断熱」の建物よりは気密性では

不利なのですが、測定結果はいつも 良い数値をたたき出しています。

 

実際のお宅の数値については、見学会やお問い合わせを

頂くとご回答させて頂けます。

 

 

    

 

小数点2位以下の数値を競っても

体感出来たり、冷暖房費で解り易く「差」が出るわけではありませんが、

施主さん自身が 「我が家のC値」を知っておくことは

良いことではないかと考えます。

 

2021-10-11
N様邸(倉敷市船穂町船穂)

西本電業チームが 配線工事を完了しました。

TVゃLANなど CD管を使って

分配しています。

 

構造体の一部となる スタッドの欠損面積を

最小にするように工夫しています。

 

バスルーム手前の 脱衣室周辺には

分電盤回路に向かう 大量の配線が集中してきます。

 

 

外壁のウレタン吹き付け面に取り付ける

コンセントボックスは、ウレタンが発砲する力に

負けて変形などしないように

金属製のボックスを使います。

 

 

エアコンスリーブや、換気扇用のスリーブなど

穴を開けてパイプをはめ込んだところは

周囲を1液ウレタンで埋めておきます。

 

気密を確保するためです。

 

2021-10-01
N様邸(倉敷市船穂町船穂)

 

建方も完了し、お日柄の善き日、上棟祭を執り行いました。

 

御神酒、洗い米、あら塩で建物4隅を

お清めしていきます。

 

 

奥様も。

 

お父様も手伝ってくださっています。

 

 

屋内で 祝詞奏上、工事安全祈願、N家の

皆様の発展を祈願して乾杯もします。

 

 

コロナ禍ということもあり、

手土産、ご祝儀、お弁当を

手渡しして お互いに感謝の気持ちを伝えます。

 

 

関係者一同 頑張ります。

おめでとうございます。

2021-09-21
N様邸(倉敷市船穂町船穂)

 

建方工事が完了したN様邸。

サッシが入るまでの間、雨養生ということで

大型ブルーシートで家全体を

すっぽり包んでおきます。

 

 

屋根面も 瓦を葺くまで

ブルーシートで覆っておきます。

 

 

 

まだ、APW430 トリプルガラスサッシが搬入されていないので

ちょっと物足りない雰囲気ですが、

ブルーシート越しの光が差し込みます。

 

太めの 「胴差」やダブルに組み合わせた

「スタッド」が目を引きます。

 

木材の多さが良くわかる 構造体の状態です。

 

 

サッシや玄関ドアも入って、屋根瓦も葺き始めました。

開口部以外の躯体を保護するために ブルーシートを

残しています、。

2021-09-16
N様邸(倉敷市船穂町船穂)

建方工事は始まった

N様邸。

大きな吹き抜けが目立つプランです。

 

1階は組み上がり、2階床組から構造用合板を張って

2階床を作ります。

 

 

吹き抜け奥に見える開口は

階段室になります。

構造用合板は 事前に「ホウ酸塩処理」を済ませているため

薄いグリーンになっています。

 

半永久的に、アメリカカンザイシロアリやゴキブリを寄せ付けない

建物になります。

 

 

1階リビングからみた構造体です。

 

 

2階外周壁や間仕切壁が起こされ、

家らしくなってきます。

 

屋切りパネルや垂木、棟木が乗ると

三角形が出来て 屋根が出来たのが良くわかります。

 

    

 

 

 

2021-09-09
N様邸(倉敷市船穂町船穂)

養生期間も終わり、型枠撤去しました。

 

浴室部分は 基礎天までコンクリ打設するのが

タカラスタンダードのバスが入るときです。

それ以外の、メーカーの場合

土間天はぐっと下がります。

 

 

雨が降り続いた時期でもあり、しっかり水抜きと

乾燥をさせておきます。

 

 

先行して足場を組みます。

 

 

基礎に 桧の土台を緊結し、床枠をしっかり組んでおきます。

床根太間に、スタイロフォームをはめ込んで

床断熱仕様にします。

 

 

この上に、ホウ酸処理した構造用合板を敷き込みます。

ウレタンボンドを併用して、「實(さね)」を組んでいきますが

この時点で、しっかり隙間が出来ないような仕事が必要です。

 

 

後の 気密測定時に 床からの漏気は結構な

高確率で発生します。

 

もちろん、コスミック・ガーデンでは

そうなってもキッチリ 抑え込みますが。