現場建築日誌

INDEX

O様邸(倉敷市玉島柏島)

2021-04-20
O様邸(倉敷市玉島柏島)

基礎工事もひと段落ついて

土地購入当初から 気になっていたカーブミラーの移設

工事に入ります。

 

事前に関係各所に問合せ、確認をして

手続きをして お許しを頂きました。

 

 

既存のカーブミラーの足は、縁石に穴を開けて

固めた形状ですが、最新の方法は

このような感じで ロケット状のスリーブを

打ち込み 柱を固定するエスピー工法というものだそうです。

 

先に 既存ミラーを撤去してしまうと

交通の障害になったり、危険なので

新しい柱を立てて、ミラーを移動します。

 

 

古いミラーの柱は細く、新しい柱様に

クランプ(?)状の止め金具を付け替えての

設置になります。

ちょっと、珍しい光景かも知れません。

 

・・・で、新しい方へ ミラー移設で完了です。

2021-04-05
O様邸(倉敷市玉島柏島)

基礎工事の続きです。

アンカーボルトの立ちや

コンクリートのかぶり厚など 重要なチェック項目は

山ほどあります。

 

 

床板部分のスラブを打設した後

立ち上がりの型枠を組んで、打設待ちです。

 

 

 

基礎換気口用の型枠はこんな感じで、

セットされています。

 

 

型枠を撤去中の写真です。

餃子の羽の様な 薄い「バリ」が有るので

これらもきれいにしながら

基礎天端のレベルを+-(プラスマイナス)2mmで

調整していきます。

 

2021-03-20
O様邸(倉敷市玉島柏島)

 

基礎屋さんが配筋の作業をしています。

 

ある程度の配筋はパーツごとに事前に作っており

何かとトラブルになりやすい「現場溶接作業」を

無くすように工夫しています。

 

 

コスミック・ガーデンの協力業者さんの

基礎屋さんは2社あります。

どちらも 非常にクオリティの高い仕事をしてくれるため

他の工務店やメーカーさんからも常に引っ張りだこです。

 

 

構造計算を行うと

基礎の配筋や構造自体がかなりごついものに

なります。

 

玄関ポーチの柱用基礎配筋や

地中梁の配筋もかなりコストのかかった仕様になります。

 

 

それでも言葉通り全ての「基礎」なので

ケチったり、変なコストダウンは一切排除しています。

第三者機関による「配筋検査」も無事合格となり。。。

 

 

近く床板(スラブ)部分のコンクリート打設になります。

2021-03-15
O様邸(倉敷市玉島柏島)

 

敷地内の高低差を少なくするため

土砂の鋤取りと搬出を行います。

 

 

山積みだった 残土も処理され

スッキリしました。

 

 

いよいよ 本格的な基礎工事にかかります。

床掘~基礎ベースの掘削。

 

 

ベタ基礎床板部分の砕石敷き込みが完了です。

 

2021-03-09
O様邸(倉敷市玉島柏島)

風も無く、春の到来を感じる気持ちの良い

この善き日、O様邸の地鎮祭を執り行いました。

 

先ずは 結界を作るための 四方竹を

起こしていきます。

 

 

立派な頭付きの鯛などのお供えをご用意頂き

「興除神社」の西辻宮司をお迎えして

祭典の開始です。

 

 

祝詞奏上の後、O様にもご協力頂き

四方払いです。

 

 

お清めをする 若いパパの雄姿を見つめる

1歳になったばかりの愛娘ちゃん。

 

 

続いて、「鍬入れの儀」

施主さんからです。

 

施工者であるコスミック・ガーデンの代表

藤井も鍬入れです。

 

 

「鎮め物」を砂山に埋めて

塩・米・お神酒で清めます。

 

これは、基礎工事中に ベタ基礎床板部分の

中心に埋設させて頂きます。

 

 

最後に 一瞬だけマスクを外して

記念撮影です。

 

やはり マスク顔ではなく 素顔の「笑顔」を

見られると 安心しますし、スタッフも嬉しいのです。

 

 

おめでとうございます。

2021-03-02
O様邸(倉敷市玉島柏島)

土地探しから始まった O様ご夫妻と

出会ったのは 今から約1年半前です。

 

何か所も見てきましたが、

ご夫妻それぞれの通勤にも都合が良く

水害の可能性の非常に低い この物件を手に入れました。

 

南道路で陽当りが良く

閑静な住宅街の中にあります。

 

 

不動産業者の担当者さんとも

下見や引き渡し時の状態について確認を取りました。

 

 

 

既存建物や、納屋、庭木、ブロック塀などを

解体し更地渡しの物件であったため、

契約後解体です。

 

 

在来木造住宅の築50年以上の建物です。

あっという間に 姿が消えて行ってしまいます。

 

 

 

古い間知石の土留が残ります。

あまり、荷重をかけるわけにはいかないので

全体計画も慎重に。

 

無事解体が終わり、整地も完了しました。

並行して、プランや仕様打ち合わせも進んでいます。