現場建築日誌

INDEX

O様邸(真庭市久世)

2022-05-17
O様邸(真庭市久世)

完成まじかのO様邸。

2階のリビングには、木のぬくもりを芸術的に

表現した パネルが レイアウトされています。

「絵」や「写真」とはまた違った趣のあるものです。

 

 

天井埋め込みの物干し金物 「川口技研 ホスクリーン」が

取付完了です。

 

 

小屋裏には SPF材の本棚を

造作しました。

 

 

夜のO様邸。

外部照明が、ツイーゲルやレンガの立体感を

光と陰で演出してくれます。

 

| 2022-05-17 - 19:33
2022-05-13
O様邸(真庭市久世)

キッチンの取り付け工事中です。

クリナップの「ステディア」のセットです。

 

 

クロス工事も完了したところには

「モニュメント」的にデザインしたものを

セットしました。

 

 

小屋裏のロフトエリアも美しく仕上がりました。

フロア面は、「ヘリンボーン柄」のCFです。

 

 

インテリア山崎チームが 広い面積を総出で

頑張ってくれています。

 

 

 

| 2022-05-13 - 19:47
2022-04-29
O様邸(真庭市久世)

外壁工事も終わり、雨どいも掛かり、

塗装も完了です。

 

 

目の前の 桜が満開で、敷地内の菜の花との

コントラストが美しいです。

 

 

足場があるうちに 確認できるか所の一部です。

 

「ケラバ瓦」と「雪止め」です。

県中部から北部にかけては 必須です。

 

| 2022-04-29 - 14:05
2022-04-05
O様邸(真庭市久世)

玄関ポーチ周りも 換気ガラリを除いて

ほぼ収まりました。

 

 

レンガ目地も 押し込んで深目地調にした

ブラウン色が映えます。

 

 

埋め込み式の物干し金物用の

天井開口部が見えます。

 

屋内はクロス用の下地処理(パテ処理)が

進んでいます。

 

 

旭川の土手の桜も まだこの時点では

満開ではありませんでしたが、数日後が楽しみな状態でした。

 

 

ロフトからの羽目板張り 勾配天井が

アクセントになります。

 

| 2022-04-05 - 17:58
2022-03-29
O様邸(真庭市久世)

 

カーテンの打ち合わせ中のO様邸。

カーテンや家具でいつもお世話になっている

「トータルナカニシ」さんが

仕切ってくれます。

 

 

そろそろ、春の雰囲気が漂い始めた

真庭市の山々。。。

 

 

ツイーゲルⅡの半永久的に メンテナンス不要な

外壁材は長期にわたり、施主さんにメリットを与えてくれます。

 

 

玄関ポーチ周りは、スライスレンガ張りのO様邸。

外壁と微妙に カラーが違うので、

全体の雰囲気を見ながらカラー選択して頂くために

玄関ポーチタイルの サンプルを並べて

絞り込んでいただきます。

 

| 2022-03-29 - 15:56
2022-03-24
O様邸(真庭市久世)

「ユダ木工」製の建具の取り付けです。

 

コスミック・ガーデン代表の 藤井宅など

高級感を出すときに よく採用される

広島県の「ユダ木工」さんの建具が

搬入されました。

 

 

上吊りタイプの引き戸で

「和」のテイストを持ったデザインです。

 

 

上部格子の縦板張り框組みの引き戸も

入ってきました。

 

 

丁寧な造りと 張りものではない重厚感は

現物を見ると 誰にでも理解できる

高級感があります。

 

年数の経過と共に 味わい深くなるのも

無垢材の魅力です。

 

| 2022-03-24 - 17:39
2022-03-14
O様邸(真庭市久世)

建物本体は「陶性外壁ツイーゲルⅡ フラット

チャコールブラック(?)」で

玄関ポーチ柱は ダークブラウンの

スライスレンガを選択されたO様邸。

 

 

東面は、ほぼ張り上がったツイーゲルⅡ。

 

 

この角度からなら、2種類の外壁材が

望めます。

 

重厚感、高級感は圧倒的で、近隣の

存在感は抜群です。

 

| 2022-03-14 - 15:07
2022-03-06
O様邸(真庭市久世)

1階から2階。

位置を変えての 2階から小屋裏へ。

 

階段が掛かり、手摺の造作も完了です。

通常より 下段幅を広げた O様邸。

すれ違いや、大きな荷物の出し入れには有効です。

 

 

中間の回転場には 採光の為 FIX窓があります。

 

明るい階段です。

| 2022-03-06 - 11:35
2022-02-23
O様邸(真庭市久世)

ロフトの勾配天井廻りも

石膏ボード張りが進みました。

 

 

今年は例年より 若干 降雪が多いようです。

量よりも回数が多いのかなと思いますが。

 

 

こういうエリアだからこそ、「高気密高断熱住宅」の

性能を発揮して、快適性を実感して頂きたいものです。

 

川野大工は、無垢材(自然塗装済み)を

使った 「窓枠」を作っています。

 

 

ロフト天井の 板張りも進みます。

 

仮の足場を作って、上からと下階からと

張り進めます。

 

| 2022-02-23 - 13:47
2022-02-19
O様邸(真庭市久世)

吊り天井用の 下地を制作して、

石膏ボードを張っていきます。

 

 

常時、上を向いての作業の為

大工さん達の 腰にかかる負担は結構なものになります。

 

 

照明器具用の配線も、シーリング用と

ダウンライトでは、下地補強の作り方など

変わってきます。

 

 

薄型の細身の照明を埋め込んで

天井がフラットになるタイプが設置されます。

 

この時点で、照明器具の型番が確定されていないと

困ってしまいます。

 

| 2022-02-19 - 16:10