現場建築日誌

INDEX

S様邸(総社市上林)

2020-09-18
S様邸(総社市上林)

 

大工工事が進む S様邸。

キッチンの天井照明は 埋め込みフラットな

デザインの為、事前に器具寸法で穴開けしておきます。

 

 

リビング横には、小上がりのスペースがあります。

 

階段も付いたので、上下階の移動が

楽になりました。

 

長物は階段が掛かる前に

上階に搬入を済ませておかなければ

後が大変です。

| 2020-09-18 - 18:50
2020-09-08
S様邸(総社市上林)

大工さん達が入って、どんどん進みます。

1階の天井地には 樹脂製防振吊り木を

入れて 吊天井仕様にします。

上階の歩行音などの振動を抑え

配線も可能な限り構造躯体に 欠損部(穴開け等)を

出さないようにできます。

 

断熱工事が終わって、最初の衛生設備機器の

設置になるのが システムバスです。

S様邸は 「TOTO サザナ Tシリーズ 人造大理石浴槽」を

ご採用となります。

 

 

外部では 透湿防水シートの上に

通気胴縁を打ち終わったところです。

 

| 2020-09-08 - 20:18
2020-08-27
S様邸(総社市上林)

現場発泡の硬質ウレタン吹き付け作業車です。

「クラボウ クララフォーム」2液混合タイプを

使用します。

 

 

ウレタンはそれ自体が、強力な接着剤でもあるため

不要な部分に付着しないように気を付けて

養生します。

 

配線や配管など 隙間ができやすい部分も

ウレタンで塞ぎます。

 

 

瓦も葺き終わりました。

立体的なデザインですが、「和」にも「洋」にも

合わせることができます。

 

   

陽を浴びたとき。

雨の時。

曇り空の時 でそれぞれ表情が変わるのも

面白いところです。

 

| 2020-08-27 - 17:25
2020-08-24
S様邸(総社市上林)

屋根地が出来たら、防水のカナメ。

「ルーフィング」を施工します。

 

 

瓦桟を取り付けたら、4枚くらいの束を

分散配置し、荷重を屋根を通じて しっかり建物に

掛けておきます。

 

 

 

電気配線工事に 西本電業さんが入ります。

暑い中、普段と変わりなく 丁寧でよじれていない、ショートカットしない

電気配線工事を終えてくれました。

 

    

| 2020-08-24 - 17:20
2020-08-19
S様邸(総社市上林)

梅雨明け宣言がまだ出ない頃。

素晴らしい快晴ですが、高い気温と湿度の中

気合を入れて上棟祭を執り行いました。

 

 

簡易の祭壇には 「御幣」や「お神酒」、「御札」が

並びます。

 

 

ご両親様もご参加いただき、賑やかな上棟祭となりました。

 

 

四方払いの前に 「二礼二拍手一拝」を行います。

 

 

建物の四方を お神酒、お米、粗塩でお清めしていきます。

S様ご夫妻にもお手伝い頂きました。

 

   

 

ここまでの無事と

これからの工事の安全、S様ご家族の発展を祈願して

祝詞奏上です。

 

 

この後、お弁当や手土産を頂きました。

猛暑とコロナ対策で

色んなお心遣いを施主様とそのご両親様に

頂きました。

本当にありがとうございました。

 

ここからが 本番です。

工期はしっかり頂き時間は掛かりますが

いい家を作っていきますので

宜しくお願いいたします。

 

おめでとうございました。

 

| 2020-08-19 - 18:42
2020-08-05
S様邸(総社市上林)

大屋根の小屋裏2階スタイルの S様邸。

棟が完全に上がりました。

 

 

在来工法木造住宅の様な「大きな棟木」というのは

ありません。

 

 

二重通気層を設けた 屋根構造で2階は勿論

屋根裏も 暑くなりにくい空間にしています。

 

棟部分の数か所に 通気層や瓦裏を

上昇気流が排出 出来る様に

スリット上の開口があります。

 

 

雨仕舞の為 ルーフィングを施工しておきます。

 

ホウ酸とは別に 化学薬品系の 防蟻処理を

床から1mの高さまで施工しています。

 

外部構造合板の 下の方が色が濃いのはそのためです。

| 2020-08-05 - 18:13
2020-07-27
S様邸(総社市上林)

屋根が組まれて 家らしくなりました。

大屋根の小屋裏2階建て方式です。

 

1層目の屋根地を組んで、輻射熱反射のための

「透湿防水シート・タイベックシルバー」を

張ります。

 

 

そこから再度通気胴縁を言って2層目。

その上にルーフィングで瓦葺きとなります。

 

 

合板類は全て ホウ酸処理済です。

飛来して取りついてしまう

「カンザイシロアリ」に対抗します。

 

| 2020-07-27 - 20:25
2020-07-22
S様邸(総社市上林)

雨天のため、一旦休止していたS様邸の

建て方工事が再開です。

 

快晴と共に一気に気温は上昇です。

大工さんはじめ、職方は水分補給と

休憩をしっかりとりながら進めます。

 

 

パネルはどんどん搬入されます。

 

 

 

クレーン車がどんどんパネルを

運びあげます。

 

矢切部分の勾配天井になる外周パネルです。

 

 

垂木を流します。

 

この上に1枚目の構造用合板を張って

遮熱層を作ります。

 

まだまだ建て方工事は続きます。

| 2020-07-22 - 18:46
2020-07-14
S様邸(総社市上林)

 

床下断熱材をはめ込んで、

構造用合板を敷き詰めれば、プラットホームが

完成です。

この段階で、しっかりした施工をしておかないと

後日、機密測定をしたときに 良い結果にたどり着くことは

出来ません。

 

 

 

足場を組んだら クレーン車の登場です。

 

 

2×6パネルがどんどん運搬されてきます。

 

 

1階が起き上がり、2回床組みパネルが

セットされたところです。

 

 

この上に、構造用合板を張れば

2階の床面が完成です。

 

 

この日は、2階床組までを起こして

部材を上げて雨養生をして仕舞いをします。

 

 

この後 連続で雨降り日が続いています。

続きは 天気次第といった感じです。

 

今年は特に 天気に振り回されっぱなしの

現場です。

| 2020-07-14 - 20:10
2020-07-03
S様邸(総社市上林)

土台敷きが始まりました。

アンカーボルトに緊結するための

「座彫り」を行います。

 

 

基礎と土台の間には、ビニールシートを敷いて

基礎のコンクリートと土台の木材が直接触れないように

縁切りします。

 

 

土台は桧(ひのき)の乾燥材。

防腐処理(加圧注入)を施した 「KD(キルドライ)材」です。

 

 

座彫りをした箇所には

1か所づつ 手作業でホウ酸を塗布しておきます。

 

薄いグリーンをしているのは

もともと無色透明なホウ酸塩の

施工済かどうかを分かりやすくするために

着色剤を混ぜているためです。

 

 

土台が式終わるとこんな感じです。

 

 

根太や大引きの間に、XPS断熱材を

はめていき、構造用合板で床面を作ります。

 

 

それが終われば、プラットホームの完成となります。

 

| 2020-07-03 - 17:32