現場建築日誌

INDEX

S様邸(岡山市東区西大寺浜)

2022-01-21
S様邸(岡山市東区西大寺浜)

基礎の型枠を組んで、ミキサー車にて

コンクリートを打設しました。

 

 

真夏と真冬は 厚手のフェルトにて

基礎の養生を特に念入りにしておきます。

 

規定の養生期間プラスアルファで、

型枠撤去を行います。

 

丁寧に「バリ取り」と「天端の微調整=ミリ単位の削り調整」を

しておきます。

 

 

脱衣室の床下(給水・給湯コネクト部分)は

後日ウレタンを吹き付けて「基礎断熱仕様」にします。

 

床下に外気が吹き抜けないため、

躯体とシステムバス本体の隙間から

漏気を起こしたり、冷気が入り込んだりしない。

というのが部分的な基礎断熱のねらいです。

 

2022-01-09
S様邸(岡山市東区西大寺浜)

今年も引き続き 建築日誌 ご覧いただきますよう

よろしくお願いいたします。

 

 

こちらは 昨年の押し迫った時期のS様邸基礎工事の

現場です。

 

基礎ベースの捨てコン打ちが終わったところです。

 

 

予め 鉄工所などで 作成された

異形鉄筋を組み上げたものが 入ってきます。

 

 

16㎜径と13㎜径を中心に 様々な形状のモノが

有ります。

 

 

ここ数年、「鉄」の価格も上昇し続けています。

コストが上がるからと言って 細いものに変えたり

本数を少なくするわけにはいきません。

 

施主さんのご親族も、我が家の鉄筋と

他の現場で見た基礎鉄筋の ボリュームの違いを

実感されているそうです。

 

2021-12-21
S様邸(岡山市東区西大寺浜)

いよいよ基礎工事に かかりました。

ベタ基礎の ベース部分を掘削します。

 

 

床板部分には 砕石を敷き込みます。

 

 

砕石の転圧をしたら(昔の割り繰り石の代替え施工)、

捨てコンクリートをします。

 

 

砕石面には 防湿シートをしっかり張り込みます。

 

 

捨てコン打ち のためミキサー車が

何往復もします。

 

 

ベース筋を敷き、立ち上がりの配筋も次工程となります。

2021-11-18
S様邸(岡山市東区西大寺浜)

 

境界確定を行ったので、それに準じて

CB150をつかって はっきり境界土留め工事を

行います。

 

 

基礎ベースを打ったら、取り敢えず

1段分だけ 積んでおきます。

 

それほど高くは積み上げませんが

土圧に対して余裕を持たせるために

150㎜厚を使います。

 

 

地盤改良工事にもかかります。

トラバースさんの ハイブリッド工法 「タイガーパイル」を

採用です。

 

 

古くから家が建っていたとはいえ

やはり調査をしてみると 想定通りの結果でした。

それでも 鋼管杭を岩盤まで打ち込む事無く

補強が出来ました。

 

 

セメント系固化材をプラントに投入。

 

パイルの中心には リブ付き鋼管が

打ち込みまれます。

 

2021-11-01
S様邸(岡山市東区西大寺浜)

 

古い石積みの土留を解体撤去して、

新しくやり替える工事に着手しました。

 

 

大きな御影石を積んでいます。

 

大きな河川が近いこともあり

石積みを剥がすと 大小の「カニ」が

出てきます。

 

また 昔懐かしい コーラの瓶なども出てきました。

 

 

掘り返した、土砂は埋戻にも1部利用するため、

敷地内に山積みしておきます。

 

 

石積みをどかして コンクリートのベースを打ちます。

縦筋を出しておきます。

 

 

雨水用 排水路を兼ねてベースをします。

 

2021-10-25
S様邸(岡山市東区西大寺浜)

朝夕は、多少涼しくなってきた この日

S様邸の地鎮祭を執り行いました。

 

 

S様ご夫妻。

ご両親様。

そして ちびっ子たちも 皆さんで力を合わせて

結界を作る 四方竹を起こします。

 

 

雲一つない 開成の朝です。

 

 

興除神社さんにお越し頂き 御祭りを執り行って頂きました。

 

 

敷地の四方に 洗い米とあらじおを撒いて

お清めしていきます。

 

 

「鍬入れの儀」でも大活躍の 息子さん。

色んな事に 好奇心旺盛で、積極的に

手伝ってくれたり、参加してくれたりで

場を盛り上げてくれました。

 

 

「鎮め物」を埋めて 工事安全祈願します。

 

 

宮司を最初に、「玉串奉奠」をしていきます。

参列者全員で、榊を御供します。

 

 

施主である S様。

 

 

奥様と、お子様たちが一緒に。

 

 

2世帯住宅で 御同居頂く ご両親様も

ご礼拝頂きました。

 

 

お清めした箇所。

お供え物の一部。

 

  

 

 

最後に 御神酒で乾杯です。

 

工事の安全と、S様家の 平和・安全・発展を祈願して。。。

 

この後、施主さんご家族と一緒に 御近所様に

着工のご挨拶に回らせて頂きました。

 

建て替え工事でもあるため、皆様顔見知りで

平穏そのものです。

 

地鎮祭も無事終了です。   おめでとうございました。

 

2021-10-02
S様邸(岡山市東区西大寺浜)

解体整地も終わり、お馴染み 「トラバース」さんによる

スウェーデン式サンディング で地盤調査を行いました。

 

 

地名からも連想できるように

その昔、海辺だったエリアの為

軟弱地盤と液状化のデータを取ります。

 

 

改良工事不要判定は、ナイと思いますが

深さや工法の選定で、工事費にかなりの開きがあるため

毎回 ドキドキしながらの立ち合いをしています。

 

2021-09-24
S様邸(岡山市東区西大寺浜)

建物の残材も もう一山だけになりました。

全て搬出して 整地に移ります。

 

 

解体した後は、どうしても土が柔らかく

ぬかるんだり、水はけが悪くなったりします。

一時的なものが ほとんどですが、

追いかけで 真砂土を入れて 敷き均すこともあります。

 

 

施主さんのご要望により

御影石の延べ石を 数枚 保存しておきます。

 

2021-09-19
S様邸(岡山市東区西大寺浜)

ご実家の建替え新築工事として

2世帯住宅で進行中の S様邸。

 

土地の確定測量も済ませ、まずは解体工事から開始します。

 

S様が育った 愛着のある木造二階建ての住宅と

その他敷地内にあるものは解体・撤去処分します。

 

ただし、敷地内にある 鉄骨造2階建ての

倉庫は そのまま残します。

 

農業をされているご両親のモノが有ります。

 

 

42条2項道路でもあるため、既存のブロック塀など

道路沿いの構造物は 無くなります。

 

解体建物の内部も 手作業で厚程度分別しながら

進めます。

重機が入ってくるまでは この「手作業」が重要となります。

 

 

しっかり根を張った樹木も

一旦カットし、石積を破壊しないように

また手作業で 可能な限り 撤去します。

 

 

重機が投入されると 一気に進みます。

 

施主さんご家族からすると 感傷にふける感じになるかも知れません。

 

思い出のいっぱい詰まった 「我が家」の姿が

崩れなくなる様を見なければならないので。

 

 

それと引き換えに、新しい高性能住宅での

新生活と快適性にご期待頂きながら

楽しみに進めて頂ければと思います。