現場建築日誌

INDEX

T様邸(岡山市北区津高)

2021-04-26
T様邸(岡山市北区津高)

T様のご厚意により、完成見学会を開催させて頂いた

完成物件の一部をウェブ公開という感じでご紹介。

 

タカラスタンダードの「グランディア」。
アクリル人造大理石トップに、ホワイトのホーロー扉、

海外製食洗器のホワイト面材で トータルホワイトで

コーディネートしたキッチン周り。

 

 

初採用のカラーリングの モノトーンカラーの

フロアタイルとの相性も好感が持てます。

 

キッチン家電製品も食器も沢山の見込める

システムカップボードもグランディアシリーズです。

 

 

世界的に供給不足で、今後の納期は全く未定。

と言われるミーレです。

滑り込み間に合いました。

 

 

 

1騎亜トイレは、かなり渋く決めた感じです。

床も腰板も 樹脂製フロアタイルで、掃除のしやすさを

確保しています。

 

 

2階のトイレは、1階と打って変わって可愛く

カジュアルなデザインです。

 

オブジェにも見える おしゃれなタオル掛けが

目を惹きます。

 

 

 

脱衣室には洗面化粧台を置かずに

洗濯機の上部に設置する 「ガス衣類乾燥機 乾太くん」と

可動棚を設けた 大容量の収納スペースを

設計しました。

 

     

 

乾太くんは、DXシリーズの5キロタイプで

扉の裏側に ダストカバーがあり、

毎日の埃取りやメンテナンスが非常に楽な

デザインです。

 

性能以外にも見どころ沢山の

T様邸でした。

T様。ご協力ありがとうございました。

 

2021-04-11
T様邸(岡山市北区津高)

追い込みに入った T様邸。

 

玄関ポーチタイルも施工済み。

 

 

衛生設備機器が、まだですが腰までの

フロアタイルとクロスも張り終えた

ところです。

 

 

小屋裏は、クッションフロアと壁紙も

張り終えて 収納ながら見た目、居室の様な

仕上がりになりました。

 

 

対面キッチンのカウンター側の

デザインタイルも アクセントの一つです。

 

 

美装工事を経て 来週末の見学会に備えます。

2021-03-22
T様邸(岡山市北区津高)

内装工事も進む T様邸。
食器棚奥の壁面には ホーローパネルが張られています。

 

 

階段下トイレの壁面です。

 

2階トイレの壁面も

可愛いアニマルデザインの壁紙です。

 

 

2階に浴室と脱衣室が有るT様邸。

今、大人気の リンナイ ガス衣類乾燥機

「乾太くん」用の棚板と排気管です。

 

2021-03-11
T様邸(岡山市北区津高)

足場が落ちてすっきりした T様邸。

2階の押し開き窓がずらっと並ぶデザインに特徴が

あります。

 

屋内では河原大工チームが、作業中です。

 

川野大工が下足入れの組み立てを行っています。

 

 

階段の巾木を付け進める河原大工。

 

屋内工事は、4名体制でどんどん進めていきます。

 

2021-02-26
T様邸(岡山市北区津高)

階段回りの工事も進んでいきます。

登り始めの 腰壁手摺や

壁面下地補強が見えます。

 

 

対面キッチンのダイニング側には

集成材のカウンターが付きます。

 

 

天井高さは 低めですが

2階から小屋裏へそのまま昇れる階段が付きます。

天井面の石膏ボードは張り終えましたが

手摺壁部分がこれからになります。

 

2021-02-16
T様邸(岡山市北区津高)

1階の天井は「吊り天井」となるため

構造躯体とは切り離したものになります。

 

 

井桁に組んだ天井地と

躯体をつなぐ樹脂製のパーツが 「防振吊り木」というものです。

上階の歩行音など振動が直接1階天井に

伝わりにくい構造です。

 

 

対面キッチンの腰壁及びカウンター地を

造る川野大工。

 

 

玄関框も 取付が終わり 押さえで養生中です。

2021-02-01
T様邸(岡山市北区津高)

外壁材のKmew(ケイミュー)のサイディングを

張るT様邸。

 

 

透湿防水シート 「タイベックシルバー」の上に

通気胴縁(ホウ酸処理済み)を打って

外壁材を張ります。

 

 

屋内では 2階にバスがあるため

今だけシステムバスの底側が見えます。

通常の1階用しようと比べ

もう1段防水性能を高めたパンを組み込んでいます。

 

 

2階からは普通に浴室に入れます。

2階のバスと言っても、現在の仕様では階段を1~2段

上がるということもありません。

 

 

TOTO サザナ 1616サイズです。

 

2021-01-21
T様邸(岡山市北区津高)

断熱工事に入る前に 細かな隙間塞ぎや

配管工事を済ませます。

 

2階トイレなどの配管には

防音シート巻きを使用します。

 

 

T様邸は、TOTOシステムバス

サザナが2階に設置されるため

バス用の開口が床に空いています。

 

外部では、板金屋さんが 寒風吹きすさぶ中

SUS304カラーステンの水切り板金を

加工取付中です。

 

2021-01-16
T様邸(岡山市北区津高)

 

建方が終われば、屋根の仕舞いを付けていきます。

二重通気層の屋根地を作って

瓦を葺く前段階の防水目的のルーフィングを張っていきます。

 

 

防腐処理した瓦桟を取り付けた後、

瓦を分散させて 屋根全体に荷重をかけます。

 

 

約1トン前後の荷重を屋根にかけ

しっかり締ったところで

垂直方向・水平方向に 仮止めしていた

「帯金物」を固定していきます。

 

 

その後、建物壁面全体を

「透湿防水シート」でラッピングしておきます。

 

 

換気扇や、庇周りのブチルテープによる

防水やパネル間の小さな隙間を埋める

気密テープの処理も済ませています。

2020-12-24
T様邸(岡山市北区津高)

建方工事も終わり、屋根の二重通気層を作っていきます。

1層目の屋根地が出来たら、輻射熱を反射させる目的で

「透湿防水シート タイベックシルバー」を張っていきます。

 

 

通気胴縁を入れて ホウ酸処理をした

瓦地用構造用合板を張っていきます。

 

 

 

 

全面に合板を張り終えたところです。

棟の先端には 一定間隔で 通気層から上がってきた熱と

湿気を排出するための 「棟換気」用スリットを開けておきます。

 

この後、ルーフィングを張って、瓦桟を打つのは

瓦屋産の仕事になります。

 

 

屋内では、補強金物の取り付けが終わり

仮止め木材が外されました。

 

ここから、電気配線工事に移ります。