現場建築日誌

INDEX

Y様邸(岡山市中区土田)

2022-01-14
Y様邸(岡山市中区土田)

無事完成見学会も、師走の中ですが開催させて頂き

お引き渡しのこの日を迎えることが出来ました。

 

 

ガス住宅なので、岡山ガスさんに来ていただき

開栓、手続き、コンロと給湯器、衣類乾燥機 乾太くんの

取り扱い説明をして頂きました。

 

 

乾太くんの容量は若干小さめですが、埃取りなどの

日々の掃除が楽な 「DXタイプ」を

採用されました。

 

 

売り物件の少ない エリアでしたが

良い土地にご縁があって、近隣の皆様の

ご厚意、ご協力を頂きながら 完成しました。

 

年末に向けて、どんどん冷え込みが厳しくなるようですが

暖かく、静かな 温度差のない快適な

年末年始をお迎え頂けたと思います。

 

これからも 永いお付き合いをお願いいたします。

おめでとうございました。

2021-12-21
Y様邸(岡山市中区土田)

 

見学会開催から、お引き渡しまであっという間です。

今のうちに 撮影しておこうということで

いくつかご紹介です。

 

基本的には、シンプルで ベーシックな

インテリアでまとまった Y様邸。

 

布や紙といったデリケートなマテリアルは

ポイント的に数か所に絞り込みました。

 

 

キッチンはクリナップのステディアです。

シャワー水栓は、タッチレス式(センサー式)です。

コロナ禍の初期段階から、大幅な受注が舞い込み

生産が追い付かない状況が ずっと続いているそうです。

 

 

今回は クリナップ純正品ということですが

コスミックガーデンの標準品である、「タカギ浄水器付きシャワー水栓」も

来年には、タッチレス式が加わるそうです。

 

 

脱衣室には、お馴染み 「リンナイ製 乾太くんDXタイプ」。

洗濯機の上部設置ではなく、造作棚をつくり、

程よい高さで洗濯物の出し入れが出来る様にしました。

カウンター下には、下着やタオル類、ストック品など

収納できる 市販のモノを置いて頂く予定です。

 

 

3畳の脱衣室の横には、W=900の

TOTO オクターブ きれい除菌水付きが並びます。

 

脱衣室とは引き戸で仕切られているため

入浴中でも気兼ねなしに 洗面台を使えます。

 

 

 

トイレの手洗いにも センサー付き自動水栓が

設置されます。

これからの 考え方ですね。

 

 

2階には 書斎コーナーが有ります。

横幅が有るので ご夫妻が並んで

作業することも可能です。

 

2021-11-11
Y様邸(岡山市中区土田)

外観はかなり工事が進んだ Y様邸。

サイディングはほぼ張り終えました。

 

各種フード類や軒裏施工、

雨樋などの取り付けが終われば

足場を落とすことが出来ます。

 

 

 

小屋裏へ向かう、階段造作も 一部ボード張りで

完了しそうです。

 

 

小屋裏から階段室の空間の際には

まだ手摺壁が無いので

今は足元注意です。

 

 

洗濯機用のふかし壁の下地も

出来ました。

コンセントと 給水管が見えます。

 

 

 

2021-10-07
Y様邸(岡山市中区土田)

外壁の工事に移ったY様邸。

 

透湿防水シートの「タイベックシルバー」を

張った後に 通気層を作るためと

サイディングを固定する金物の為の下地を

兼ねた 「胴縁」を 縦方向に取り付けていきます。

 

 

現在主流となる「横張り」サイディングの場合

胴縁は縦方向に取り付けます。

 

「縦張り」サイディングの場合、

胴縁は 横方向(水平方向)に取り付けます。

 

 

基礎の水切り(SUS304 カラーステンレス)の上に

「スターター」と呼ばれる サイディングを 一番下から

支える金物を取り付けます。

 

 

 

屋内では、2階排水管の 防音シート巻きや

給水管などの工事が完了しています。

 

2021-09-17
Y様邸(岡山市中区土田)

現場発泡の硬質ウレタン(クラボウ・クララフォーム2液30倍発泡)を

吹き付けました。

 

 

30倍発泡と、100倍発泡を混同して

厚みだけで 断熱性能云々という意見が散見されます。

 

「独立気泡」と「連続気泡」の違いや

そのメリット・デメリット。

数十年後のガスの抜け具合による

性能の劣化度合など

あまり検証されたり、認知されている感じが少ないと

思います。

 

ここを 調べて頂ければ、

コスミックガーデンの断熱がなぜ この仕様なのか。

を理解頂けるはずです。

 

 

1階床面の構造用合板張り。

床断熱仕様の為、この段階の施工精度が

後ほどの気密測定に大きく関係してきます。

 

 

サッシの縁の隙間もしっかりウレタンで埋めておきます。

 

 

二重屋根仕様の構造体裏側に

最低80mm厚で ウレタンを吹きます。

 

 

 

2021-09-09
Y様邸(岡山市中区土田)

上棟祭を執り行いました。

朝から 電気配線の打ち合わせなどで

頑張ったY様ご夫妻ですが、

そのまま式典です。

 

 

 

建物の四隅に お神酒、粗塩、洗い米を撒いて

お清めしていきます。

 

 

屋内に戻って、職方やスタッフと一緒に

工事の安全祈願を行います。

 

 

この後、お土産やお弁当などのお気遣いを頂き

参加者全員、ありがたく頂きました。

 

家のお守りとなる「御幣」を

大工造作時には、屋根裏に納めておきます。

 

 

ツーバイシックス工法で、構造計算し

補強をかなり加えることにより

一般的なツーバイフォー工法の住宅に対し

約1.5倍。

軸組み在来工法に対し 約2~2.2倍の

「材積」を使います。

 

 

実際に 現場に入った時に その「木」の多さに

みなさん驚かれます。

 

2021-08-31
Y様邸(岡山市中区土田)

屋根の垂木も流し

棟木の上がったので 在来工法で言うところの

棟上は完了ということになります。

 

 

ホウ酸処理した 構造用合板を張って

1重目の屋根地を作り終えたところで

この日は終了です。

 

 

 

10mサイズの大型ブルーシートで雨養生しておきます。

 

屋根地にタイベックシルバーを張って

通気胴縁を付けて 2重目の合板を張ったら

2重通気層構造が完成します。

 

2021-08-22
Y様邸(岡山市中区土田)

 

猛暑続きの中、型枠も外れて 基礎が完成しました。

 

先行配管や、一部断熱施工を終えれば

建方工事の前段階、プラットホーム造りにかかります。

 

 

足場を建てて。

 

不安定な天気に見舞われても

対応可能なように大型のブルーシートでテント状にして

1階床組(プラットホーム)を完成させます。

 

 

いよいよ、ツーバイシックスのパネルが搬入され

クレーン車も設置。

建方工事開始です。

 

 

外周壁、間仕切壁を起こして

2階床組施工中です。

 

 

矢切パネルを起こすと、△が見えて

家らしい形になります。

 

この建方チーム(フレーマー)さんは

とにかく パワフルでスピーディ。

かつ、仕事もきちんと丁寧で 絶大な信頼をしています。

見ていて 気持ちよく しかも安心できます。

 

2021-07-30
Y様邸(岡山市中区土田)

凄まじいと言っていいくらいの

暑さの中、基礎屋さんは日陰の無い

現場で、基礎の鉄筋を組んでいます。

 

 

ここは階段下に当たる部分です。

 

耐震性能3等級を実現するための

基礎配筋です。

16㎜の異形鉄筋も多用します。

 

 

ベタ基礎のベース 返し部分です。

 

 

事前に鉄工所で加工した

立ち上がり部の鉄筋です。

 

しっかり水分補給しながら

休み休み 仕事してください。

 

2021-07-11
Y様邸(岡山市中区土田)

天気の不安定な日がつづく 梅雨時ですが、

無事 合併浄化槽の埋設が完了しました。

 

基礎工事前に 先行埋設しておかないと

厳しい 現場になるため実施しました。

白く丸い蓋が二つ見えます。

 

 

その後 基礎工事に取り掛かりました。

 

 

床掘、ベースの捨てコン、スラブの砕石+防湿シート敷き込みと

つづきました。

 

 

写真 左側手前が 玄関ポーチ部分になります。

 

 

この後、配筋工事に移ります。