現場建築日誌

INDEX

K様邸(岡山市中区国府市場)

2021-11-22
K様邸(岡山市中区国府市場)

電気配線工事完了しました。

 

 

外部から光ファイバーケーブルを引き込み

LANを集中させるところが 収納上部にある事が

多くなりました。

 

 

電気配線工事が完了したら、

マルフジフォーム工業さんに 硬質ウレタンの

吹き付けをお願いします。

 

 

屋根勾配部、外周部など 配線やコンセント類など

断熱欠損が起こりやすい箇所も

徹底的にチェックしながらの施工です。

 

 

APW 430 トリプルガラスサッシが

標準仕様の コスミックの家ですが

この写真の様に、ツーアクション窓を

採用するお宅は少ないのですが。

 

 

トップライト周りの収まりや

断熱も完了です。

1箇所あるとかなり屋内は明るくなります。

2021-11-13
K様邸(岡山市中区国府市場)

 

電気配線工事が進みます。

 

 

リンナイのガス衣類乾燥機「乾太くん」が

設置されるため、排気管用スリーブや

ガス管及びバルブ。同電源類。が

用意されます。

 

CD管も併用される 電気配線工事。

ねじらず、ショートカットせず、

たるませず、X軸、Y軸方向にスッキリ丁寧に

配線してくれます。

 

後々のトラブル発生時に、原因の発見が簡潔に早くできることと

配線後の造作工事などで電線に傷を入れて

漏電を起こすなどの不具合の発生を起こさせない。

という目的も有ります。

 

 

外壁面は、透湿防水シート「タイベックシルバー」を

全集に巻いています。

 

窓周り等の開口部には、防水と気密の為に

しっかりテーピングしておきます。

 

2021-11-08
K様邸(岡山市中区国府市場)

 

建方・上棟祭が終われば 屋根仕舞いを急ピッチで進めます。

 

二重通気層構造の屋根に

ゴムアス系 ルーフィングを貼ったら、

瓦桟を取り付けます。

 

こちらも カンザイシロアリ対策用に

ホウ酸処理を事前にしています。

 

 

瓦の束を 屋根全体にまんべんなく

まくばって、荷重をかけていきます。

 

 

コーキングに頼らない  北欧のデンマーク製 トップライト

「ヴェルックス」を屋根に取付けます。

 

 

フラット系の三州 釉薬瓦 栄四郎 LL40

のグリーンの瓦を葺きました。

 

2021-11-01
K様邸(岡山市中区国府市場)

上棟祭当日です。

朝から、電気配線工事の 最終確認を行っています。

 

 

お昼前から、上棟祭の準備です。

祭壇に御幣を据えます。

 

 

営業スタッフの岩原と、K様の娘さん達で

手土産の準備をしています。

 

 

 

上棟祭が始まりますが、建物の四隅に

ご家族みんなで、お神酒、塩、米を撒いて

お清めしていきます。

 

初めてのことですが、すぐに要領よくなります。

 

ここまで無事に工事が進んだことに感謝するとともに

これからの工事の安全と、K様ご一家の発展を

祈願して祝詞奏上。

2礼、2拍手 1礼して一堂合わせます。

 

 

参加者全員で 御神酒で乾杯です。

ご夫妻のご両親様にも参加いただき

大人数でにぎやかないい上棟式が出来ました。

 

このあと、職方やスタッフに お土産とお弁当などの

お心遣いを一人づつ手渡しいただき

解散となりました。

引き続き 工事は続きます。

 

上棟、おめでとうございました。

2021-10-26
K様邸(岡山市中区国府市場)

2階床組です。

様々なサイズのツーバイ材を組み合わせ乍ら

たわみの少ない剛性の高い床面が

出来ていきます。

 

 

2階床組に構造用合板(ホウ酸処理済み)を

張って、面を作ります。

 

中ほどの 四角い穴は 階段室です。

 

 

小屋裏2階建てなので、大きな矢切状の壁パネルが

起こされていきます。

 

 

間仕切壁から 収納部分、三角のデッドスペースまで

見えます。

 

 

棟が上がって 垂木を流すと

屋根らしくなります。

 

 

いつもの事ながら、基礎の時点では

小さく見えても、建ち上がると 大きく立派に感じる

我が家に対面できます。

 

2021-10-21
K様邸(岡山市中区国府市場)

プラットホーム工事にかかる前日には

床下断熱材で使用する 「フェノール樹脂断熱材」が

現場に搬入されています。

 

 

今回の上棟チーム(フレーマー)は、

土台やプラットホームを作る前に

先行して足場を組んでしまいます。

 

足場が作業の邪魔になることもありますが

職方のパワーと駆動力で 乗り切ります。

 

足場を組みたてる 工程を 挟んで

ペースを崩さないためでもあるようです。

 

 

そしてついに クレーン車投入で

建方工事開始となります。

 

 

次々 運ばれてくる ツーバイシックスパネルを

指定の位置に 下ろして 組み立てていきます。

 

 

1階のパネルと、2階床組が終わった状態です。

 

この写真からでも 木材量が多いのが 分かって頂けるはずです。

 

 

2階床が張れてなく、屋根もまだなので

非常に明るい1階です。

 

もちろん今しか見ることの出来ない

瞬間です。

 

2021-10-12
K様邸(岡山市中区国府市場)

給水、給湯、排水管、ガス管など

先行の配管工事を進めます。

 

 

ジョイント(分岐)部分です。

ここを起点に、各水場に上水を供給していきます。

経年時、配管のやり替えもほぼワンタッチで行える

仕組みで、現在の主流の方式です。

 

 

構造計算の上、基礎の梁状態の幅広の立ち上がりが

出来ました。

厚み 300mmの基礎立ち上がりです。

どぶ漬けの溶融亜鉛メッキ アンカーが

並びます。

 

 

四隅には、ひときわ高さの有る ホールダウン金物用

アンカーボルトが見えます。

 

2021-10-11
K様邸(岡山市中区国府市場)

 

配筋検査 合格後、型枠を組んだK様邸。

 

 

すぐに、コンクリート打設を行いました。

 

 

コンクリートにとっては

暑すぎず、寒くもなく 非常に良い気候と湿度ですが

それでも しっかり規定通りの養生期間は

取って休んでもらいます。

 

 

2021-09-24
K様邸(岡山市中区国府市場)

基礎着工したK様邸。

「ベースワークス」さんが入ってくれました。

 

 

事前に鉄筋を組んで搬入しています。

 

 

立ち上がり用のモノも

重ねられて 待機中です。

 

 

基礎外周部の 配筋の様子がよくわかるカットです。

 

 

かなりのスピードと、正確さをもって

作業は進んでいます。

 

配筋検査に向けて、頑張ります。

2021-09-10
K様邸(岡山市中区国府市場)

国府市場のK様邸の地鎮祭を執り行いました。

 

先ずは、四方竹を起こして、「結界」を張ります。

 

 

親御さんにもお手伝い頂き、3人のお子さんも

興味津々で、お手伝いしてくれました。

 

 

最近は 値段の高い野菜や果物ですが

彩もきれいで、立派な尾頭付きの「鯛」も

お供えされた 祭壇です。

 

 

湿度が高く、蒸し暑い中ですが

皆さんしっかり耐えてくださっています。

 

 

北東方向から、時計回りに

敷地のお祓いをしていきます。

 

 

 

「穿ち初めの儀」で 鋤や鍬を使って

祭典上の 着工の証とします。

 

 

「鎮め物」も砂山に鎮座して頂き、

実際の基礎工事中に、建物中心に埋設し

コンクリートを打たせて頂きます。

 

 

「玉串奉奠」です。

参列者がみんな 榊を祭壇に謹んでお供えします。

 

 

その後、昇神の儀を行い。。。

 

お神酒で乾杯です。

すぐに 着工可能なK様邸。

地盤調査の結果も良好で、改良工事不要判定でした。

基礎屋さんも段取りしています。

 

 

本日は、おめでとうございました。