現場建築日誌

INDEX

K様邸(岡山市東区升田)

2019-11-11
K様邸(岡山市東区升田)

階段がかかって

移動も楽になりましたが

資材の運搬、搬入時に 傷を入れないように

注意を払わなければいけません。

 

 

天窓周りの石膏ボード造作も終わりました。

 

 

 

1階天井の下地となる

吊り天井です。

 

井桁に組んだ木材にボードを張りますが

下地と構造体が密着しないように

「防振吊り木」という樹脂製パーツで縁を切ります。

 

2階の歩行音の低減に役立ちます。

2019-11-02
K様邸(岡山市東区升田)

上棟祭も無事終わり、本格的にどんどん

進んでいきます。

屋根には防水シートが張られ

ベルックスの天窓を取付します。

 

 

ビスやコーキングに頼らない

信頼性の高いトップライトです。

 

国産メーカー各社が

漏水問題の根本的な解決が難しい

ソーラーパネル設置目的の片流れ屋根の

流行りなどの理由もあって このカテゴリーから

撤退していく中、高性能化に取り組み続けている

メーカーさんです。

 

 

建物外回りには 透湿防水シート

「タイベックシルバー」でラッピングします。

 

電気配線工事が終わると

ウレタン吹き付け断熱工事に入ります。

 

内部では、階段の造作も終わり

養生済となっています。

 

 

長さのあるものは2階に上げにくいですが

施主さんや職方は動きやすくなります。

 

2019-10-17
K様邸(岡山市東区升田)

晴天の中、上棟祭がはじまりました。

まずは始まりの挨拶。

弊社の上棟祭は神主さんの代わりに

工務部長の平尾がすすめさせていただいております。

挨拶が終わると外にでて四つ角を清めて回ります。

これを四方払いといいます。

それが終わると建物の中へ戻りお祈りをします。

最後に、安全に事故の無いよう工事の無事を祈って乾杯です。

K様、本日はおめでとうございました!

2019-10-07
K様邸(岡山市東区升田)

暑い中の建て方工事も完了しました。

 

 

第三者機関の 中間検査を受けました。

各種金物類の使い方や数量。

指定された規格の釘の使用状況やピッチなど

細かな箇所もしっかりチェックされます。

 

 

無事合格を頂き、次工程に進みます。

2019-09-29
K様邸(岡山市東区升田)

遂に、建て方工事が始まりました。

かなり敷地に余裕のあるK様邸。

 

重機も資材も、職方たちも

のびのびです。

 

 

6面体で組まれると 強度が確保できる

工法のため 建て方がすべて終わるまでは

筋交いの様な作りで仮の支えをしておきます。

 

 

 

矢切パネルを立ち上げると

三角屋根の家らしい形になりました。

 

平屋ベースの小屋裏2階建てのプランです。

ここ数年 コスミック・ガーデンの中では

トレンドになってしまった感があります。

 

 

 

2階天井組みが終わり、

からの棟木から垂木を流す直前の様子です。

 

2019-09-04
K様邸(岡山市東区升田)

天候が荒れそうな予報もあり

いろんな段取りを考えなければいけません。

 

土台敷き込みとプラットホームの形が

出来て、断熱材をはめ込む手前で

この日は雨養生して撤収です。

 

 

梅雨やこれからの台風シーズンは

大工さんも現場監督も

思うように進まず大変です。

 

 

クレーン車を使って無事建て方工事に

入ることができたK様邸。

 

 

小屋裏の2階になる大屋根の2階建て。

将来的には 平屋の様な住まい方ができる

今 コスミック・ガーデンでは人気のプランニングです。

 

敷地が広いということが前提にはなりますが。

2019-08-06
K様邸(岡山市東区升田)

シッカリ養生した後は

型枠が撤去され、基礎が姿を現します。

 

 

浴室、脱衣室のみ

「基礎断熱仕様」なので

ボード状断熱材カネライトが

建ち上がります。

 

雨天の現場です。

 

晴れて乾いた基礎は白っぽくなります。

2019-07-19
K様邸(岡山市東区升田)

基礎の工事が始まりました。

まずは「床掘」。

基礎のベースが通る部分を

深めに掘って 墨だしをします。

 

鉄筋を組みます。

大部分を予め鉄工所にて組んだ状態の形状で

作っておいて、現場で緊結していくやり方が

主流になりつつあります。

 

 

コスミック・ガーデンの基礎の特徴として

いくつか挙げられますが、

今回はこの地中梁に匹敵する

鉄筋の組み方をして X軸、Y軸方向に

それぞれ通します。

住宅用べた基礎とは言えないくらいの

強度を持たせた設計となっています。

 

 

 

床盤部分に コンクリートを流してしばし養生。

 

立て枠を組んで さらにコンクリート打設し

シートで養生して しっかり日数を開けておきます。

 

工事期間が長くなっても、指定より早く外して

しまうよりは 施工者側も施主さん側も安心できるはずです。

2019-07-12
K様邸(岡山市東区升田)

地盤調査の結果の基づき

杭径や深さが決まります。

 

おなじみ、タイガーパイル工法にて

地盤補強工事が始まりました。

 

 

小型のショベルカーと杭打ち込み重機を

併用しながら 手際よく作業を進めます。

 

 

現状の地盤面より深い位置に

杭の頭があるパイルもあります。

 

全てを露出させる必要はありませんので

埋め戻していきます。

 

 

改良工事が終われば、基礎工事にかかります。

2019-07-08
K様邸(岡山市東区升田)

少し前のお話ですが

東区升田にて K様邸の地鎮祭が執り行われました。

K様の御姉妹が、現在コスミック・ガーデンで

新築工事中で、追いかける形で

工事にかかるようになります。

 

本当に ありがたいことです。

 

 

四方竹を建てた 敷地の四隅を

順番にお払いしていきます。

 

 

 

砂山に鍬や鋤を施主、施工者の順番で

鍬入れをして着工とみなします。

 

紳義として。

 

祭壇には ご神体の代わりとなる

みほろぎとお供え物がたくさんあります。

 

榊を参加者全員で奉納して

地鎮祭の儀は終わりとなります。

 

 

この後 着工となります。

 

本日はおめでとうございました。