現場建築日誌

INDEX

K様邸(総社市)

2008-01-17
K様邸(総社市)

室内の石膏ボードが張りあがりました。 

ご夫婦のこだわりも形になってみると

嬉しい限りです。

ここに何を飾られるのでしょう~

テレビボードも完成し、ここまで出来ると

家が完成に近づいているという実感が生まれます。

さあ、どんな仕上がりになってくるのでしょうか、楽しみです♪

| 2008-01-17 - 00:00
2008-01-15
K様邸(総社市)

外壁が貼り上がってきました。

ここまでくると、実感が伴ってきます。

この日は、あいにくの天候でしたが

実際は、下のような白地に少しアイボリーのような色が

入っています。

この写真では、解りにくいのですが 

横に流れたストライプがとても綺麗です。

| 2008-01-15 - 00:00
2008-01-12
K様邸(総社市)

K様のテレビボードの工程風景です。

下の写真は骨組みだけですが

次の写真には横に入る棚がつきました。

ヒト手間、ヒト手間、本当に根気のいる作業です。

| 2008-01-12 - 00:00
2008-01-09
K様邸(総社市)

いよいよ外壁工事に突入です。
内部がどんどん出来てきても
なかなか外壁が出来ないと、
雰囲気がでないものです。
今は、細かい仕舞いからの
取りかかりなのですが、
このあとは、どんどん形ができあがってきます。

| 2008-01-09 - 00:00
2008-01-07
K様邸(総社市)

K様のこだわりポイントの一つが
この「山型ニッチ」
ちょっと面白いことをしたいという
発想から生まれた一つです♪
創造してみて下さい
当社の事務所で打ち合わせの際
ご夫婦と私たち
メジャー片手に、はかる測る
事務所の壁を測り
アーでもない
コーでもない
「壁とメジャーと電卓」
結構筆数アイテムです。

これは、テレビ台を兼ねたボードです。

完成が待ち遠しいですね。

| 2008-01-07 - 00:00
2007-12-20
K様邸(総社市)

K様邸には、リビングにデザインを入れます。

この状態では何かわからないかと思いますが

この先「山」を創っていきます。

デザイン上なのですが

それでも、当社ではその部分に下地を施します。

大工さんの「ひと手間」

本当にこれが家づくりの勝負になってきます。

見える部分に手を入れるのも大切ですが

見えない部分に手を入れることは、

見える部分以上に必要とされるのが

家創りなのかもしれません。

| 2007-12-20 - 00:00
2007-12-05
K様邸(総社市)

K様邸のフロアーを張り始めました。
当社は、床材に必ず無垢素材を使用します。
なぜかと申しますと、
メンテナンスと材質の暖かさ、良さ
本当に様々な観点からです。

無垢と合板フロアー
一見あまり変わりません。
しかし、不思議なもので見なれてくると
最初はわからなかったものが、解るようになってくるのです。

今回使用しているフロアーの材は
「レッドオーク」の無垢材です。
少し赤みのある暖かな色で、少しピンク色を帯びています。
厚みも1.5㎝で、この厚みがあれば
メンテナンスの際や冬場フロアーの暖かさも実感できます。

現場でパチパチと写真を撮っていると
大工さんに
「おかもっちゃんもやるか!!」
と言われましたが、
やはりk様に申し訳ない~~と
残念な気持ちで(ごめんなさいね)
現場をあとにした私です。

| 2007-12-05 - 00:00
2007-12-02
K様邸(総社市)

これは、出窓の際の断熱の施工です。

どこまで現場発泡ウレタンの施工ですが

断熱をどれだけきちっと施工できるか、

実際はそこに勝負がかかっています。

いくら良い断熱を使用していても、施工が悪ければ

性能に違いは現れます。

完成してからでは、中々御覧になれない場所なのかもしれませんね~

| 2007-12-02 - 00:00
2007-11-30
K様邸(総社市)

昨日に引き続き

断熱材(発泡ウレタン)の写真ですが

下記の写真は、途中で断熱が切れているようにみえます。

断熱材は、本来外周部吹き付けるもの

この途中で断熱材が切れているのは

この上に、2階がのっています。

そのため、断熱材が途中で切れたように見えるのです。

上記の写真は、小屋裏を撮影したものです。

当社の場合、小屋裏を多用します。

その場合は、傾斜天井になるので、「現場発砲ウレタン」を施工しますが 

小屋裏が無いものは、天井に「セルローズファイバー」を施します。

上記の写真は、コンセント周囲です。

コンセントもコード部分を直接断熱材と接合して施工するのでなく

このオレンジのコードの中に 、電気コードを引き込みます。

そうすることで、電気のコード部分で何かあっても

メンテナンスを行うことが出来ます。

 

家は、メンテナンスが出来ないと怖いですものね~

 

 

 

| 2007-11-30 - 00:00
2007-11-29
K様邸(総社市)

K様邸の断熱工事が完成です。

K様邸で使用している断熱は

「現場発泡ウレタン」です。 

床下は見えませんが

「サニーライト」と言われる板状になっているものを使用します。

今回のK様邸は、小屋裏があったため

壁及び天井部分も「現場発泡ウレタン」で施工しています。

 

不思議なのですが

大工さんいわく、断熱を施工するだけで、寒さ・暑さが違うとの事です。

 

次回は、各ポイントの断熱施工をご紹介します。 

| 2007-11-29 - 00:00